辺野古のケーソンをつくらせない三重県民の会 BLOG

「ケーソン」とは、52m×22m×24m総重量7400㌧もある鉄筋コンクリート製の巨大な箱で、海上基地の土台になります。

7月22日三重県民集会はじめ今後の行動計画!

2017-05-11 17:50:27 | 最新情報

辺野古のケーソンをつくらせない三重県民の会です。


4月から強行された沖縄・辺野古新基地建設に向けた工事は、5月の連休明けから「K9護岸」と呼ばれる護岸工事を再開しました。

作業の様子を監視している現地の抗議船からは、波打ち際に1メートルもの石材を投入し始めたとの報告も伝わっています。

ただし護岸の基礎工事に用いる石材搬入に必要な仮設道路などの準備もできあがっていないのが現状です。新基地をつくらせない、そのために「絶対にあきらめない」でとりくむことがますます大切になっています。

沖縄と連帯し三重県からも「辺野古のケーソンつくるな」の声をあげることをはじめ、できることをすすめていきたいと思います。

先日5月3日に四日市で「市民連合みえ」主催で行われた市民と野党の共同街宣では、多彩な弁士とともに「県民の会」の冨田共同代表も訴えました。

◇今後の予定=行動計画の主なものは以下のとおりです。

①ケーソンを三重で作るな!抗議行動
7月22日(土)14時から、津市お城西公園で集会、パレード。少雨決行。
恒例の広報活動から一歩進めて抗議の意思表示。暑いときですが、大きな抗議集会です。ぜひ予定に入れご参集ください。

②5月定例行動は25日(木)四日市で
 近鉄四日市駅北口ふれあいモール 午後5時30分~6時30分

③定例相談会 ②のあと、近くの中部地区市民センター(四日市市西浦1丁目8?3)で開催。どなたでも歓迎。出席してご意見を出してください。充実かつ和やかな会です(写真は以前に四日市の同所で行った打ち合わせ会の様子です)。

④5月27日~28日 辺野古の土砂搬出反対全国協議会の総会 北九州市で。
柴田代表が参加します。

JFEへ公開質問状を提出(配達証明で発送済み)

☆5月17日現在、JFEエンジニアリング本社及び津製作所からは回答は届いていません。

⑥沖縄(辺野古・高江)連帯行動のためのツアー
9月ごろを予定にこの会主催のツアーを検討中。

⑦4月に講演頂いた北上田毅さん(沖縄平和市民連絡会)の助言を受けて三重県と津市へ、JFEへの港湾使用許可に関する情報公開請求。

⑧この会の独自ニュースレター発行 5月末予定。
12月講演会、4月講演会の報告。7月22日集会やツアーのお知らせ等、発足以来の大きな取りくみに関する記事など本格的な「通信」の第1号として発行する予定です。ご期待ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  4月25日ミーティングを行い... | トップ | 5月定例行動を四日市で行いま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。