龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

リーグ戦結果報告

2016年05月24日 | 日記
平成28年5月22日(日)
対 大阪経済大学
場所:皇子山総合運動公園野球場

1.(8)堀口(近江・2)
2.(4)相方(崇徳・3)
 (H)山口(近江・4)
3.(9)寺崎(天理・2)
 (H)奈良(東山・3)
4.(D)中村(崇)(北陸・4)
5.(7)吉田(夏)(東海大仰星・3)
6.(3)桑山(東邦・4)
7.(5)橋爪(興國・4)
(H)池田(創)(大谷・3)
8.(2)瀧井(東北・2)
 (R)石濱(報徳学園・2)
9.(6)諸岡(福岡大大濠・2)
 (H)上辻(龍谷大付属平安・2)
 (6)成野(浪速・3)
 (H)宮崎(敦賀気比・3)

P. 橋山(北陸・2)
  赤田(阪南大・4)
  藤岡(桜宮・3)

 橋山 7 0/3
  赤田   1/3
  藤岡 1 2/3
   
大 経 大 010 000 020 =3
龍 谷 大 001 000 003 =4x

総評
先制したのは大経大。2回表、463のダブルプレーの後、連打で1点を失う。3回裏、1死1塁から寺崎(天理・2)が3塁線を破るタイムリーツーベースで同点に追い付く。橋山(北陸・2)は7回を1失点と前回の登板に続き、粘りの投球を見せるも8回先頭打者を四球で歩かせ降板、4回生サウスポー赤田(阪南大・4)にスイッチする。先頭を三振に斬るも四球とワイルドピッチで1死2、3塁となり、次打者のセカンドゴロをホームへ暴投、終盤で2点を奪われる。続くピンチを藤岡(桜宮・3)が2者連続三振に打ち取る。最終回も藤岡は3人で打ち取り流れを引き寄せると、その裏、主将桑山(東邦・4)の意地のセンター前、瀧井(東北・2)の気迫の死球、堀口のライト前ヒットで2死満塁とすると、代打山口(近江・4)がストレートの押し出し四球で1点差に迫り、代打奈良(東山・3)が追い込まれながらも執念でレフトオーバーを放ち劇的なサヨナラ勝ち。最終節の2連勝により3位が確定、3季ぶりのAクラス入りを果たした。(林)
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加