龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

オープン戦結果をブログに更新しました。

2016年04月30日 | 日記
平成28年4月30日(土)
対 びわこ成蹊スポーツ大学 
瀬田G  OP戦
1.(4)田頭(今治西・2)
  (H・4)上辻(龍谷大付属平安・2)
2.(6)諸岡(福岡大大濠・2)
3.(8)吉田(夏)(東海大仰星・3)
4.(5)北尾(鳴門・2)
(5)村佐(香里丘・2)
5.(D)石井(玉野光南・2)
  (H)菅根(大阪桐蔭・2)
6.(7)甘利(愛知啓成・2)
(7)石濱(報徳学園・2)
7.(9)寺崎(天理・2)
8.(2)浅井(東北・3)
  (2)宮崎(敦賀気比・3)
9.(3)奈良(東山・3)
  
 
P 長谷川(福井商業・3)
  藤岡(桜宮・3)
  石田(東邦・3)
長谷川 3
藤岡 4
石田 2

びわこ成蹊 100 011 000=3
龍 谷 大 014 100 01x=7

総評
初回に先制点を奪われるも2回に相手のエラーですぐさま同点に追い付くと、3回には相手投手の乱れに付けこみランナーを溜めると寺崎(天理・2)の走者一掃のタイムリーで一挙4点を追加。4回には吉田(夏)(東海大仰星・3)の犠牲フライ、8回には奈良(東山・3)のタイムリーでそれぞれ1点を追加。試合を優位に進める。投手陣は長谷川、藤岡、石田のリレーで危なげなくぴしゃり。この流れを龍産戦に繋げていきたい。(女鹿田)



平成28年4月30日(日)
対 びわこ成蹊スポーツ大学
場所:びわこG

1.(8)池田(大谷・3)
2.(7)野田(龍谷大付属平安・3)
3.(9)名賀(大商大堺・3)
4.(3)佐藤(玉野光南・3)
5.(D)谷口(莵道・3)
6.(5)竹内(桜宮・3)
7.(2)大谷(花園・3)
8.(6)田辺(京都成章・3)
9.(4)荒岡(西城陽・1)
 

P. 中田
  川瀬
  頼本
  大浦
   
龍 谷 大 100 011 001=4
び わ こ 000 001 002=3

総評

初回、1番池田の安打を足掛かりに5番谷口の適時打で先制、その後も小刻みに得点を重ね、勝利をつかんだ。










平成28年4月30日(日)
対 びわこ成蹊スポーツ大学
場所:びわこG


1.(9)池田(和)(那賀・2)
  (H・7)摂津(龍谷大付属平安・2)
2.(6)滝本(智辯和歌山・1)
3.(8)藤田(塔南・2)
4.(D)別府(広陵・1)
5.(3)西脇(愛工大名電・1)
  (H)正木(龍谷大付属平安・1)
6.(5)金子(洛北・2)
7.(7)高原(崇徳・2)
  (R・9)松田(龍谷大付属平安・2)
8.(2)柴本(東洋大姫路・1)
  (H・2)大澤(伊予・3)
9.(4)中村(樹)(興國・1)
 

P 橋山(北陸・2)
  石川(愛工大名電・2)
  南浦(上宮・2)
  湊(龍谷大付属平安・2)

総評

初登板でこの男がやってのけた。先発橋山が初回三者凡退で上々の立ち上がりを魅せると、勢いは止まらない2回味方の失策でピンチを招くも難なくいなし、圧巻だったのは3回・4回を僅か12球で相手打線を封じ込める芸当を何食わぬ顔でやってのけ相手チームだけではなく自軍の度肝を抜いた。5回を投げ無四死球2安打と完璧な投球内容でマウンドを後にすると、石川・南浦・湊の黄金リレーで最少失点と盤石の投手陣。打っては3番藤田、4番別府、7番高原がいずれもマルチを記録、6番金子には豪快な1発が飛び出しこの充実ぶりにはあの鬼軍曹上原コーチもニンマリ。投打ががっちり噛み合い上原JAPANの初陣を勝利で飾った。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加