雨が降らなければ虹は出ない

愛知県の西部を中心に東海三県の話題をしてます。
たまに我が家の猫も登場します。自然大好き。
気軽にコメントください。

高遠の子彼岸桜 その1

2017-04-18 05:04:24 | 旅行
日帰り観光バスで高遠の桜まつりへ行ってきました。



恵那サービスエリアで休憩中。



名古屋は桜が散ってしまいましたが、恵那のあたりは桜が満開でした。(4月17日)



これがかの有名な飯田城。

ではなくて飯田市にあるお菓子の城です。



赤飯まんじゅうを作っている様子。



こっちはどら焼きと工場をプチ見学できます。



お土産でもらったお菓子。



続いて飯田市内で昼食。



旬の食材タケノコを使った料理でした。

タケノコご飯、タケノコの天ぷら、タケノコのすき焼き。

季節の食材なのでおいしかったです。



飯田市といったら水引が有名ですよね。

これは水引で作った牡丹の花でしょうか?



こちらは宝船。

すごいですね。



飯田市を後にして次に向かったのは光前寺。



しだれ桜が有名なお寺で高遠の子彼岸桜が満開になるころに咲き始める桜だそうです。

残念ですね。見たかったなぁ。



参道。

ヒノキでしょうか?スギでしょうか?

町暮らしだと見慣れない木なので見分け方が難しいですよね。



雰囲気のある石像があったので撮ってみました。

どーでしょう?



本堂です。

ここでは健康を願っておきました。



三重塔。



霊犬早太郎の像です。

霊犬早太郎は今よりおよそ700年も昔、光前寺で飼われていた山犬で、

娘をさらって村人を困らせていた化け物を退治してくれた犬だそうです。

お墓まで建てられているんですよ。



池には白と黒のコイが泳いでいました。

このお寺に住む神様のような気がしました。


帰る際に光前寺の名物、護摩団子を一ついただきました。

写真は撮り忘れましたが白い団子に黒のごま餡だったと思います。


つづく
『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カフェダイニング・ポテトロッヂ | トップ | 高遠の子彼岸桜 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL