龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

オープン戦結果報告

2014年04月19日 | 日記
平成26年度 4月19日(土)
対 びわこ成蹊スポーツ大学
場所:瀬田球場

1.(8)山口(近江・2)
  (8)近藤(福井商業・3)
2.(6)坂本(龍谷大付属平安・4)
3.(D)木村(広島新庄・4)
4.(7)宮城(鳥羽・3)
  (R・7)畑(大垣日大・3)
5.(3)森(一条・3)
  (3)井上雄(加古川北・4)
6.(5)山内(広陵・3)
7.(9)今西(龍谷大付属平安・4)
8.(4)梶田(神戸国際大附属・3)
9.(2)菊地(福岡大附属大濠・2)
P.  川井(倉敷商業・3)
    西(隆)(倉敷商業・2)
    中井(大阪青凌・4)
    石垣(今治西・1)
  大西(報徳学園・4)
    瀧中(高島・2)
   (投手)
川井(3)
西(隆)(1 1/3)
中井(0 2/3)
石垣(2)
大西(0 1/3)
瀧中(1 2/3)

びわ成大 000 200 000 =2
龍 谷 大 000 300 00 =3


(総評)
 先発の川井は、走者を出しながらも三回まで無失点で、良い流れを引き込んだ。四回から投げた西隆は、先頭に四球を与え、続く打者に左線二塁打を打たれ無死二三塁の好機を作ると、遊ゴロの間に一点を先制され、続く打者にスクイズを決められもう一点を追加された。五回途中から登板した中井は、コーナーを突く投球で西隆の作った危機をきっちりと抑えた。六、七回に登板した石垣は、力で押す投球で相手に反撃する隙を与えなかった。八回に登板した大西は、先頭打者に二塁打を打たれ、その後一死を取りマウンドを降りた。八回途中から登板した瀧中は、大西の作った危機を抑え、最終回も走者を出しながらも、きっちりと試合を締めた。
 打撃陣は、三回まで好機を作ることすらできなかったが、四回に3番木村、4番宮城が連打し、5番森が送り二三塁とすると、相手の暴投で一点を返し、その後一死二塁となり、7番今西が中適時打を放ち同点とし、今西を二塁に置いて、8番梶田が左線二塁打を放ち逆転した。その後は追加点を挙げることができなかった。
今日の試合は、先制された後すぐに逆転することができ、投手も少ない回の投球だったがよく投げてくれた。明日の試合も勝利し、リーグ戦に繋げていきたい。(主務/松村)


この記事をはてなブックマークに追加