がいらいこばなし

’ど’いなかの診療所外来での

患者さんとのちょっとしたやりとり

下手の考え休むに似たり

2016年11月26日 | 日記

「あさからふわふわめまいがしてて、さっき安定剤飲んだんですけど心配なので来ました」

「いつも安定剤で落ち着くから、変な病気ではないと思いますよ」「そうでしょうか」

「なぜ具合悪くなるか、お教えしましょうか?考えるからです」「はっ?」

「今はいいのに、昔悪かったことをわざわざ思い出して心配になる、同じように悪くなるんじゃないかって」

「そうなんですよ、きのう眼科でエライ待たされて、具合悪くなって」

「ほら、自分で証明してる」「はっ?」

「かつて悪かったことを今持ち出して、牛みたいに反芻して気分を害しているでしょ」

「じゃあどおしたら?」

「まあ、考えるのやめるのは無理でしょうから、結局、今まで通りで・・・」

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 不確定性原理 | トップ | どっちが原因? »