邪馬台国はどこ?魏志 倭人伝をGoogleEarthでなぞって卑弥呼の都へ

倭人伝の行程をグーグルアースでなぞってみました。
そこで気づいたこと、考えたことを綴ってみました。

邪馬台国と扶南国オケオ遺跡 古代海のシルクロード④日本にドラビダ人は来たか?

2017年11月05日 22時29分10秒 | 読書記録

 

扶南・真臘・チャンパの歴史
鈴木 峻
めこん

 

 

 

インドと中国の海上交通の中継地。したがって

ここは交易地として栄えました。

インドからの官僚が王国に仕えて居たり、

サンスクリットの碑文があったりローマの金貨がある

そして中国に朝貢していた。

国際都市オケアは1世紀から6世紀。初期のころは志賀島の金印やスイショウの朝貢の時代です。

 

 

→これは日本の丹後地方
 
今日見られる高床式水上住宅。オケオより45kmほど北のアンザン省チャウドックにて(2012年)

 

オケオの文化を反映した遺跡群はベトナム南部全域に広がっているが、

特にホーチミン市より南西のメコンデルタ地域に集中している。

現在のオケオ市鎮から離れた場所での最も重要な遺跡群は、

メコン川の東の流れ(ソンティエン)に位置する、ドンタップ省カオライン市の東、同省タップムオイ県(Tháp Muời)であり、

ここでは6世紀のサンスクリット語の碑文が発見されている。

また、1958年に撮影された航空写真によって、

扶南国時代にはメコン川の支流が

タケオの周辺からタイランド湾に流れ込んでいたことが証明された。

タケオは古くは海岸に面していたが、後に堆積によって海岸線と離されていったと見られている。

扶南国の時代、オケオは運河でタケオと繋がっており、オケオもタイランド湾の深部へつながる経路を持っていたことになる[2]。また、航空写真によって明らかになったこのメコン川の河口部は、プトレマイオスが「ゲオグラフィア」で言及した、メコン川の西の支流(プトレマイオスはコッティアリス(Cottiaris)と呼んだ)に属する河口分流の「シーナス(Saenus)」である可能性があるとされる[3]

 

 

オケオと扶南国

オケオは、メコンデルタで

紀元1世紀から6世紀に花開いた歴史上の王国である

扶南国に属していたと考えられる。

 

扶南国については、

旅行者や外交官の証言、

中国への朝貢使節の記録に基づき王朝史を書いた、

古代中国の多くの歴史家たちの記録によって知られている。

 

 

新石器時代後期から金属器時代初期に、オケオは徐々にメコンデルタの経済と文化の中心になってゆき、また東南アジアの航路上の重要な位置を占めることによって職人や交易人の集まる場所となり、

インドのような外部文化の影響が十分な都市化を促したとも、ハー・ヴァン・タンは論じている[

→インド人官僚団が駐留していました。

また扶南は、インド人たちが「スヴァルナブーミ」(黄金の野原)と呼んだ東南アジアの地域の最初の表れであった可能性がある。

まさにインドと中国をつなぐ国です。

そしてより強くインド文化の影響かにありました。

官僚だけが駐留するとは考えにくい。

官僚たちをインドから運んだ船の船員たち、商人たちも一緒にやってきてるはずです。

その人たちは航海術にたけたアーンドラ朝の人たち。つまりドラビダ人ということになります。

海上交通帝国のアーンドラ朝はアーリア人に追われてモヘンジョダロを追われたドラビダ人のようです。

 

するとモヘンジョダロの末裔が扶南国にも来ていた。中国に朝貢するときもついていったかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 邪馬台国とタミル語。古代海... | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (囲炉裏端)
2017-11-11 08:17:35
>・・・ベトナムにあった扶南国。インド人官僚団が駐在して、後に25年前後に朝貢してました。建国は1世紀。黒潮にのると長江や対馬に来れます。(2017-11-10 作者様Re:コメ)

黒潮・東シナ海を見たとき、五島列島が絶妙な場所に・・・済州島からも、鹿児島方向からも、もちろん日本海からも。
もっと、注目されてもよいのではと、地図を眺めながら・・・。

>大国主のパートナースクナ彦がまず関心あります。(2017-8-10 作者様Re:コメ)
異文化を持っていた感じのスクナ彦。背も低い。
扶南国かどうかは兎も角としても、南方文化を考えたときには面白い存在です。
どこから来たのでしょうね? 。


Unknown (作者より)
2017-11-11 09:20:33
スクナヒコは外国人のような雰囲気がありますね。最後は死ぬのではなくて戻るのですし。半島人、あるいは大陸人という想定も多いようです。ここに1世紀から3世紀において、倭よりも文化先進地域であったベトナム地方の存在が最近気になりました。
インドとの交易を通じてローマ文化にも触れ、インドの圧倒的な文化影響をうけつつシナともつきあうという位置づけ。

この人たちのたった一人でも遭難して列島に来たらと思うのですね

コメントを投稿

読書記録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL