竜司Walterの日記

バトラーツに所属しているプロレスラー竜司ウォルターの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自主興行について!

2007-04-19 | 日本語-Japanese-
コメント有難うございます!
やはり自分世代の年齢は、ストロングスタイルのプロレスを観て育っているので、プロレス=ストロングスタイルが普通でしたので、自分は、原点に戻り尚且つそれに新しい闘いを加えた新しいプロレスを目指そうと考えています!
昔はアマレスがベースでしたが、今は、ちゃんと寝技もでき関節技もきっちりできた上にスタンドやプロレス技、そして投げ技もできないといけないと考えています! 即ち、オールラウンドで闘えなきゃいけないし、本当に強くないといけないのが、今のストロングスタイルのプロレスだと自分自身信じています。 確かに、虹さんが言うように試合=ビジネスなので、選手に対してのリスペクトは必要ですが、あまり試合中にリスペクトし過ぎない方が、より良い試合が生まれると思います。言葉では、説明が困難で奥深いですが、それが自分の中でのプロレスです!
昨日、原学選手と電話で話をしましたが、彼に話したのは、リングに上がったら先輩と思わず倒しに行ってくれ!と伝えましたが、本人も、そのつもりでいます!と力強く言い切ってくれて、すでに戦闘モードでスイッチが入っていたので、すごく期待しています!
やはり、観てる側にも緊張感が走るような試合を提供してもらいたいと願っています! 笑いが起こるような試合は、プロレスではないです。エンターテイメントと言っているWWEも真剣にやってるからこそ、ファンに支持されてると思います。そして、WWEで思い出しましたが、あの!ジョーバスコがMONDAY Nightrow で、ウマガを破りWWEのコンティネンタルチャンピオンになったと連絡がありました! 良かったですね! 同じ仲間には、是非頑張って欲しいです!

で昨日は、中野のチャンコ屋さん力士に食事もかねて、ポスター、フライヤーを渡しに行き、早速ポスターを貼ってもらいました!その後、高円寺にある、知り合いのスナック双子座にポスターを貼りに行き、その後、阿佐ヶ谷に行き、ポスター、フライヤーを渡しに行ってきましたが、嬉しいことに沢山の人達が見るようにと、ステージにポスターを貼ってくれたので嬉しく思います!
毎日地道ですが、営業、宣伝に行っています! 今日は、渋谷を中心にフライヤー、ポスターを貼りに行ってきます! 練習も追い込みに入ります!
もし興行に対して、この地道な活動が成功に導いた場合、試合後感動して(涙)が出ちゃうかもしれません!
話は変わりますが、一昨日CNNnewsを見てたのですが、また!アメリカで銃乱射の事件が起こり、残念で仕方ありません! 悲しみを乗り越え怒りで一杯です!罪もない、勉強する為に学校に行き、まさかその日が自分の最後の日だとも知らず、又家族ともお別れの日だとも分からず、殺されて帰ってくる事を考えると、言葉になりません! 確かにアメリカで銃を無くすことは、今となっては不可能に過ぎないですが、改善しないかぎり、また同じことが繰り返されると思います! まず、アメリカでGUN showを無くすことです!
セキュリティーガードをしっかりすることです!
親も、責任もって管理するべきです! 学校内にカウンセリングを雇うべきだと思います! 心から伝えたいです!


☆ご案内☆
5月18日(金曜日)竜司ウォルター自主興行
問い合わせ&チケット購入
竜司ウォルター事務局03-3395-8383
https://www.rental-system.com/3qplus/form/jimukyoku/
事務局に問い合わせをする

ジャンル:
モブログ
Comment (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自主興行について! | TOP | 自主興行について! »
最近の画像もっと見る

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (虹)
2007-04-19 22:53:03
皆様こんばんは。そして高野のラリアット最強さん、とても親近感が湧くネーミングですね!ひょっとしたらどこかでお会いした事ありますか? 竜司選手のプロレスに対する情熱は凄いですね!まさにレスラーとは斯くあるべきではないでしょうか!ここ数年間、K1・PRIDEなどに参戦したプロレスラーが強さを証明してくれましたけど、中には不甲斐ない試合を二回もし、負けた原因を準備不足と周りにかばわれ、今だにリベンジせずのうのうとトップ気取りをしている選手も居ます。失われつつあるプロレス最強論を復活させるべく、竜司選手の興行のタイトルには『真のプロレスここにあり!!』と銘打ってあるのだと解釈しております。バトラーツファン、竜司選手ファン、ここは一つ皆さん一丸となり応援しましょうよ(^-^)/

post a comment

Recent Entries | 日本語-Japanese-