クソムシが歴史系映像の感想を書いたり、妄想キャスティングしています。このブログは純度の高い自己満足で構築されています。
必然的なヒストリー



すっかり落ち着いて思慮深い佇まいとなった天璋院。その反面、大御台所としての強かさも身につけた天璋院。
物語の舞台は「安政の大獄」。今回は遂に、水戸の密勅に関わったとして星由里子と小朝師匠まで処罰されてしまいました。水戸の密勅・・・、結構引っ張るな~と思っていたら、この為の伏線だったのですね。

村岡は京都町奉行所の取り調べの後、江戸へ護送。
村岡はこの時、72歳。老齢でこの仕打ちはきついです。天璋院は幾島を通じて彼女に白の晴れ着を送ります。それに勇気付けられてか、村岡は取り調べ役の小悪党・藤木孝と論戦し、彼をやり込めました。しかしながら、村岡は無罪というわけにはいかず30日間の押込となりました。放免の後、京にて尊王攘夷運動を続けた後、維新後に北嵯峨へ戻り88歳でその生涯を終えます。

その頃、薩摩では。
暗闇指令こと島津斉興が逝去。
あまりにもアッサリした臨終シーンに不謹慎ながら思わず笑ってしまいました。前々藩主とは思えない臨終シーン。看取ったのがお由羅の方だけというのも笑えます。せめて久光と忠義ぐらいは居ても良いんじゃないのかね。
しかも最後のセリフが
「無念じゃ」
って…。どっかのアニメに出てくる悪役の断末魔じゃあるまいし。このドラマにおける斉興の立場が分かったような気がしました。
待てよ。いや暗闇指令のことだから、実は生きていたとかいう設定でまた再登場(声とシルエットだけ)してくれるに違いない。その時のクレジットは当然「長門裕之」ではなく「?」でね。
ちなみにお由羅はこの後、飛天御剣流を極め長州に渡り奇兵隊に入隊。剣の腕を桂小五郎(後の木戸孝允、明治政府参議・内閣顧問)に買われ「人斬り」として・・・(失礼しました)

江戸・大奥では幾島がその使命を終え、表舞台から姿を消そうとしていました。
江戸城入りしてからは弁慶的な立場で篤姫の楯となってきた幾島。
篤姫の立場が不利にならないように幾島は自ら消えることを決意。決意の背景には「篤姫はもう守られるべき存在ではない」と幾島が感じた節もあったのかもしれません。

こうして幾島は篤姫との涙の別れをした後、江戸城から退去。
それから幾島がどこへ行ったかというと……実はまだ大奥にいるのです(※1)

という展開で構いませんので再登場して欲しい人物であります。
この後の幾島の詳細は琉河にはよく分かりませんが、明治3年、東京で没したそうです。享年・63。


次週、天地ひっくり返る大事件、桜田門外の変が起こります。
天璋院と大老井伊の語らうシーンが予告で!
嫌な予感がします。大老井伊には悪役を最後まで全うして欲しいところ。(それこそ島津斉興みたいに・・・)

(※1)李さん一家より



コメント ( 16 ) | Trackback ( 24 )



« 心中 ~地獄変~ 【篤姫レビュ... »
 
コメント
 
 
 
さらばイクシマン (がてう)
2008-08-03 21:49:02
最近タイトルのネタのキレがなまくら刀になっているがてうです。
しかしまじめな話し、幾島は悟ったんでしょうね、思ったよりはるかに篤姫は大きくなったって。

冒頭の梅雀、いや井伊の笑い声何でんねん、下品やぞ(汗)
あと家茂のセリフ、なんか滑舌悪いなぁ、3年前の源義経を思い出したぞ。
先週「松陰スルー」って言ってくださりましたが、橋本左内もいつの間にやら首と胴体を別々にされてました、かわいそうに、麻聖くん。

> お由羅はこの後、飛天御剣流を極め・・・
すいません、奇兵隊でググったのですが意味が分かりません(汗)

> 暗闇指令のことだから、実は生きていた
> それから幾島がどこへ行ったかというと
NHK大河ドラマのことですからへーきでそんな設定もしてくるかも。

ところで金曜日に「関西の10ch」で放映されていたドラマでの、主人公の「小山田信有」と謎の男(多分「福島越前守」)の会話、先日6月15日のエントリーにあった、琉河様の弟さんの話しを思い出して笑ってしまいました。
 
 
 
そうなんですよね (くう)
2008-08-03 21:52:19
幾島は京で余生を過ごしたいような事を
言っていましたが、亡くなるのは東京なんですよね。
ずっと江戸城にいたのでは~。。。(^.^;)
私にとっても、また出てきて欲しい人です♪
 
 
 
夏はアッサリサッパリ (なおみ)
2008-08-03 22:38:32
琉河さん、こんばんは。

>あまりにもアッサリした臨終シーンに不謹慎ながら思わず笑ってしまいました。
このドラマはホントに「死」をあっさり扱いますよね。「あれ、死んじゃうの?」くらいにしか見ておりませんでしたが

>「無念じゃ」
って…。どっかのアニメに出てくる悪役の断末魔じゃあるまいし
そうそう!まだ執着があったんだ、ってビックリしましたね(笑)

>嫌な予感がします。大老井伊には悪役を最後まで全うして欲しいところ
どうもね~なおすけ自身は「あのノリ」で押し通すみたいなんですが、天璋院様はスグ「影響を受けやすいひと」じゃないですか?なおすけと、ちゃんとお話したら「われらと同じ赤い血が通っておったぞ!」とかなんとか言い出しそうなんですよね。
まあ五輪も始まるしね。今日のなおすけはちょっと「ゴルゴ13」みたいでカッコ良かったですしね
 
 
 
お邪魔します (しよ)
2008-08-03 22:42:00
いつも楽しく読ませて頂いてます。

この間民法の番組で、篤姫の話題のとき、和宮が登場する時期にも幾島がお付きの人だったんですが、実際はどうなんだ!?
とずっと気になっています・・・。
 
 
 
梅雀、悪役が板に (琉河岬)
2008-08-03 23:48:47
がてうさん、こんばんは!

>冒頭の梅雀、いや井伊の笑い声何でんねん、下品やぞ
私も下品だと思いました。梅雀さんがヒールな悪役を演じようとすると、単なる下品なオッサンになってしまうことが判明した瞬間でした(笑)

>> お由羅はこの後、飛天御剣流を極め・・・
>すいません、奇兵隊でググったのですが意味が分かりません(汗)
実は「るろうに剣心」という漫画で涼風さんが主人公の声優として出演されていたものですから、それと繋げてみました・・・。
その主人公が長州志士の設定となっていたものですからオタ心が動いてしまった次第です。
「るろうに剣心」でググって頂ければ、詳細分かって頂けると思います。

>NHK大河ドラマのことですからへーきでそんな設定もしてくるかも
幾島の再登場はともかく、死んだはずの斉興が普通に薩摩藩邸に戻っていたら、腰を抜かすと思います(笑)
 
 
 
幾島再登場はアリかも! (琉河岬)
2008-08-03 23:52:46
くうさん、こんばんは!

史実では幾島が江戸城を去るのは和宮降嫁後の1864年ですから、将軍継嗣問題の余波のほとぼりが醒めた頃に幾島がひょっこり戻ってくる展開もアリだと思います。
それに後半は「大物役者」がゴッソリと抜けてしまいますし・・。松阪さんを持ってこないと軽くなりがちな気がします。(北大路欣也は役柄上、毎回出演するとは思えませんし)
 
 
 
斉興、命果てるとも・・・ (琉河岬)
2008-08-04 00:00:03
なおみさん、こんばんは!

>まだ執着があったんだ、ってビックリしましたね(笑)
「どこまで強欲なんだ、このお爺ちゃん」と半分呆れてしまいました(笑)。ネタキャラとして最期まで存在感が光っていた事は尊敬したいですね~。
その反面、お由羅にすっかり毒気が無くなってしまった様なイメージが・・。お由羅にはもっと毒のある憎たらしい演技を期待したいです(出番がまだあればの話ですが・・・)

>なおすけと、ちゃんとお話したら「われらと同じ赤い血が通っておったぞ!」とかなんとか言い出しそうなんですよね。
井伊に言いくるめられて天璋院が勝手に勘違いしてくれる展開で済むなら良いのですが、
「直弼が改心して善人として第二の人生を歩みだそうとした矢先に、時既に遅く無念にも死んでしまった」なんて展開になってしまったら興醒めしてしまうかも。とにかく次回が私にとっての正念場です。
 
 
 
幾島の真実 (琉河岬)
2008-08-04 00:04:34
しよさん、はじめまして。こんばんは!
これからもよろしくお願いします。

>和宮が登場する時期にも幾島がお付きの人だったんですが、実際はどうなんだ!?
史実では1864年まで幾島は篤姫に仕えていた様なので、その番組は間違っていないと思います。
今回、幾島が退場したのは原作の内容がそうなっているからだと思います。

それにしても、ここ最近、某番組で「篤姫特集」を組む機会が目立ちますよね。便乗も程々に…、と思ってしまいます(笑)
 
 
 
脇役俳優好きの戯言 (天津風)
2008-08-04 05:54:00
何気に藤木孝さんピンクレでしたね…しかもたったあれだけの出番で。大林丈史さんや志賀廣太郎さんが3連名、4連名になることがある大河でピンクレは凄いです。これは立川三貴さんや片桐竜次さんのピンクレも夢じゃないかも…
 
 
 
斉興臨終 (姫だるま)
2008-08-04 11:26:35
私はお由羅の方の「いやあああ~っ」に思わず笑ってしまいました。
結構ラブラブだったんですね・・・

で、本題の幾島。
篤姫の影、というには立派すぎた感はありましたが、松坂さん従来のかしづかれる役から一変、老女役を熱演でした。

しかし、大河登場の度にガタイが良くなる松坂さん、私の脳内では「天地人」の阿茶の局役で出演交渉中(TBS「関ヶ原」京塚昌子→「葵徳川三代」三林京子→の系譜)です。
家康役は今回タヌキ度を大幅アップさせた梅雀さん?

松坂さん、長門さん、(多分)涼風さんに入れ替わり、来週は北大路さんが登場、クレジットも興味津々ですね。
 
 
 
ありがとうございました! (しよ)
2008-08-05 12:44:06
学生時代何を学んだのか・・・というくらい無知なので、頓珍漢を言うことが多々あると思いますが、どうぞよろしくお願いします

大河に全く興味がなかった私も、宮崎あおい効果か田渕さん効果か、篤姫は毎週欠かさず見ています。
他局で特集をやっていても見てしまいますが、大河と同じキャスティングならいいのに~とか(笑)

そして、どうやら私は琉河岬さんと同級生らしいんですが、我ながらあまりの歴史音痴さに呆れてしまいました(苦笑)
 
 
 
藤木孝、まさかのピンクレジット! (琉河岬)
2008-08-05 23:55:38
天津風さん、こんばんは!

>何気に藤木孝さんピンクレでしたね…しかもたったあれだけの出番で
私も驚きました!多くの視聴者にとってもサプライズな役者さんでもなく(失礼)、有名な役どころでもないのにピンクレジット。去年の「風林火山」ならいざ知らず、森田順平や矢島健一、大林丈史が連名で収まっているのに藤木孝さんの厚遇には正直「?」でした。
大林さんは次回の「桜田門外の変」で役柄的にピンクレジットになるような気がします。(大林さんは『change』のクレジットでも結構良いポジションを貰っていました)

片桐竜次さんのピンクレジットになったとしたら・・・。その回のレビューは片桐竜次一色の内容になると思います(笑)
 
 
 
年々、肩幅が広くなる松坂さん (琉河岬)
2008-08-06 00:04:45
姫だるまさん、こんばんは!

松坂さんってお年を召されるごとに肩幅が広くなっている様に見えるのですが、気のせいでしょうか。

松坂さんの「阿茶の局」は似合いそうですね。肝っ玉母さん系の役柄で秀忠に活を入れて欲しいですね!

