龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

リーグ戦結果報告

2016年10月13日 | 日記
平成28年10月13日(木)
対 大阪学院大学(豊中ローズ球場)

1.(7)吉田夏(東海大仰星・3)
2.(6)田頭(今治西・2)
3.(7)甘利(愛知啓成・2)
4.(3)桑山(東邦・4)
5.(D)中村(崇)(北陸・4)
  (H・D)目賀田(龍谷大平安・4)
6.(9)寺崎(天理・2)
7.(5)橋爪(興國・4)
8.(4)竹内(桜宮・3)
  (R)上辻(龍谷大平安・2)
  (2)瀧井(東北・2)
9.(2)浅井(東北・3)
  (2)菊地(福岡大大濠・4)
  (H)野田(龍谷大平安・3)
  (4)成野(浪速・3)
  
 

P 長谷川(福井商業・3)
  古口(福岡大大濠・1)
  瀧中(高島・4)
  
  長谷川 3
  古口 2 
  瀧中 6
   

龍 谷 大 000 200 00002=4
大 院 大 001 001 00001=3

総評
先発の長谷川は今回もピリッとせず、初回、2回と四球でランナーを背負う不安定な立ち上がり。3回裏に高めに浮いた甘い球をライトスタンドに運ばれ、先制点を奪われる。反撃したい龍谷大は2死から寺崎に値千金の2ランホームランがとびだし逆転に成功。その後古口が4、5回と無失点で抑える好投。6回から絶対的エース瀧中がマウンドに上がるが、直後にタイムリーを浴び同点に追い付かれる。その後は一進一退の攻防が続き、タイブレーク直前の11回表に試合が動いた。2死から目賀田の内野安打、寺崎のライト前ヒットでチャンスを作ると、4回生橋爪豪久がライトオーバーのタイムリーツーベースを放ち、勝ち越しに成功する。その裏、瀧中が無死からランナーを2人背負い、内野ゴロの間に1点を失う。2死3塁となり、ホームランを放っている1番打者を迎えるも、最後は気迫でセンターフライに抑え試合終了。最終戦を白星で締めくくった。(林)




この記事をはてなブックマークに追加