クソムシが歴史系映像の感想を書いたり、妄想キャスティングしています。このブログは純度の高い自己満足で構築されています。
必然的なヒストリー



日本史史上、有名な部類に入るであろう桜田門外の変がメインであった今回。
『歴史イベント』がサブタイトルになるのも久々な気がします。

序盤、前回で出番終了だと思っていた幾島が今度こそ江戸城から退去。
松坂慶子、退場の仕方が歯切れが悪いというか、中途半端というか・・・。
先週で退場していた方が『境目』がクッキリしていて良かったのですが。何も「幾島退場イベント」を「桜田門外の変」「勝海舟初お披露目」の回と抱き合わせにしなくても・・・。
こうして3週にかけて引っ張った幾島退場劇は尻すぼみな形で幕を閉じました。

入れ替わるように北大路欣也さんが登場!
流石に勝海舟役として「あの犬」が出てくることはありませんでした。
それにしても、北大路と松田翔太・・・。この2人が並んでいると、かのライアーゲームが思い出されます。懐かしいですね~、秋山さん。家茂様には是非とも「この航海術には必勝法がある」と決めゼリフを言って欲しかったところ。
小林勝也、風林火山にも出演してましたね。地味に2年連続出演ですか。しかもさり気にピンクレジット。

一方、薩摩では。
有馬新七を中心とした素浪人軍団が水戸藩士と結託し、井伊暗殺を目論見ます。時ここに至りて最早命は惜しくないと、新七がいきなり「我が生涯に一片の悔いなし」とラオウの名セリフを吐いたところで、大久保から「待った」の一言が!
ここに大久保、伊地知、有村俊斎、有馬を中心とした「精忠組」が結成されました。この「精忠組」の伏線は物語での2年後に回収されます。

薩摩でも、こんな調子なのですから日本全国で「反井伊運動」が展開されています。特に活発なのは言わずもがなの水戸藩。前藩主の永蟄居に立腹した水戸藩士は・・・。
ってあれ?何か「今回の事件」に関する最重要人物がスルーされている様な気がするのですが、琉河の気のせいでしょうか・・・。(ついでに言わせていただくと勅状の件も無かった事になっているような)
そして、1860年3月3日。
桜田門外にて一発の銃声が!
大老・井伊掃部頭直弼、桜田門外にて暗殺されます。享年、46。
掃部頭という官職の名に宜しく、開国を断行し日本を大掃除しようとした男は性急過ぎた政策の為に命を落としたのでした。この人の行った政策についての評価はいまだに分かれるところでしょう。

ところで、今回。
やっぱり出たのが
「敵役同士だけど、死ぬ間際ではお互いを認め合いますよ」
的な展開。
なんだ、あの茶の湯のシーンは。
おい、梅雀。お前は仮にも井伊直弼だろ。井伊を演じる上での『覚悟』が足りん。このドラマの中では“大悪党”に該当するポジションなんだろ。
一服盛って、小うるさい大御台を闇に葬とか、それが無理ならカビの生えた葉で茶を点てるとか、便所から汲んで来た水で湯を沸かすとか、そういう嫌がらせぐらいしろよ!それでも男か!
「己の信念を貫いた結果」とか「攘夷という名の下に帝に近づく者たちを・・・」とか、そういう正義の観念は井伊直弼にはいらないと思うのですよ。琉河的には、このドラマにおける井伊直弼の『役割』は大量殺戮者でいいと思います。
なんか「西川史子は高飛車キャラだけど、素は良い人」みたいな印象を受けた茶の湯シーンでの井伊直弼。ガッカリだ・・・。
このドラマにおける井伊直弼は最期まで悪人のまま横死を遂げました、で良かったのよ。それこそ、前回の長門裕之・昇天シーンみたいにね。

で、篤姫。
3月3日だから桃の節句
今回から本登板となった中嶋朋子らと甘酒を飲んでる最中。
篤姫達桜田門外の悲報が届く!
篤姫が一言。
「もっと時間があれば分かり合えてた人物でした」
って。アンタはどんな悪人でもラストは美談で締め括る「知ってるつもり?!」の関口宏か!
ちょっと計算が働いたんだよね、篤姫ちゃん。
ライアー秋山さんの前で「直ちゃんキャラ」を演じてみたかっただけだよね、篤姫ちゃん。
素で言ってるのなら、どこまでお人よしなのかと問い詰めたくなるところ。
と、なんとここで篤姫の目から涙が。
彼女はおそらく泣き上戸。

で、文句ついでにもう一つ。
ジョン万次郎。忘れた頃に出てくるのはいいけど、今更余計な事を言うなよ。アナタのせいで小松帯刀の“覚悟”が水の泡に。


次回、老中・安藤信正、そして岩倉具視らの策略により「和宮降嫁」が実現。
ついに篤姫、最大のライバル「皇女・和宮」が登場!
そして井伊亡き後、薩摩は遂に幕府の核にならんと中央政界へと進出し始めます。
次回からの新章。どうか、お楽しみに!



コメント ( 16 ) | Trackback ( 26 )



« 【篤姫レビュ... 妄想キャスト... »
 
コメント
 
 
 
こんばんわ (くう)
2008-08-10 22:40:20
そ~なんですよね~。。。
何で、こんな時にこんな様々なエピソードを
抱き合わせに~(?_?)
。。。で、イマイチ集中力に欠ける回でした。

そっか。。。ライアー繋がりね。
って事は、和宮はナオちゃんの方が良かったかな(^^;)
でも堀北真希ちゃんも楽しみですね♪
 
 
 
そっかー (なおみ)
2008-08-10 22:42:34
琉河さん、こんばんは。
そっかー流河さん的にはがっかりなんだ・・・(><)
ワタシ的にはなおすけの「可愛らしさ」が炸裂していたんですが。

>「もっと時間があれば分かり合えてた人物でした」
あ~実はワタシもあっつーと同じこと考えました。しかし彼女はなおすけが入れた「美味しいお茶」に目が眩んだんだと思います。かつてはダーリンが作った「美味しいお菓子」に目が眩んだみたいに。

それにしても、勝海舟のお土産って「ジョン万次郎」かと思いましたよ!うら若い未亡人になんてもん送るんだ!?て。
 
 
 
確かに忙しい (しよ)
2008-08-10 23:21:22
こんばんは。

確かにネタ満載で入り込めん気がしました(苦笑)
オープニングで『松坂慶子』の名を見たとき、あれ??と思いました(笑)
実はこっそり大奥に居座っちゃう系!?みたいな。

皆さんの恐れていた、井伊殿、悪人に徹しきれず・・・。
篤姫の素晴らしさをふんだんに表した感じがして、わたしは心和みました。
ああやって悪人にをも改心の道へいざなうのかと。

思いっきり善人になる前にお亡くなりになられたので、琉河さん、多目にみてあげてください

ライヤーゲーム、ナツい!!
また見たいですね。
ナオちゃんの和宮、それもよさそう!
 
 
 
直ちゃん (琉河岬)
2008-08-10 23:44:02
くうさん、こんばんは!

松坂さんの退場ぶりには驚きました。
直弼が主役の回で松坂さんの最後の花道を描くとは・・・。私が松坂さんの立場だったら、間違いなくスタッフに怒鳴りつけるところでした。(笑)

>和宮はナオちゃんの方が良かったかな
なるほど!
和宮が篤姫に嫁入り道具を騙し取られて「家茂さ~ん」と泣きつく展開に!あれ、篤姫が悪役に・・・。

>堀北真希ちゃんも楽しみですね
満を持しての登場ですものね!宮崎さんとの競演が楽しみです。
 
 
 
予定調和的な退場の仕方が残念かも (琉河岬)
2008-08-10 23:52:09
なおみさん、こんばんは!

>そっかー流河さん的にはがっかりなんだ・・・(><)
せっかく悪役の地位を確立したのに勿体無い、という意味でのガッカリです。キャラ設定が大河ドラマ伝統の予定調和みたいになっていたのが、なんとも・・・。
井伊直弼を狡猾かつ豪胆、しかしながら無二の忠臣を誓う人物として描いていれば(例えば平幹二朗みたいに)、また違っていたのかなと思ってみたり。
 
 
 
大奥の主・幾島 (琉河岬)
2008-08-10 23:59:03
しよさん、こんばんは!

>実はこっそり大奥に居座っちゃう系!?みたいな
次週も出てきたら、流石に笑っちゃいます。何回、別れの挨拶をしたら気が済むんだ、とツッコミが入る事は間違いなさそうです。

>ああやって悪人にをも改心の道へいざなうのかと
篤姫の聖なるオーラは大量殺戮者・井伊直弼(あくまで、このドラマでのキャラ設定)をも善人に変えてしまうのですよね~。次のターゲットは岩倉具視辺りでしょうか(江戸から京へオーラを飛ばします)。

>ナオちゃんの和宮、それもよさそう!
戸田さんの和宮も似合いそうですよね!民放で演じる日も遠くないかもしれませんよ!!
 
 
 
Unknown (姫だるま)
2008-08-11 11:12:13
裏でオリンピックの中継をやっていたにもかかわらず、昨夜の視聴率も26%。
ホントに、もう怖いものなしですね。

かくいう我が家は、柔道・サッカーを観ていて、チャンネルをかえた途端に桜田門外の変。
交互に映る井伊直弼と天璋院のショットに、「さては、某民放でやってた篤姫=暗殺黒幕説か?」と膝を乗り出したのですが、さすがにそんなことはなく。
お雛様の顔も何か不気味で、なかなか面白いシーンでした。

あのオチの為に、井伊役が本来善人顔の梅雀さんだったのかな?

次回から堀北真希ちゃん登場。
宮崎あおいちゃんとは対照的な、固い雰囲気が出てて、楽しみです。
 
 
 
今回、一番インパクトがあったのは… (麦わらぼうし)
2008-08-11 15:08:40
本編よりも予告編でした。なに?あのブサイクな和宮は!(←表現が悪くてすみませんが…)

いえ、堀北真希ちゃん本人は可愛いと思います。ただ、あまりにも「おすべらかし」の髪型が似合わなすぎて…
今後、そのビジュアル上の違和感を吹き飛ばす程の演技を期待しております。
 
 
 
桜田門外の変質者 (がてう)
2008-08-11 18:11:35
快く思ってなかった井伊直弼を見直した篤姫、たしか調所広郷のときもそんなパターンでした。
さて、天璋院には井伊や調所よりも近しい人物で非業の最後を遂げるのが約二名います。
同様に「おいどんは自分の役割をば果たしただけでごわす」なんて手紙を書かせたりするんでしょうかねぇ。
島津久光の手紙で涙ながらに井伊襲撃を思いとどまる精忠組の面々、どうしてこのドラマに出てくる連中ってこうも単純なひとが多いんだ?
天璋院が日本ではじめてミシンを使った人物と言う話し、この作品では端折ると思ってました。
でもWikiではジョン万次郎がアメリカからミシンを持って来たのは1860年とありました、帰国直後か、忙しいのう、ジョン万よ。
予告編の和宮、小生も麦わらぼうし様と同じような感想を抱きましたがおそらくプロデュースしたのは桐谷修二と草野彰でしょう(お粗末)

江戸城の警備って、門の外側は我関せずだったんでしょうねぇ、挙動不審のものがいてもほっといてたんでしょうねぇ、だから復讐に萌える水戸藩士はああいう挙に出られたのでしょう。
それにしても次の「変」の犠牲者がさりげなく登場してましたな。

> あの犬
一瞬何のこっちゃ、って思いましたが・・・そう来るんですカイ。

> 精忠組
こう表記するんですよね?テロップで「誠忠組」ってなってましたが。
またNHKのスタッフが間違えたか。

あと、先週の涼風真世さんのギャグの件、ご教示ありがとうございました。
「涼風真世 奇兵隊」でググればよかったかも。
 
 
 
せめて悪役らしく (カザミレン)
2008-08-11 18:34:16
>このドラマにおける井伊直弼は最期まで悪人のまま横死を遂げました、で良かったのよ
よくぞ言ってくれました!
予想通り、死ぬ直前に井伊直弼の良心的な面を強調してたね。井伊直弼の子孫の方々に配慮したんですかね。
やっぱり、なんだかんだ言っても勧善懲悪が受けるこの世の中。特にフィクションが多い篤姫では、それを望む視聴者も多いと思います。
篤姫と井伊の政治的思想は平行線のままラストに向かってくれた方が盛りがったよね多分。
 
 
 
ダウト! (MONO)
2008-08-11 23:51:25
ここでは初カキコですね
今までは敷居が高そうな感じがしたので躊躇っていましたが、ここ最近で琉河節が炸裂してされている様に感じられましたので思い切って書き込みをば。

俺も見ましたよ、桜田門外の変
タバコふかして地団駄踏みながらドラマを見ている琉河さんを想像してしまいました。

松田翔太がどう見ても純朴な青年に見えません。。何か腹に一物抱えているような感じがします。小池徹平くんが演じてくれてたら嬉しかったです。

堀北ちゃんは京風貴族の衣装が似合いますね。でも美女かと言われると…、これ以上のコメントは控えておきますね

では、「スーパー ×××××(伏字)リーチ ラリホー」ということで!失礼しました。
 
 
 
視聴率高すぎ! (琉河岬)
2008-08-12 03:05:23
姫だるまさん、こんばんは!

>昨夜の視聴率も26%
この数字を叩きだせる「篤姫」は素直に凄いと思いました。強すぎますね、このドラマ。

>「さては、某民放でやってた篤姫=暗殺黒幕説か?」
受け止め方によってはそれを匂わせる構成でしたよね。滝山の報告の後に宮崎さんがニヤリと笑うシーンがあれば決定打だったのですが(笑)。個人的には『黒い面も持つ篤姫』も見てみたいんですよね。

>井伊役が本来善人顔の梅雀さんだったのかな
私もそう思います。でなければ、威圧感や迫力(例えば松方弘樹や梅宮辰夫みたいな)がなくて好々爺的な梅雀さんがキャスティングされる事は無いと思いますから。
 
 
 
言っちゃった!(笑) (琉河岬)
2008-08-12 03:17:56
麦わらぼうしさん、こんばんは!

>なに?あのブサイクな和宮は!
あ、言っちゃった!!
しかも当たってるし(爆)。
私が思うに、本当に可愛い子ならあの髪型も似合うと思うのですが・・・。現に若村麻由美さんは・・・、おっと、このブログの存続が危ぶまれるので、ここら辺で止めておきます。

>今後、そのビジュアル上の違和感を吹き飛ばす程の演技を期待しております
ナイスフォローです!
そうですよね。女優は外見よりも演技力が大切ですよね!!
もしかしたらNHKは外見だけで判断するような視聴者には見てもらいたくないという意図を持っているかもしれませんし。
 
 
 
おいもは死すとも視聴率は死せず (琉河岬)
2008-08-12 03:27:38
がてうさん、こんばんは!

>同様に「おいどんは自分の役割をば果たしただけでごわす」なんて手紙を書かせたりするんでしょうかねぇ。
西郷どんと大久保卿ですか?それか有馬新七さんや有村(弟)さん?
西郷はともかく大久保はそんな柄じゃないですよね~。でもそれを成し遂げてしまうのが、今年の『篤姫』ですからね~。


>次の「変」の犠牲者がさりげなく登場してましたな
『清河八郎』の時は死んでしまいましたが、今回は上手く逃げる事が出来そうですね(笑)

>一瞬何のこっちゃ、って思いましたが・・・そう来るんですカイ
樋口さんも出演してますし・・・。後は、あの黒人と上戸彩さんが揃えば・・・。

>「涼風真世 奇兵隊」でググればよかったかも
もう10年前のネタですから。軽く流して下さいませ(笑)
 
 
 
杉良太郎と中村梅雀 (琉河岬)
2008-08-12 03:35:49
カザミレンさん、こんばんは!

>井伊直弼の子孫の方々に配慮したんですかね。
その方面も考えられますよね。井伊直弼は地元じゃ名君ですし。
でも個人的には「吉良上野介」みたいに史実とは違っていても、胸をスカッとさせてくれるような描き方もして欲しかったな、とも思ってみたり。

>勧善懲悪が受けるこの世の中
私も同感です。徳川慶喜での杉良太郎演じる井伊直弼は見事なまでの悪役ぶりでした。それだけに桜田門外の変も見応えがありましたし。
田向脚本とはドラマの方向性が違うのが原因なんでしょうね~。
 
 
 
どうぞ、どうぞ (琉河岬)
2008-08-12 03:49:52
MONOさん、こんばんは!

>今までは敷居が高そうな感じがしたので躊躇っていましたが
ブログ名が若干堅いですかね~。中身は「ヒステリー」気味な人が吼えてたり、勝手に妄想キャスティングを垂れ流してるだけのブログですから、お気軽にどうぞ。

>タバコふかして地団駄踏みながら
私はタバコも吸いませんし、地団駄も踏んだ事がありませんが、何か?(笑)

>松田翔太がどう見ても純朴な青年に見えません
確かに!今までドラマで演じてきたキャラもありますが、声と顔立ちがどうにも純朴には見えませんよね。家持役ならば私も小池徹平さんの方が似合うと思います。
でも小池さんが出てしまうと宮崎さんより可愛くなっちゃいますから、それはそれで問題が(笑)

>でも美女かと言われると…、これ以上のコメントは控えておきますね
下手に「美女」をキャスティングしてしまうと宮崎さんの存在が・・・。おっと、ブログの存続が掛かっているので・・・。

