クソムシが歴史系映像の感想を書いたり、妄想キャスティングしています。このブログは純度の高い自己満足で構築されています。
必然的なヒストリー



幾島、再登場。
記録によると当時、彼女は病の身であったと伝えられていますが松坂さんは元気そのものでしたね。

で、本題。
大奥では本寿院が酔っ払いコントを始めてました。一瞬、志村けんが出てくるのかと思いました。(ついでに柄本明も)
そして唐橋が近衛家への使者として抜擢。中嶋朋子さんの影に隠れて存在感がイマイチであった高橋由美子さんですが、ここに来てようやくスポットが!
ところが京の近衛家では異変が起こっていました。近衛家ではアレな元妻のお陰ですっかり具合が悪くなった小朝師匠に替わって息子の忠房が家中を取り仕切っていました。が、どうにもこの御方は天璋院に協力的ではない様子。
ここに現れたのが、急遽、出演依頼された幾島さん。彼女は動き出します。

一方、江戸では。
榎本武揚が初登場。一人だけ髪形が違っていたので目立ちました。逆に目立たなかったのが、志村東吾さん演じる松平容保。やはり松平容保はイカみたいな形をした黒帽子を被っていないとらしくありませんね。
残念ながら、両者とも見事なまでに勝安房守の引き立て役になっていました。視点が違うと歴史的な知名度と関係なく、長州勢と同様こうも扱いがぞんざいになるのですね。

と語っている間に江戸へやって来た幾島
登場の演出がおかしい。
ここでツッコミを入れたら負けですが、我慢できるか。
なんで雷鳴が轟くのだ?

ともかく、彼女の使命は西郷へ天璋院の思いを届けること。
西郷はこの時、東征大総督府参謀。参謀には他に大村益次郎(長州系)、林玖十郎(宇和島系)らが、そして西郷の上には名前がメルヘンチックな総督・有栖川宮(乙女系)いましたが、実質的には西郷が中心人物となっていました。
幾島は西郷に対面。新政府黎明を背負って立つ西郷と旧勢力を守ろうとする幾島とでは立場が違いすぎました。幾島の涙の嘆願は西郷の心を揺さぶる事は出来たものの、総攻撃中止を決断させるまでには至りませんでした。
西郷は江戸城総攻撃の日を3月14日としました。

幾島は面目ないと天璋院に詫びますが、当の天璋院は「勝がいる」と語りました。こうして彼女の最後の願いは勝海舟に委ねられる事になりました。
天璋院の前向きさは幾島は当然ながら、本寿院の心をも動かした様子。そして、彼女の前向きさはドラマの中だけではなく現実の世界にも希望を与えている事でしょう。そう、3,000万で保釈された元大物音楽プロデューサーの奥様もきっとこのシーンで涙しているはず(このドラマに元気付けられていると週刊誌に書いてありました。どうでも良すぎて逆に印象に残りました)


次回、無血開城。
西郷は何に吃驚していたのでしょうか。
そして天璋院の許にあの方が・・・。



コメント ( 8 ) | Trackback ( 24 )



« 【篤姫レビュ... 【篤姫レビュ... »
 
コメント
 
 
 
天璋院と幾島の再会 (ポケット保持)
2008-11-23 21:21:55
やっぱ今日はこのシーンでしょかね(笑)
もう書く気になれない、って書いちゃいましたがやっぱり書きます本寿院。
もうギャグっぽく見えてくるようになって来て以前のように緊張しなくなりました。
松平容保や榎本三・・・じゃない、榎本武揚は出てくるだけマシ、Wikiで勝海舟を見てたら勝の前に西郷隆盛に会う山岡鉄舟がスルーです。

> アレな元妻のお陰で
ああ、そっか!
近衛忠煕が病に臥せっている理由がようわかりました(笑)

あと、冒頭のナレーションの名文句、今日はなかったですね(笑)
 
 
 
つっこみ。。。 (くう)
2008-11-23 22:09:31
>ここでツッコミを入れたら負けですが、我慢できるか。

今日、感想記事を書いているブロガーさんの
全てが突っ込んでいると思われ。。。^^;
って、私も負けました。

>3,000万で保釈された元大物音楽プロデューサーの奥様も

えっっ(◎-◎)
ケイコが大河ドラマを~~!
そうですか。。きっと幾島に力づけられているでしょうね。。。
ほんと、なんで週刊誌は、そんなどうでも良い事を(?^^;)

本寿院さまは、アル中のようになっちゃってましたね^^;
 
 
 
こネタ満載大河 (なおみ)
2008-11-23 23:01:45
琉河さん、こんばんは♪
いや~本日もオバQ・・・じゃなくて本寿院さま
笑かしてくださいましたね!

>大奥では本寿院が酔っ払いコントを始めてました

赤ら顔ですもんね、ビックリしちゃいましたよ(笑)
某ドラマの「ジョージさん」のポジションなんでしょうか?
「内緒だよ」とか言って飲んでるんでしょうか?
(バレバレだっての)

>榎本武揚が初登場

ワタシもビックリしちゃいましたよ(また?)
あの後、軍艦をかっぱらって、北北西に進路をとったんでしょうか?

>ここでツッコミを入れたら負けですが、我慢できるか。

もうね~本筋がどうのというより、コネタが可笑しすぎて、
書いててどんどん文章が長くなっちゃうんですよ!
でもこのドラマが視聴率良い訳・・・ちょっと分かりますね(笑)
 
 
 
小栗上野介さん…… (天津風)
2008-11-24 18:27:58
出てくる気配が一向に感じられません…再来年の龍馬伝には是非とも出てきて欲しいです。
 
 
 
鉄舟の出番が (琉河岬)
2008-11-24 20:40:58
ポケット保持さん、こんばんは!

>西郷隆盛に会う山岡鉄舟がスルーです。
小松さんが山岡さんの出番を奪ってしまいましたからね~。鉄舟先生には清水次郎長との絡みを期待しましょうか(実現可能性0%)

>近衛忠煕が病に臥せっている理由がようわかりました
『元妻』さんの今後が楽しみです。
 
 
 
NHKの完封勝利 (琉河岬)
2008-11-24 20:49:25
くうさん、こんばんは!

>全てが突っ込んでいると思われ。。。^^;
演出家のガッツポーズ姿が目に浮かびます。でも、アレは狙いすぎ(笑)

>ほんと、なんで週刊誌は、そんなどうでも良い事を(?^^;)
「女の道は一本道」というフレーズが気に入ったそうです。まぁ、置かれてる状況は篤姫とKCOさんでは180度違いますが・・・。

>本寿院さまは、アル中のようになっちゃってましたね
一日中、顔が真っ赤ですからね。何度も書いてますが、大奥から放り出されないのが不思議です。
 
 
 
ジョージさん (琉河岬)
2008-11-24 21:01:22
なおみさん、こんばんは!

>某ドラマの「ジョージさん」のポジションなんでしょうか?
酔っ払い具合といい、神出鬼没な不思議キャラといい『ジョージ』ポジションですよね。登場当初は、誰がこんなポジションに落ち着くと予想したでしょうか。

>北北西に進路をとったんでしょうか?
榎本武揚が「ジョージさん」に間違えられるらしいです。ああそうか、だから欧米風の髪形になっていたのですね~。

>でもこのドラマが視聴率良い訳・・・ちょっと分かりますね
ここまで視聴者に『食いつきどころ』を与えてくれるドラマはそうそう無いですものね。そりゃ、見ますとも(笑)
 
 
 
小栗上野介 (琉河岬)
2008-11-24 21:06:09
天津風さん、こんばんは!

>出てくる気配が一向に感じられません
小栗さんなら来年、堅物役で登場するのですけどね~。(失礼しました・・・)

正直、小栗上野介が出てくるとすれば、今回か次回しかないと思うのですが、予告を見るとそんな様子もなく・・・。木村摂津を出して小栗上野を出さないNHKの意図がよく分かりません。

>再来年の龍馬伝には是非とも出てきて欲しいです。
勝海舟-龍馬ラインにどれだけ焦点が当てられるかですよね。私も登場を願っています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「篤姫」第47回 (日々“是”精進!)
第四十七回「大奥の使者」天璋院と静寛院は、将軍の慶喜の助命を朝廷に嘆願する方法について話し合う。そのころ、勝は幕府軍の陸軍総裁に任命された。徹底抗戦を主張する老中たちに対し、勝は薩長軍との戦は避けるべきだと主張する。一方、京で岩倉と会った帯刀は、江戸攻...
 
 
 
『篤姫』第47回 (悠雅的生活)
~大奥の使者~
 
 
 
大河ドラマ「篤姫」 第47回「大奥の使者」 (風のうわさ)
懐かしの名場面の 回想特集! といった感じの今回です。 官軍 vs 幕府軍の 戦が始まろうとしています。でも この戦、戦国時代のような 合戦ではなく、裏で あれこれ交渉を進める 水面下の戦いのようです。 この戦いの中で、残念ながら活躍できなかったのは 家老・小松帯...
 
 
 
篤姫 第47回 西郷の決意 (レベル999のマニアな講義)
『大奥の使者』内容官軍となった薩摩を中心とした軍勢が江戸に迫る中慶喜(平岳大)の助命の嘆願書を書いた天璋院(宮崎あおい)は、京に通じているという唐橋(高橋由美子)に託すのだった。また、静寛院こと和宮(堀北真希)もまた、嘆願書を藤子に託す。。だが京に着い...
 
 
 
【篤姫】第四十七回 (見取り八段・実0段)
自分の嫁入り支度をしてくれた西郷が参謀になり、和宮の婚約者であった有栖川宮が総大将になる。天璋院からの嘆願書を携えた唐橋は近衛家に行くが、全く取り合って貰えない。そこへ、幾島と名乗る近衛家の老女がやってきた。唐橋は、嘆願書を幾島に託す。幾島は、江戸攻め...
 
 
 
篤姫47 尚五郎クン家来に門前払いされるぅ! (ぱるぷんて海の家)
江戸城総攻撃へのカウントダウンが始まった! 本来ならむさ苦しい男たちの血みどろのストーリが描かれるのだろうけど 今年の制作予算の大半は大奥衣装代に消えてます。 イクサロケなどに使う予算はありません。 歴史的に重要な出来事など端折って端折ってぜぇんぶす...
 
 
 
篤姫#47 (MEICHIKUなんでもぶろぐ)
今回の物語は、何と言っても幾島の再登場でした。で、登場したら完全に全てを食ってしまい、中盤以降は完全に主役と行っていい存在感でした。天璋院の貫禄も凄いが、幾島が出てくると、やっぱり違いますね。で、静寛院をはじめ、物語の前半に出てきたキャラクターは完全に...
 
 
 
篤姫:第47回「大奥の使者」 (食う♪読む♪歩く♪)
今回は、江戸城無血開城につながる西郷さんと勝さんの会談に至る裏話、という設定らし
 
 
 
篤姫(11月23日) (今日感)
徳川家存続に苦心する天璋院サマと清寛院サマ
 
 
 
大河ドラマ 「篤姫」 大奥の使者 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
史実だと確か山岡鉄舟が行くんじゃなかったでしたっけ?? まぁ、篤姫が主役なので、 その辺は・・・。というところなのでしょうか。 久々にトリ前にあの方の名前が。
 
 
 
篤姫第47回「大奥の使者」 (さくら色通信)
今日も主役はなんと言っても幾島!しかし、登場の際の雷ゴロゴロには笑ってしまいました。篤姫と「お互い変わってないね~」と笑顔になった途端、外は急に晴れていましたもんね。今どきこんな演出はめったにお目にかかれませんよね。さて、幾島の活躍も嘘臭いくらい上手い...
 
 
 
篤姫・第47話 (ブルー・カフェ)
篤姫 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る あ~何か最近レビュー書くの遅くなっちゃって・・・しかも文章がどんどん長くなっていくし(><) これじゃ書くほうも、読んでくださる方も大変だよなあ、...
 
 
 
篤姫~第47話・大奥の使者 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
めっきり寒くなってきて今年も残りわずかですが、天璋院(宮崎あおい)と静寛院宮(堀北真希)は徳川の社稷と慶喜助命嘆願運動を協力して行います。本寿院(高畑淳子)は昼間から酔っ払っていますが、後少しで大奥が消滅するのに助命嘆願などやっている場合ではありません...
 
