ポポーガーデンくらぶ  品種間の食べ比べを目指して

品種間の食べ比べが可能なポポーガーデンを目指し、一念発起しました!

国東市から、かぼすサイダー48本届きました。

2017-06-14 22:39:06 | ふるさと納税
大分県の国東市(くにさきし)から、かぼすサイダー2箱(48本)届きました。

一万円の寄付で48本頂けます!別の自治体では1箱のところもあるのに太っ腹ですね。


昔大分の別府を旅行した時に、カボスのジュースがいっぱい売っていたのを思い出します。

国東市は大分県の北側の、ぽこっと海岸線の飛び出したところにあります。
両子山という山を中心に車軸状に広がるまちで、国東町と国見町、武蔵町、安岐町が合併してできた自治体のようです。

九州の国見といえば…と一瞬思いましたが、国見高校は長崎県でした…。

甘味料不使用のサイダーということで、酸っぱいのかと心配しましたが、糖分はちゃんと入っていて、甘みは普通にありました。
人口甘味料不使用という意味のようです。



意外にこれは重要なことかもしれませんので書き足しておきます。
上の写真の箱や本体のラベルに甘味料不使用と書いてあって、ネット上の説明文でも甘味料不使用と書いてあるのですが、甘味料とは文字通り甘み成分な訳で、合成甘味料と天然甘味料がある訳です。
天然甘味料の中には砂糖やブドウ糖、果糖などもあって、その辺がわかってしまっていると、甘味料不使用と書いてあることで、実際に使われている果糖ブドウ糖液糖という糖分のも入ってないと思っちゃう人が必ずいると思います。実際に僕もそのように思ったために、注文使用かどうかを迷ったわけです。酸っぱいだけの炭酸カボス水だったらどうしようかと思って、頼む前に色々と調べ、どこかの写真で成分表示のラベルを読み取れるところがあって、ぶどう何チャラと書いてあるのが確認できたのでようやく注文する気になりました。
ですから、今後も同じ勘違いで(というか、本当はこちらが正しいんですけど、)全く違う飲み物と解釈してしまう人が出てくる可能性もありますし、下手すると、そのようなつまらない点が売れない原因になってしまう可能性もあると思いますので、メーカーさんは「合成甘味料不使用」と書き換えておいたほうがいいですね。


実際に飲んでみると、甘さは控えめですが、ほのかに甘くて、さっぱりしていて美味しいですよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うなぎ君、19匹目釣れました! | トップ | ウナギ20匹目!節目は大物... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL