クソムシが歴史系映像の感想を書いたり、妄想キャスティングしています。このブログは純度の高い自己満足で構築されています。
必然的なヒストリー



妙なサブタイトルだと思いました。タイトル名が「文」になっていることは珍しくはないと思うのですが、何だかなあ。

そして、何よりも。トメグループが一気に寂しくなりました
こうして見ると、今年の大河ドラマはそこまで豪華キャストで布陣しているわけではないのだな・・・と思ってしまいます。真野響子、涼風さんすら出てこないとは。OPクレジットの為に顔だけでも出演させておけばいいのに。

今回の主役は島津斉彬
島津斉彬といえば、国旗として「日章旗」デザインを提案したことで有名で、他にも洋式軍艦を造ったりと欧米列強と対等に渡り合う基礎を築き上げようとしていました。
今回の彼には世界に対する先見性を垣間見る事が出来ませんでしたが、今後その能力がドラマでどのように描かれるのか今から楽しみです。

他は、まあ、特に心残るシーンはありませんでした。
敢えて言うならば。
島津四家とあれだけドラマで語っておきながら、斉彬謁見シーンで2家しか出てこなかったのには笑いました。残りの2家もちゃんと描いてやれ。
見ていて面白かったのは長塚京三さんの変なコントだけでした。長塚さんと宮崎さんのやり取りを見ていて、どこの学園ドラマかと思ってしまいました。

あと、勘違いしていたのですが大久保さんの謹慎はまだ解けていなかったのですね。どれだけ展開が遅いのだ、このドラマは。

1ヶ月見続けての感想。
姫様はさながら「エジソンの母」に出てくるあの子供みたいですね。正論を吐くのだけれども、時と場所を選ばずに感じた事・思った事を口に出してしまう性格はそっくりだと思いました。
しかしながら。周囲の空気を気にせずに質問できるのは、子供の特権だと思うのです。今回姫様が言ったことを、例えば榎木孝明(の役)が言っていたら、違う展開になっていたことでしょう。
姫様は「子供の特権」を利用して、どんどん自分なりの考えを持ち、成長していって欲しいです。


次週のタイトル。
「日本一の男」
わけが分かりません。



コメント ( 8 ) | Trackback ( 19 )



« 【篤姫レビュ... 【篤姫レビュ... »
 
コメント
 
 
 
見ててヒヤヒヤする娘やなぁ。 (がてう)
2008-01-27 21:26:08
ドラマは今は、交響曲の序奏が終わって第一主題に入ろうかなというところでしょうか。
今日も脈絡のない感想をぐだぐだと。

島津斉彬に謁見する練習は確かに笑えました。でも、実際にあればこんなにほのぼのしないと思うけど。
ストーリーの展開を考えたら、お由羅さんはひょっとしたらもう退場?何だかもったいないような気がする。
ラストで篤姫に惚れた奴が出てきましたが、コイツ誰やねん?と思ってWikiを見たら島津右近、のちの島津久治だとか。初めて聞く名と思いさらにWikiを見たら・・・なんか情けな~い感じの人物、あの俳優さんの演技がそれを示唆してたなぁ。
あと、哲姫役の娘、いったい誰?と思いこれもWikiを引いたら、う~ん、初耳だ。
どんな娘かはぼちぼち調べよう。
 
 
 
右近登場! (琉河岬)
2008-01-27 22:07:15
がてうさん、こんばんは!

>島津右近、のちの島津久治だとか
彼は原作ではダメ男の代名詞みたいな扱いをされていました(笑)。私のイメージでは劇団ひとりとか阿部サダヲ辺りがいいな~と思っていましたが、今回出てきた俳優さんもいいダメップリを発揮してくれそうで次回が楽しみです。
まさか彼の事を「日本一の男」と言っていたりして・・・。

>お由羅さんはひょっとしたらもう退場?
斉彬死亡前後に登場する可能性はありそうです。あのキャラがアレだけで終わらないような気がします。というより登場して欲しいですね~。
 
 
 
全くその通りなんですけど (なおみ)
2008-01-27 22:10:27
琉河さん、こんばんは。
>他は、まあ、特に心残るシーンはありませんでした。
そうなんですよね・・・ホント「突出」したエピも何も無いんで「だーっ」と筋だけ追ったレビューになっちゃて(笑)
昨年の大河に比べて「アクセス数」も激減ですよ(苦笑)

>次週のタイトル。
「日本一の男」
わけが分かりません。
・・・まあ大分慣れましたけどね。昨年は書いていて「燃え尽きたぜ」ってカンジでしたから・・・スゴク楽ですよ!
 
 
 
よく言えばほのぼの・・・ (琉河岬)
2008-01-27 22:16:31
なおみさん、こんばんは!

今回はちょっと退屈な回でしたね~。こんな話で一話使うのならば、お由羅騒動をもっと引き延ばせばいいのに・・・と思ってしまいました。

>スゴク楽ですよ!
ああ、何だか分かります!
私なんか去年と比べてレビューを書き上げる時間が半分以下になりましたよ。
 
 
 
今回の「心に残るシーン」 (麦わらぼうし)
2008-01-28 15:23:38
今回、私の心に残った(?)シーン。
於一の兄ちゃんに「ちょっと手洗い、すぐ戻る」と言いながら、於一から話を聞いたとたん「大久保さんに知らせなきゃ!」と、飛び出して行った尚五郎。
大久保さんちに着いた時点ですでに夕暮れ…
於一の兄ちゃんはその間、ず~~~っと待っていたのだろうか…
こんな話の進行上どうでもいい事がすごく気になったりします

 
 
 
残された者の挽歌 (琉河岬)
2008-01-28 22:02:45
麦わらぼうしさん、こんばんは!

>於一の兄ちゃんはその間、ず~~~っと待っていたのだろうか…
自分より格下の者には厳しそうに見えて、実は人が良さそうなお兄さんですから、日が暮れても尚五郎の帰りを待っていたに違いありませんて!
もしかしたら、1時間過ぎた辺りからベソをかき始めたかもしれませんよ。
 
 
 
Unknown (姫だるま)
2008-01-29 10:47:12
哲姫役の吉高由里子さんは、蜷川幸雄監督の映画「蛇にピアス」の主演女優で今年注目の19歳です。
が、姫様にしてはちょっと舌足らずな台詞回しでしたね。それともおにいちゃん共々そういうキャラクター設定なのかな?

今回一番驚いたのは久光にはこんなに大きな子供がいたのかということです。部屋住みの次男坊かと勝手に思い込んでいたのですが、四家の当主だったのですね。
 
 
 
哲姫について (琉河岬)
2008-01-30 21:19:37
姫だるまさん、こんばんは!

哲姫は久光が22歳の時の子供で、作中ではおそらく10代前半だと思います。しかも、篤姫よりも年下なんです。
吉高さんは宮崎さんよりも大人っぽく見える方なのでちょっと不思議な感じがしますよね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
篤姫・第4話 (ブルー・カフェ)
NHK大河ドラマ「篤姫」 (カドカワムック 263 別冊ザテレビジョン)角川ザテレビジョンこのアイテムの詳細を見る 篤姫第4話です。若々しさに欠ける藩主桃太郎と於一(後のあっつー姫)がいよいよ対面です。 【民の英雄】 お家騒動により甚大な被害をだした薩摩。ようやく...
 
 
 
大河ドラマ 「篤姫」 名君怒る (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
篤姫が江戸に行くきっかけになる斉彬との対面です。
 
 
 
『篤姫』第4回「名君怒る」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
2008年『篤姫』第4回。。今回は於一の勇猛ぶりといか。。そして島津斉彬の名君ぶりと。。それがよく描かれた回でしたね。意外と、こういう回って、大河ドラマでは退屈になることが多いんだけど。。2008年大河ドラマ『篤姫』 第4回 「名君怒る」  原作 … 宮尾登美...
 
 
 
篤姫 第4回「名君怒る」 (あしたまにあ~な)
斉彬が薩摩藩藩主となって、お国入りしても一向に動きがないことに対して、だんだん藩士たちの不満が高まっていきます。 これ以上は暴動に...
 
 
 
篤姫 第4回「名君怒る」 (バレルオーク)
「君臣力を合わせれば、乗り越えられぬ事はない」斉彬の本心と言うよりは、君主らしいお言葉です。本当に君臣が力を合わせられたならば、それは凄い力ですね!「そなたのもちろんは恐ろしいのじゃ」本番前の緊張感、於一も同じ、斉彬の迫力理論だった説明に於一もたじたじ...
 
 
 
大河ドラマ「篤姫」 第4回「名君怒る」 (風のうわさ)
斉興にかわって、薩摩の新しい藩主となったのは 島津斉彬! 父親を隠居させ、次男を擁立する動きを阻止して、人望の厚い長男が跡を継ぐ・・・というパターンは、去年の風林火山にもありましたね。あのときの緊張感に比べれば、今回は まことに穏便にことが進んで、なん...
 
 
 
篤姫 第4回 名君の政 (レベル999のマニアな講義)
内容嘉永4年5月8日島津斉彬が、藩主となり初めてのお国入りをした。お由羅騒動のこともあり、斉興派は、戦々恐々。斉彬派は、自分たちの処分が解け、斉興派に処分があると思っていた。しかし、、、処分はなく、そして赦免もなかった。いらだつ若き藩士たち。それは斉彬...
 
 
 
篤姫#4 (MEICHIKUえんため・ぶろぐ)
今回の物語は、藩主となった斉彬がお国入りするところから始まる。そして於一が斉彬と対面するということで、これまでのホームドラマが大きく動くことになる物語であったはず。が、1年という長尺のドラマということもあるのか、その大きな動きの前半という感じの物語でし...
 
 
 
篤姫第4回「名君怒る」 (さくら色通信)
「篤姫」早くも4回目となりました。今回のメインイベントは斉彬家のパーティ(?)に招待されたこと。お転婆娘ゆえに父上から当日の特訓を受けますが、結局練習どおりにはせず、色々正直に答えてしまった上に政治のことを色々質問攻めしてしまうのでした。。。しかし、こ...
 
 
 
篤姫~第4話・争いが争いを生む! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
篤姫ですが、島津斉彬(高橋英樹)が薩摩藩の藩主に就任し、斉彬派の人々はおおいに期待します。逆に斉興派の人は報復人事に戦々恐々ですが、斉彬の所信表明演説は「民の生活を第一に考える」ということです。斉彬は具体的に米倉を解放して米価を下げるなどの政策も行い効...
 
 
 
篤姫 04「名君怒る」 (はざまの欠片)
今回はお国入りした斉彬(高橋英樹)に於一(宮崎あおい)が初のご対面! でした。 あれほど粗相のないよう父上から挨拶をレクチャーされたというのにー! ホントにまぁ、すごか姫です。ちょっとだけ菊本の気持ちがわったかも(笑)。 桃太郎侍はさすがのお殿様ぶり。あ...
 
 
 
篤姫4 日本一不運な女性ってホント? (ぱるぷんて海の家)
昨日テレビで「天璋院篤姫は日本一不運な女性」と言ってました。 結婚式は二度延期になり、嫁姑問題で悩み、故郷にも裏切られ、尚かつ最期は所持金もほとんど無かったとか・・・。 などと云う歴史のお勉強に関係なく、篤姫は云いたいことを云い、聞きたいことを聞く天...
 
 
 
篤姫(1月27日) (今日感)
名君・斉彬のこころが読めない薩摩家中。
 
 
 
「篤姫」第4回 (日々“是”精進!)
第四回「名君怒る」お家騒動の末にようやく藩主となった斉彬が薩摩に入り、米価の改革などに積極的に取り組み始めた。忠教の藩主就任を画策した一派は、どのような処罰が下るかとおびえるが、何の処分もないままに日が過ぎる。一方、西郷ら若い藩士は大久保が赦免されない...
 
 
 
篤姫(1月27日放送) (のたまふ)
第4回/名君怒る お家騒動の末、ようやく藩主となった斉彬(高橋英樹)が薩摩にお国入りし、米価の改革などに積極的に取り組む。忠教(山口祐一郎)の藩主就任を画策した一派は、斉彬からどのような処罰が下るかと怯えるが、結局何のお咎めもないままに日が経つ。 そして...
 
 
 
名君・斉彬!! (函館 Glass Life)
折角斉彬が藩主になったのに大久保らには 赦免の沙汰が中々降りません{/hamster_6/} 西郷らの苛立ちも尤もなのですが… 忠教を藩主にと画策した面々は針の上の筵 状態ですね。 こう云う時は、いっそ何らかの罰が下った 方が楽かも知れません{/down/}{/down/} 一方、於一...
 
 
 
★於一は人気者♪・・「篤姫4」 (・*:・ふわゆら生活・:*・)
今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみます~大河ドラマ「篤姫」斉彬さま。。かなりの大物らしい。。でも。。処分されるべき人たちに何の処分もない・・さらに大久保たち放免されるべきものたちになんのご沙汰もないことで回りがいらだっていくぷぷぷ...
 
 
 
篤姫「名君怒る」 (森の中の一本の木)
 なんだか、今回もあっと言う間に終わってしまいました。   {/note/}斉彬のお国入りで、斉輿一派に咎めがあり、流刑や謹慎などの憂き目にあっている者に赦免がおりるものと思われたが、何の咎めも音沙汰もなかった。 ―それは、なぜか。 苛立つ西郷たちは、尚五郎に...
 
 
 
篤姫「名君怒る」 (ありがとう!、あてつけじゃないよ。)
篤姫「名君怒る」 斉彬「力とは何であると心得る?。力は力を呼ぶ。腕力には腕力。武力には武力で人は応じようとする。だかそこで生じるのは憎しみばかりじゃ。憎しみは互いの心に憎しみを生み。それが更なる争いを生む。罰を与えるのは容易い。だが、刃を突き出せば必ず...