邪馬台国はどこ?魏志 倭人伝をGoogleEarthでなぞって卑弥呼の都へ

倭人伝の行程をグーグルアースでなぞってみました。
そこで気づいたこと、考えたことを綴ってみました。

邪馬台国はどこだ?とは倭人伝のどこにも書かれていない

2017年08月11日 00時21分30秒 | 読書記録

古田武彦さんはまず通説をことごとく否定しますので

読んでいて単純に面白く

否定される通説が逆によく頭に入るから

古代史の入り口として優れた本だと思います。

「邪馬台国」はなかった―解読された倭人伝の謎 (古田武彦・古代史コレクション)
古田 武彦
ミネルヴァ書房

さて倭人伝は

帯方郡から倭に行くにはと

行程を書き始めます。

どこにも

邪馬台国へ道程は?などと書かれていません。

 

いまのソウルくらいから日本列島へ行くには・・・・というおおざっぱなノリです。

 

道程で書きたかったのはこれだけです、帯方郡から倭に行くには

 

当然南に行って東にいって半島南端から海を渡って

上陸したらそこはマツロ国で

その隣の伊都国が半島からの外交官の駐留所になっていて

さらに行くとあの奴国があってそれは大国です、

そしてその隣にフミ国がありますよ。

 

厳密に論じるものでもないです。

 

これで終わってるのですね。帯方郡から倭に行くという話は。

ついでい投馬国と邪馬台国のことが書かれています。

厳密に水行陸行を書いてないということですね。

 

すべては外国から当時の日本を見た時のことをそのまま描いたことで起こった齟齬です。

 

邪馬台国問題の決着はこれです。

邪馬台国から九州遠征にやってきた女王がずっとフミ国に駐留したから

帯方郡からみたら女王国というのは九州北部のことです。

そしてその南に狗奴国があります。

女王の本来の都は

奈良です。つまり邪馬台国は奈良だけど

今女王がいるのはフミ国=宇美町だぞ

ということですね。

このため複雑になってどこにあるのだ。九州か?

近畿か?新潟か?ジャワか?

トルコか?

 

卑弥呼がなぞめく女王なんて誰が言い出したのか。

 

フミ国にいる女王に夫がいなくて

鬼道で人を惑わし

南の敵、狗奴国と戦争をして

絶大な権力をもち

弟のような腹心の部下がいる

 

この人物といえば

オキナガタラシヒメノミコト=神功皇后です

 

そもそも夫仲哀天皇を神が憑依してる最中に呪い殺したのだから。

 

そもそも魏にとって纏向の奈良は遠すぎてよくわからない。

知ってるのは摂政皇后のいるフミ国までで十分です。

 

『全国卑弥呼は神功皇后だ の会』

「邪馬台国」はなかった―解読された倭人伝の謎 (古田武彦・古代史コレクション)古田 武彦ミネルヴァ書房

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワインと倭の五王 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL