龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

オープン戦結果報告

2014年04月20日 | 日記
平成26年度 4月20日(日)
対 中部学院大学
場所:瀬田球場

1.(8)近藤(福井商業・3)
2.(6)坂本(龍谷大付属平安・4)
3.(9)畑(大垣日大・3)
4.(7)宮城(鳥羽・3)
  (R・9)今西(龍谷大付属平安・4)
5.(D)中島(報徳学園・4)
  (H・D)木村(広島新庄・4)
6.(5)山内(広陵・3)
7.(3)松浦(龍谷大付属平安・4)
  (H)瀬戸(智辯和歌山・4)
  (3)井上雄(加古川北・4)
8.(2)菊地(福岡大附属大濠・2)
(H)梶田(神戸国際大附属・3)
  (2)戸嶋(龍谷大付属平安・3)
9.(4)柴森(龍谷大付属平安・3)
P.  菊池(八幡浜・3)
    大符(興譲館・3)
    中井(大阪青凌・4)
    石垣(今治西・1)
  平尾(京都成章・2)

(投手)
菊池(4)
大符(2 2/3)
中井(0 0/0)
石垣(1 1/3)
平尾(1)

中部学院大 000 000 201 =3
龍 谷 大 000 002 05 =7


(総評)
 先発の菊池は、いつも通り安定した投球で四回まで無失点だった。四回から登板した大符は、五、六回走者を出しながらも粘りの投球を続けていたが、七回一死から二塁打を打たれ、その後二死としてから、四球を出し一二塁の危機を作り降板した。七回途中から登板した中井は、二死一二塁から四球を出し満塁とすると、右線へ二塁打を打たれ二点を取られ、同点とされてしまった。中井の後を引き継いだ石垣は、死球を出したものの、三振で危機を乗り切った。最終回に登板した平尾は、安打と四球などで一死二三塁の危機を作ると、右犠飛を打たれ一点を取られたが、後続をしっかりと打ち取り試合を締めた。
 打撃陣は、五回まで好機を作ることができなかったが、六回二死二塁の好機で、三番畑が右線へ二塁打を放ち一点を先制し、その後押し出しで更に一点を追加した。八回にも打線が爆発し、一挙五点を取り試合を決めた。
 今日の試合は、同点に追いつかれた後、大量得点で試合を制することができ、次のリーグ戦に繋げることができた。(主務/松村)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加