 
 
篤姫 第47回「大奥の使者」 (あしたまにあーな)
物語はクライマックスに向けて、どんどんすごい勢いで突き進んでいきます。官軍との戦にならないようにとギリギリまで何とかしようと考える天璋院や静寛院は、それぞれおゆかりのあ...
 
 
 
★「篤姫47」懐かしい人が~♪ (・*:・ふわゆら生活・:*・)
今日は日曜日。。いつもどおり大河ドラマを楽しみましたぁ~~大河ドラマ「篤姫」今日もおもしろかったぁ~いよいよ薩長軍の江戸攻め。。参謀は西郷どん。。かつては天璋院のために必死で働いていたのに。。そして。。その総大将が和宮の元婚約者。。運命とは皮肉なもので...
 
 
 
大河ドラマ:篤姫第47話「大奥の使者」 (山南飛龍の徒然日記)
幾島が復活しましたね。重要な役所なのは分かっていましたが、こんなにも出番が多いとは!?東奔西走、大活躍です。一時期、その存在が少々うざったく感じた事もありましたが、こうしてその姿を目の当たりにすると、あらためて幾島が欠かせない存在であったのだと思い知ら...
 
 
 
西郷の決意!! (函館 Glass Life)
ここまで来ると歴史と云うよりはドラマとして見た方が 良いのかと思い始めている僕なのです{/kuri_5/} 已むに止まれず京都まで来てしまった小松帯刀ですが、 事もあろうに西郷は面会拒否!! 帯刀は家老である自分が何故会えないのかと問い詰め ますが『自分達は薩摩軍では...
 
 
 
篤姫 第47回「大奥の使者」! (バレルオーク日記)
<幾島再登城!>「今宵は、酒と肴を用意させます」昼間から酒をあおる本寿院様は、アル中状態?でしょうか。天璋院様のお言葉に、安堵のご様子でした。「やはり、昔に戻ったようじゃ」天璋院様と幾島との再開、この二人に間には誰も入れないような雰囲気がありました。「...
 
 
 
篤姫47回「大奥の使い」 (森の中の一本の木)
 「篤姫」も47回も終わり、残す所あと三回になってしまいましたね。いよいよ来週は「無血開城」です。 なんだかんだと言いながら、今まで涙腺がつまらないように、毎週「篤姫」が一役買っていてくれていた様に思います。  45回、46回と感想がスルーになってしま...
 
 
 
第47回「大奥の使者」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
時は慶応4(1868)年1月…鳥羽・伏見の戦が勃発した。恐れていた内乱がついに現実のもとに晒されることに…錦の御旗に刃向うはすなわち朝敵と名指しされるに等しく、慶喜にはこの上ない屈辱。徳川宗家が豊臣氏と同じ運命を辿ることになるのか?…大奥の動揺を隠しきれぬ中、...
 
 
 
篤姫~涙する西郷どん (うさうさ日記)
NHK大河ドラマ「篤姫」第47話~大奥の使者幾島再登場なんでこの人が登場するときにはカミナリが鳴るの晴れてたじゃん(笑)カミナリは余計だけれど、幾島と再会して瞳に涙をためて喜んでいた篤姫、実家が敵にまわり徳川家がどうなるかわからない心細い時期に味方が現...
 
 
 
大河ドラマ「篤姫」第47話「大奥の使者」感想 (優しい世界~我が心に迷いあり(β))
助命嘆願、難航 迫る官軍に、天璋院&静寛院の手紙攻撃。 しかし、政治の壁は厚く、西郷の決意は固い。 篤姫 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)/宮尾 登美子 ¥998 Amazon.co.jp <ざっとまとめ> ・勝(欣也)は、陸軍奉行になるが、戦争回避...
 
 
 
篤姫 #47 大奥の使者 (ビヨビヨ素材日記2)
大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)今日という日の為に今まで独自で描かれて来た場面が、本当に活...
 
 
 
15代将軍慶喜と麻生太郎総理が重なって見えてしまう (よく考えよう)
NHK大河ドラマ「篤姫」を見ていると、慶喜と麻生総理が重なって見えてしまう。