龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

リーグ戦結果をブログに更新しました。

2016年05月15日 | 日記
平成28年5月14日(土)
対 神戸学院大学
場所:南港中央野球場

1.(8)堀口(近江・2)
2.(4)相方(崇徳・3)
3.(9)藤田(塔南・2)
  (9)石濱(報徳学園・2)
4.(D)中村(崇)(北陸・4)
5.(7)吉田(夏)(東海大仰星・3)
  (7)菅根(大阪桐蔭・2)
6.(3)桑山(東邦・4)
7.(5)橋爪(興國・4)
8.(2)菊地(福岡大大濠・4)
9.(6)諸岡(福岡大大濠・2)
 

P. 瀧中(高島・4)

瀧中 9
   
龍 谷 大 001 100 000=2
神 院 大 000 001 000=1

総評
龍谷大は大幅なスタメンの変更を行い挑んだ一戦。試合が動いたのは3回、ツーアウト一塁の場面で三番藤田(塔南・2)のリーグ戦初安打初打点のタイムリーツーベースで先制。4回にも先頭の吉田夏(東海大仰星・3)が死球で出塁し、主将桑山(東邦・4)がきっちり送り、相手のエラーの間にすかさず追加点。先発の瀧中を援護する。6回にゲッツー崩れの間に1点を返されるもその後は危なげない試合運びで神院大打線をシャットアウト。久々の勝ち星にチームに明るい雰囲気が戻った。(女鹿田)

平成28年5月15日(日)
対 神戸学院大学 
場所:南港中央野球場

1.(8)堀口(近江・2)
2.(4)相方(崇徳・3)
3.(9)藤田(塔南・2)
  (H・9)寺崎(天理・2)
4.(D)中村(崇)(北陸・4)
(H・D)山口(近江・4)
5.(7)吉田(夏)(東海大仰星・3)
6.(3)桑山(東邦・4)
(H・3)目賀田(龍谷大付属平安・4)
7.(5)橋爪(興國・4)
8.(2)瀧井(東北・2)
(H)奈良(東山・3)
9.(6)諸岡(福岡大大濠・2)
(H)竹内(桜宮・3)
  (6)成野(浪速・3)
 

P 橋山(北陸・2)
赤田(阪南大・4)
 藤岡(桜宮・3)

橋山 7
赤田 1
藤岡 1

神 院 大 201 000 000 =3
龍 谷 大 000 000 004x =4


総評
2連勝が懸かった大事なこの試合のマウンドを託されたのはリーグ戦初登板の橋山(北陸・2)。その立ち上がり、相手の4番に先制のツーランホームランを浴び、リーグ戦のマウンドの洗礼を受ける。3回にも追加点を奪われるも、その後はテンポよく打者を打ち取り味方の反撃を待つ。橋山の後を受けた赤田(阪南大・4)、藤岡(桜宮・3)もそれぞれ3人で締め流れを作った。そして9回裏、投手陣の作った流れに打線が奮起する。2つの四球で得たチャンスにまずは代打の奈良(東山・3)。痛烈な当たりが相手のエラーを誘いまず1点。相方(崇徳・3)の内野ゴロの間にさらに1点追加し、寺崎(天理・2)の執念のライト前タイムリーで同点。そして試合を決めたのは4回生山口(近江・4)のレフト前。
チーム一丸となって得た勝ち点。最終節へこの流れを繋げてAクラス入りを決めたい。(女鹿田)
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加