龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

交流戦結果報告

2016年03月30日 | 日記
平成28年3月30日(水)

対 読売ジャイアンツ(瀬田球場)

1.(8)堀口(近江・2)
2.(4)上辻(龍谷大付属平安・2)
  (H・4)諸岡(福岡大大濠・2)
  (H・4)田頭(今治西・2)
3.(6)梅田(龍谷大付属平安・4)
4.(7)中村(崇)(北陸・4)
  (7)吉田(夏)(東海大仰星・3)
5.(9)寺崎(天理・2)
  (R・9)菅根(大阪桐蔭・2)
6.(2)宮崎(敦賀気比・3)
  (R)池田(創)(大谷・3)
7.(D)山口(近江・4)
8.(3)桑山(東邦・4)
9.(5)橋爪(興國・4)

P 瀧中(高島・4)
  石田(東邦・3)
  
瀧中 7
  石田 2
読売ジャイアンツ 000 000 200=2
龍谷大 000 000 200=2

総評
龍谷大の先発、瀧中は立ち上がりから好調でストレートと変化球のコンビネーションが良く巨人打線を翻弄した。
ピンチを招くこともあったが、気迫のこもった投球で再三ピンチをしのいだ。一方、龍谷大打線は巨人投手陣からなかなかチャンスを作ることができない。苦しい試合展開が続いた。
試合が動いたのは、7回裏。2アウトを取ってから本塁打を含む3連打で2点を先制された。しかしその裏、龍谷大打線は寺崎の執念の安打を足掛かりに、桑山の投強襲安打で2塁走者菅根の好走塁もあり1点を返す。続く橋爪がしぶとく外野の前へ落とし同点に追い付く。その後は一進一退の攻防で、惜しくも引き分けに終わる。先発の瀧中は、プロ相手に7回を投げて毎回、8奪三振の好投を見せた。
プロ相手にいい試合ができ、春のリーグ戦優勝に向け弾みをつけることができた試合となった。


この記事をはてなブックマークに追加