龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

オープン戦結果報告

2016年11月13日 | 日記
平成28年11月13日(日)
対 同志社大学(瀬田G)

1.(8)堀口(近江・2)
2.(4)中井(敦賀気比・1)
3.(D)石井(玉野光南・2)
 (H・D)小西(三重・1)
4.(3)西脇(愛工大名電・1)
5.(5)北尾(鳴門・2)
6.(9)寺崎(天理・2)
  (H・9)花田(大体大浪商・2)
7.(7)吉田(東海大仰星・2)
 (H)池田(創)(大谷・3)
8.(2)宮崎(敦賀気比・3)
 (H)竹内(桜宮・3)
9.(6)成野(浪速・3)
 (H)吉井(九州国際大付属・1)

P 藤岡(桜宮・3)
  日下(尼崎稲園・3)
  野口(暁・3)
  
  藤岡 5 1/3
  日下 1
  野口 2 2/3
  

同志社大 200 113 300=10
龍 谷 大 100 000 100 =2

総評
藤岡は初回から調子が上がらず、5回1/3を投げ、被安打7、5四球、7失点と試合を作ることができなかった。リリーフ陣も悪い流れを断ち切れず、10失点。打線は、初回、西脇の内野ゴロの間による得点と宮崎のソロホームランによる2点のみ。課題の残る試合となった。(林)
平成28年11月13日(日)
対 同志社大学(瀬田G)

1.(8)菅根(大阪桐蔭・2)
  (8)中山(小松工業・1)
2.(4)相方(崇徳・3)
3.(7)甘利(愛知啓成・2)
4.(9)大西(智辯学園・1)
5.(3)奈良(東山・3)
6.(D)市川(智辯学園・2)
7.(6)田頭(今治西・2)
8.(2)浅井(東北・3)
9.(5)仲矢(近江・1)
  (H)荒岡(西城陽・1)
(5)参上(桜宮・1)

P 古口(福岡大大濠・1)
  塩田(神戸国際大附属・1)
  藤井(観音寺中央・1)
  大浦(大阪桐蔭・2)
  
  
  古口 5
塩田 2
藤井 1
  大浦 1

龍 谷 大 000 200 000=2
同志社大 010 000 001=2

総評
1試合目とは違い、2試合目は息詰まる投手戦だった。先発古口が自慢の速球を軸に相手打線を手玉に取るピッチングを披露。変化球もコーナーに決まり古口への期待は増すばかり。打線もリーグ戦を経験する男、4番大西の均衡した試合に風穴を開ける弾丸ライナーの一発ですぐさま逆転。このまま試合は決まるかと思われたが、最終回に追い付かれ試合は引き分け。接戦をものにできるチームに変われるかはこの冬に懸かっている。

平成28年11月13日(日)
対 同志社大学(同志社大学G)

1.(4)上辻(龍谷大平安・2)
2.(3)村佐(香里丘・2)
3.(9)藤田(塔南・2)
4.(7)別府(広陵・1)
5.(5)川井(広陵・2)
6.(D)谷口(莵道・3)
7.(8)池田(和)(那賀・2)
8.(2)渡邊(翔)(崇徳・1)
9.(6)田辺(京都成章・3)
 (6)川元(福井工大福井・1)

P 駿河(星林・1)
  石川(愛工大名電・2)
  
  駿河 7
  石川 1
  

龍 谷 大 001 000 000=1
同志社大 001 000 01x=2

総評
ロースコアのゲームを勝ち切る事ができなかった。
平成28年11月13日(日)
対 同志社大学(同志社大学G)

1.(7)島田(康平)(安来・1)
  (7)早川(光泉・1)
2.(6)川元(福井工大福井・1)
3.(D)森井(龍谷大平安・1)
4.(3)正木(龍谷大平安・1)
5.(5)金子(洛北・2)
6.(9)高原(崇徳・2)
 (9)當麻(平城・1)
7.(8)甲川(太成学院・3)
 (8)呉本(桜宮・1)
8.(2)小林(大谷・1)
9.(4)中村(樹)(興國・1)

P 浜村(出雲西・3)
  南浦(上宮・2)
  藤本(京都外大西・1)
  奥田(北大津・1)
  川本(大阪桐蔭・1)
  
  浜村 4
南浦 1
藤本 2
  奥田 1
  川本 1

同志社大 040 100 041=10
龍 谷 大 015 100 100=8

総評
ミスの目立つ試合となった。浮彫になった課題をこの冬で克服してほしいものだ。

この記事をはてなブックマークに追加