愛しています

すべての方が、笑顔で
あたたかく 優しい 愛ある日々を
生きられることを 願って・・・

父からの最高の贈り物

2016年10月31日 03時40分23秒 | 家庭・結婚
 



私は、ずっと、

父のことを
好きになる 努力をし続けていて




努力のまま
さようなら になったので




父の、呼吸が 止っても
父が、骨に なっても

涙が 流れませんでした。




亡くなった父に
誰も、苦情を 言うこともなく

父は、皆さんから
愛された人だったという

衝撃の事実により




私の心の中は、
混乱し続けていました。




その混乱は、
父からの 贈り物で




人は、産まれて来た時に

周囲の人たちに
幸せを 贈り




天国に、帰る時も
残された人たちに

最大の 贈り物を
プレゼントして くださるもの
と、よく わかりました。




たとえ、それが

どれだけ 大きい 
マイナスの内容であれ




それを 受け取る者は

心が 磨かれ、向上できる
最大の 贈り物なのだと 思います。









生きているうちに
もっと
親孝行しておけばよかった、と

後で、思うんだろうなぁ




その時、初めて
心から 父に感謝できて

心配ばかりかけて 申し訳なかった
と、思うんだろうなぁ と




予測していましたが

父が 帰天して
昨日、15日目に




思ったよりも
早く その時は、やってきました。









町内の 秋祭りの会場が
私の家の隣で

毎年、とても にぎやかです。




備前太鼓歌(こちゃえ) 
という 歌が

気が狂いそうになる程




こちゃえ〜
こちゃえ〜

エンドレス




祭りが 終わっても
数日間、ずっと

こちゃえ〜
こちゃえ〜 と

ぐるぐる 
頭の中で、流れるので




今年は、

パフュームや
ミスチルの歌を

室内で、流してみたら




例年よりは

早く
こちゃえ~@@ から
抜け出せました。




祭りは、2日間だけです。




それでも、
ずっと 聴いていると

こちゃえ~が、
耳から、離れなくなります。









この世に、産まれた後
通常は、親元で 育ち




親の態度
親の言葉
親の考えなど




様々な 情報を
親から 得て、

生きていくための
術を 身に付けるでしょう?




3才ぐらいまでに
親から 得た 情報により

その後、生きていくのですから




私が、祭りで

2日間 
こちゃえ~ 洗脳されるのと




3才までの
365日 X 3は、

比較にならない レベルの話です。









ずっと 痛かった
私の 心と体




いつも、出来損ないとか
失敗作などと

父から、言われていたので




誰かと誰かの 内緒話が

全部、
私の悪口と 被害妄想していた
子供の頃の私が




わぁ~い
私を 褒めてくれてる~♪ と

内緒話を ポジティブに 
考えられるようになるまで




どれだけ
真理知識の情報を 得て
実践し

自己変革を 重ねたことでしょう。




又、父に対する 感情が

恋愛相手との 関係に 
繋がっていると 知り




どれだけ 真剣に

父への 感謝と 反省行に
打ち込んでいたことでしょう。




もう、本当に (涙)
わかりますか




自分が 全て 
創造している世界と わかっていても

辛いというものではない・・・




何か 一本抜けて

ジョークか
コメディになる レベルまで

行き着いたでしょう?









私は、女性として

何が、間違っていて
何を、どうすれば




穏やかな
安心した
幸せな日々が 過ごせるのか




一生懸命でした。




最近は、もう 諦めました。

努力するのを 止めました。




では、何をしたのか???




私は、
生きているだけて 幸せで

女性としても
幸せな時を 過ごしている、と




今、心から 

そう 思えるようになった時




父に
思いっきり 愛されていた事実と

父は、
本当に 
一生懸命に 生きた人だった事が




ストーン と

天から 降ってきたように
心に 落ちてきました。




産まれて、初めて

父に 深い感謝が出来た 喜びで




たくさん

たくさん
涙が、流れました。




こんなに
楽で、幸せな気持ち

産まれて 初めて ♡




肉体が 無いから
もう 触れることができないけれど

父からは、私の様子が
わかるはずです。




そして、
そちらの世界で、ビックリしてください。




地上では、弟が
父の為に たくさん 頑張っていましたが

天国に 帰ったら
私が、用意した プレゼントに
父は、囲まれているでしょう。









産まれてから、

私の心に、
ずっと いた
父への マイナス感情が

浄化され




私は、今後の

自分の人生が 
楽しみで 仕方ありません。




父への マイナス感情は、

恋愛対象の 
男性との 関係でしょう?




どきどきするなぁ




私の心が、
ここまで 変化できたのは

父の帰天だけでなく




私の心を
常に、女性としても

どきどき
きゅん とするような




感情を 保つ為に

具体的な 
実践をしていました。




両親との問題
恋愛、結婚問題

ここに 取り組んでおられる方は
大勢 いらっしゃると思います。




どのように、私が
心を 変化させていったか

又、改めて 綴りますね。


         2016.10.31 ryuru


『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引き寄せではなく、創造 | トップ | 今、成就した世界で生きる »
最近の画像もっと見る

家庭・結婚」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL