流通ウォッチャー大木一雄のブログ

流通業界に関するリポート

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小売マージン その1

2010年07月05日 | 日記
小売店は日常生活に最も近いところで私たちが「流通」と接触する場所です。

小売店は、製造業者から、あるいは卸業者を通じて様々な品物を仕入れ、それらを陳列し、商品知識を提供しながら顧客に販売する。

その付加価値は販売額の2%程度の利益分を除けば、大半がこれらの作業やサービスの生産に費やされます。

上流に位置する卸と合わせた流通業は、国民所得計算でおよそGNPの15%を占めています。

1988年を例にとると、その付加価値総額は約50兆円、これは産業10分類では製造業(116兆円)についで第2位であり、サービス業(47兆円)や建設業(24兆円)より大きい。

大雑把な見方をすれば、流通業がGNPの約15%を占めるということは、およそ最終購入額の15%が流通段階で発生する費用と利益です。

商業マージン率、特に小売マージン率は戦後一貫して上昇を続け、消費支出に占める商業マージン率は1985年には約35%に達しています。

そのうち27%弱は小売りマージン、9%弱は卸マージンです。

商業マージンの上昇のうち、特に小売マージン率は1965年の15%強から85年の27%弱まで、約80%も上昇している。

他方、卸のマージン率はこの20年間ほとんど変化がなく、むしろ緩やかな低下傾向にあります。

小売マージン率に占める利益分は目立ったトレンドはなく、むしろ近年は低利にあえいでいるという声が聞かれるくらいです。

したがって、小売業のマージンの高騰は大まかにいえぼ小売サービスの生産費用が高騰してきたためと考えられます。


★★大木一雄(流通ウォッチャー)★★
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
サービス業
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ | 小売マージン その2 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。