>「スーパー ×××××(伏字)リーチ ラリホー」
一瞬、何事かと思いましたが、「凍牌」ですか。ならば、是非勝手に生きて勝手に死んで頂きたい。後、カツサンドの油に注意して下さいね。
というか、せめて持ってくるならアカギにしましょうよ。私を『凍死』させてどうするんですか(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
篤姫「桜田門外の変」 (ありがとう!、あてつけじゃないよ。)
篤姫「桜田門外の変」 篤姫に晩年まで付き従うと思ってた幾島が退場{/m_0170/}。 わたくしは…手がかかるぞ!って、次の老女も大変です(汗){/m_0199/}。 大老井伊「この国を治めるのは誰なのか。今は力をもって知らしめなければなりません。」 家茂「しかし、人心を掴...
 
 
 
篤姫・第32話 (ブルー・カフェ)
『さらば大老!』(※ikasama4さんより募金) 遂に「その時歴史が動いちゃった」・・・「桜田門外の変」です! よくよく考えるとちょっと「ヘン」なネーミングですね。「桜田門」に「外」が付いていて「変」・・・変(ぼそ) 「城内に入れなかった」ってことで「外」な...
 
 
 
【篤姫】第三十二回 (見取り八段・実0段)
公方様は彼の者が点てた茶を飲まれたことはありますか。これから手を携え、解り合えたかも知れないのに・・・安政七年三月三日、大奥で花の祭りが行われていた時、大老・井伊直弼は桜田門の前で、水戸の浪士に襲われ殺害された。首を上げたのは、薩摩の者だった、と滝山は...
 
 
 
タイトル (写真で楽しい生活)
あんまり記事のタイトルにへんな意味のない名前をつけるのはやめにしようかな
 
 
 
篤姫#32 (MEICHIKUなんでもぶろぐ)
確かに、今回の物語には「桜田門外の変」が描かれているが、相変わらず各回のサブタイトルに誤りがある展開ですね。後半の重要人物・和宮が登場するまでのつなぎという感じで、そこまでにやっておかなければならないことを詰め込んだという感じでした。よって、今回は主眼...
 
 
 
大河ドラマ「篤姫」第32話「桜田門外の変」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
いよいよ桜田門外の変!!最後までイヤなおじさんで終わってしまうのかと思いきや、今回は井伊のいいシーンが出てて、少しだけ和解した感じ。最後にほろりとさせてくれました(^^)しかしなんだかんだ言いつつ今回は色々なところで動きがありましたね~。ついに今日は幾...
 
 
 
篤姫 第32回 遅すぎた理解 (レベル999のマニアな講義)
『桜田門外の変』内容井伊直弼が行った弾圧。安政の大獄それは、幾島に別れの決断を確認させるに十分であった。そして幾島が大奥を去る日。天璋院『私は長い間そちが嫌いであった幾島『私もあなた様には、ほとほと手を焼きました幾島から、斉彬から預かっていたという薩摩...
 
 
 
第32回「桜田門外の変」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
井伊直弼は、安政7(1860)年3月3日…江戸城桜田門の前にて、水戸や薩摩鹿児島といった各藩出身の浪士らに襲われ、その46歳の生涯を閉じた。世に言う桜田門外の変の顛末だが、その事件が勃発する実に5年も前から自らの身の危険を察してのことだろうか、自らの戒名を自らの手...
 
 
 
篤姫(8月10日) (今日感)
天璋院VS直弼
 
 
 
篤姫 第32回「桜田門外の変」! (バレルオーク日記)
<“誠忠士の面々へ”!>「私は長い間そちが嫌いであった」「私も貴方様にはほとほと手を焼きました」気心の知れた天璋院様と幾島らしい最後のかけあいでした。「私は手がかかるぞ」天璋院様は重野というよい家来を得たようです。良い家来に恵まれるのは、父・斉彬譲りで...
 
 
 
大河ドラマ「篤姫」 第32回「桜田門外の変」 (風のうわさ)
まずは、幾島との別れのシーンから。 先週、さらば、といっておきながらも、まだまだ未練たっぷりなところが 幾島らしいですね。 勝麟太郎が、お土産を携えて 対面にやってきました。 将軍そっちのけで 天璋院とばかり話している勝。 天璋院に取り入るのが得策だと ...
 
