龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

オープン戦結果をブログに更新しました。

2016年03月06日 | 日記
平成28年3月6日(日)
対 高知ファイティングドッグス(室戸マリン球場)

1.(4)上辻(龍谷大付属平安・2)
2.(6)梅田(龍谷大付属平安・4)
3.(7)山口(近江・4)
 (R・7)堀口(近江・2)
4.(9)大西(智辯学園・1)
  (R・9)菅根(大阪桐蔭・2)
5.(D)西脇(愛工大名電・1) 
6.(2)宮崎(敦賀気比・3)
7.(8)吉田(夏)(東海大仰星・3)
  (H・8)池田(創)(大谷・3)
8.(3)桑山(東邦・4)
9.(5)橋爪(興國・4)
  (H・5)村佐(香里丘・2)

P 大符(興譲館・4)
  中田(龍谷大付属平安・2)
  川瀬(塔南・2)
  石川(愛工大名電・2)
  石田(東邦・3)

  大符  5
  中田  11/3
  川瀬  1
  石川  2/3
  石田  1

高知FD 100 011 100=4
龍谷大 000 001 100=2

総評
先発大符が立ち上がりを攻められ先制点を奪われるも最少失点で切り抜ける。5回にも四球と失策が絡み1点を追加され、続く6回も適時打を浴び3点ビハインドとなった。6回裏、2番梅田が左前安打で出塁し牽制悪送球で3塁まで進むと4番大西の内野ゴロの間に生還し1点を返す。7回には6番宮崎がレフトスタンドへ叩き込み、追撃開始。8回には梅田・山口・大西の3連打で流れが傾きかけたが5番西脇が併殺打に倒れ万事休す。先発大符は粘りのピッチングを披露するもバトンを受けた川瀬が制球に苦しみ四球を連発、後を継ぐ投手が踏ん張り切れず敗戦。四球と守備の乱れから失点を許すケースが多く見られ、リーグ戦までの修正は急務だ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加