龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

春季リーグ戦結果報告

2014年05月01日 | 日記
平成26年度 5月1日(木)
対 大阪経済大学
場所:舞洲ベースボールスタジアム

1. (8)近藤(福井商業・3)
  (H・8)村上拓(龍谷大付属平安・2)
2.(6)坂本(龍谷大付属平安・4)
3.(D)木村(広島新庄・4)
4.(7)宮城(鳥羽・3)
5.(3)森(一条・3)
  (H・3)松浦 (龍谷大付属平安・4)
(H・3) 井上大 (加古川北・4)
6.(5)山内(広陵・3)
7.(9)今西(龍谷大付属平安・4)
8.(4)梶田(神戸国際大附属・2)
(H)中島 (報徳学園・4) 
  (H)柴森 (龍谷大付属平安・3)
9.(2)菊地 (福岡大附属大濠・2)
  (H)戸嶋(龍谷大付属平安・3)
P.大符(興譲館・2)
  川井(倉敷商業・3)
  大西(報徳学園・4)
  石垣(今治西・1)
  瀧中(高島・2)


(投手)
大符(4 1/3)
川井(1 3/3)
大西(2/3)
石垣(1 1/3)
瀧中(2/3)

大阪経済大 001 030 000=4
龍 谷 大 000 001 000=1

(総評)
 先発の大符は、初回を三者凡退に抑え好調な滑り出しだったが、三回先頭を安打で出し、その後、犠打と四球などで一死一二塁の危機で、左適時打を打たれ一点を先制された。五回には、先頭四球から無死二三塁とされると、投手への強襲安打で一点を追加され、その後、一死二三塁の危機で、右線へ二塁打を打たれ、更に二点を追加された。五回途中から登板した川井は、大符の作った危機をしっかりと抑え、その後も打たせて取る投球で無失点に抑えた。七回途中から登板した大西は、左打者二人を気迫のある投球で抑え、チームに流れを引き込んだ。八回から登板した石垣は、一回生とは思えない堂々とした投球を見せた。九回に登板した瀧中は、得意の直球で押す投球で無失点に抑えた。
 打撃陣は、一、二回と好機を作りながらも本塁が遠く、その後も好機を作ることができなかったが、六回、三番木村、四番宮城の連打などで、一死一三塁とすると、六番山内の右犠飛で一点を返したが、反撃もここまでだった。
 今日の試合は、悪い流れを断ち切れず、最後まで逆転することができなかった。明日の三戦目は何としても勝利し、勝ち点を獲得したい。(主務/松村)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リーグ戦先発メンバー

2014年05月01日 | 日記
平成26年5月1日(木)
対 大阪経済大学
場所:舞洲ベースボールスタジアム

1.(8) 近藤 (福井商業・3)
2.(6) 坂本 (龍谷大付属平安・4)
3.(D) 木村 (広島新庄・4)
4.(7) 宮城 (鳥羽・3)
5.(3) 森 (一条・3)
6.(5) 山内 (広陵・3)
7.(9) 今西 (龍谷大付属平安・4)
8.(4) 梶田 (神戸国際大附属・3)
9.(2) 菊地 (福岡大附属大濠・2)
P. 大符 (興譲館・2)

この記事をはてなブックマークに追加