 
 
篤姫第32回「桜田門外の変」 (さくら色通信)
安政の大獄が出たと思ったらもう桜門外の変。しかも来週の予告ではもう和宮が登場します。折り返し地点に来てなんだか展開が速いですね~。さて、幾島の件は先週の涙涙のシーンで終了したのかと思いましたが、まだ江戸城を去ってはいなかったのですね、今日は幾島が出て行...
 
 
 
NHK大河ドラマ第32回「篤姫(桜田門外の変)」 (よく考えよう)
桜田門外の変は起こるべくして起ったと言えよう。 あの薩摩にして番組において下級武士が決起する中、藩主久光からの下し置きで騒ぎが納まる程に主従の絆が揺ぎ無い時代に、水戸家に対する仕打ちを怒らぬ家臣が居よう筈も無い。 その時代を生きている直弼にそれが分らぬ...
 
 
 
『篤姫』第32回 (悠雅的生活)
 ~桜田門外の変~      
 
 
 
大河ドラマ:篤姫第32話「桜田門外の変」 (山南飛龍の徒然日記)
とても見応えのある回でしたね。これまでに放送された篤姫の中でも間違いなく上位に来る出来です。話の持って行き方といい、緩急のつけ方といい、江戸・薩摩の両方が立つ作りといい、今回はべた褒めな感じですよ(笑)家定様亡き後、些か心配でもありましたが、心配する必要...
 
 
 
「篤姫」第32回 (日々“是”精進!)
 第三十二回「桜田門外の変」天璋院は、ついに幾島との別れの日を迎えた。天璋院は別れのあいさつなどいらないと強がるものの、涙が止まらない。そのころ、幕府では蒸気船”咸臨丸”をアメリカに向け出航させる準備を進めていた。家茂と天璋院は、乗組員の勝と面会。一方...
 
 
 
大河ドラマ 「篤姫」 桜田門外の変 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
戒名を決めてまで政を行っていた井伊直弼。 それだけ強い意志で行っていたということでしょう。 その結果水戸藩・薩摩藩士に刺されることに。
 
 
 
「篤姫」32話 (ice-coffee)
「桜田門外の変」 ついにこのときが来ました。。
 
 
 
桜田門外の変!! (函館 Glass Life)
ついに幾島との別れの日が来ましたね{/sayonara/} 以前、幾島については紹介した事がありますので→こちら 『私は長い間そちが嫌いであった』と天璋院。 『私もあなた様にはほとほと手を焼きました』と幾島。 長い間苦楽を共にした二人らしい別れの言葉ですね。 もう一人...
 
 
 
篤姫~第32回・桜田門外の変 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
篤姫ですが、幾島(松坂慶子)が正式に大奥を去ることになります。幾島は、天璋院(宮崎あおい)に桜島の絵を描いた掛け軸を渡します。これは斉彬からの贈り物ですが、幾島や薩摩の思い出となります。(以下に続きます)
 
 
 
篤姫 第32話 『桜田門外の変』 感想 (メガネ男子は別腹☆)
[篤姫] ブログ村キーワード 上様が亡くなってからテンションだだ滑りだったんですが、久々に面白かったわ~! 井伊直弼と天璋院の腹の探り合いのような刺々しかった遣り取りが、茶の湯ひとつで少しずつ変化していく過程が実に面白い。
 
 
 
篤姫 第32回「桜田門外の変」 (みはいる・BのB)
先週で幾島さんとはお別れだと思ってましたが、今回が本当のお別れでした。(^^;;
 
 
 
『篤姫』第32回「桜田門外の変」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
殺されるべくして殺される井伊直弼。。幾島が大奥を去る日。それに際して「長い間、そなたが嫌いであった」と。。幾島は斉彬から預かったという鹿児島の絵の掛け軸を篤姫に。そして代わって重野が。井伊大老による安政の大獄。。幕府の維新をかけて。。しかし、人身を捉ま...
 
 
 
篤姫 #32 桜田門外の変 (ビヨビヨ素材日記)
大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)冒頭で幾島が去り、寂しくなるなぁと思ったのも束の間、薩摩の...
 
 
 
篤姫 第32回 「桜田門外の変」 感想 (くまっこの部屋)
安政七年(1860年)3月3日、ついにその時がやってきました!雪が静かに降る中、
 
 
 
篤姫「桜田門外の変」 (森の中の一本の木)
 「相棒」ファン様にしか分からないことだと思うのですが、この「桜田門外の変」と聞くと、「桜田門内の変」を連想してしまう・・・困ったものです。  幾島は去って行きました。去るものがいれば、必ず空いたところが埋まっていくと言うのが世の常でございます。重野...