>松坂さん、長門さん、(多分)涼風さんに入れ替わり、来週は北大路さんが登場、クレジットも興味津々ですね。
トメは北大路さんで決定だと思いますが、若村麻由美さん、鶴ちゃん、中村メイコ、そして生き残った(笑)稲森いずみさんのクレジットも気になります。見るのがとても楽しみです。
 
 
 
こちらこそ、よろしくお願いします (琉河岬)
2008-08-06 00:17:49
しよさん、またのコメントありがとうございます!

>頓珍漢を言うことが多々あると思いますが、どうぞよろしくお願いします
私も自己中で空気を読まない記事を多く書いているので、どうか見捨てずにこれからもよろしくお願い致します。

>大河と同じキャスティングならいいのに~とか
特に「篤姫特集」ばかりやっている船越さんの番組に言ってやりたい気分です。でも、もし実現させようとしたら予算の都合上、船越さんは当分ノーギャラになりそうですね(笑)

>どうやら私は琉河岬さんと同級生らしいんですが
私の同級生で「しよさん」と呼ばれていた人がいたので、一瞬驚きました!
バトンの時に年齢のヒントを書いてましたね。すっかり忘れてました~。
 
 
 
畏れ入り奉りまする (kiriy)
2008-08-06 09:42:37
こんにちは。
タイトルは、一つ前の「心中~地獄変~」でgooからのお返事の要約が琉河さんらしくて、さすが~と感心してしまったので、書き込んでしまいました。

井伊はやっぱりインパクト大ですよね。

先週はTB返しはないものと思っていましたが、いただけました。禁止ワードのフィルターはどうやって外れたのでしょうね。

濃いキャラだった斉興の臨終シーンは本当にあっさりしていましたね。かえって印象に残ってしまいましたよ(笑)

 
 
 
ブロガーへの大獄 (琉河岬)
2008-08-07 22:41:21
kiriyさん、こんばんは!

>gooからのお返事の要約が琉河さんらしくて
どうもです!
いやいや、根っからのヒネクレ者でお恥ずかしい次第です

>禁止ワードのフィルターはどうやって外れたのでしょうね。
結論から言うとフィルターを外す事は出来ません。
仕方がないので
① 「心中」という言葉を削除して記事をアップする
② ①の記事でTBを飛ばす
③ TBを飛ばした後、記事を元に戻す

かなり手間のかかる作業です。でもこんな抜け道がある以上、NGワードを設定しても無意味な気がしますね~。ブロガーの思想的な面から規制をかけるようなシステムが出来上がるといいのですが・・・。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「篤姫」第31回 (日々“是”精進!)
 第三十一回「さらば幾島」井伊の尊王攘夷派に対する取り締まりは厳しさを増す一方、家茂は天璋院に、井伊のしていることは正しいことなのかどうか分からないとこぼす。母親として家茂を元気づける天璋院をほほ笑ましく思いながら見詰めていた幾島は、少し寂しさも感じる...
 
 
 
篤姫#31 (MEICHIKUなんでもぶろぐ)
人員整理が進む中、今回は幾島の退場の物語です。(次が桜田門外の変で、その次からはいよいよ和宮登場ということで、遂に愛・舞の姉妹が出そろうことになります。)これまでの退場劇でも、篤姫の影となって共に歩んできた幾島はやはり別格扱いということで、たっぷりと見...
 
 
 
大河ドラマ 「篤姫」 さらば幾島 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
薩摩から付き添ってきた幾島とも今日でお別れ・・・。 中村梅雀、笑いすぎです・・・。
 
 
 
篤姫・第31話 (ブルー・カフェ)
只今「主役級」の扱いを受ける「福助」な「なおすけ」 (企画・制作:ikasama4さん) もはや「主役級の貫録」を見せ付ける「なおすけ」。主にジョシの間では非常に「好感度が低い」ワケですが、一方で「局地的に」非常に盛り上がっていたりもするワケでございます。 「...
 
 
 
篤姫31 1年のレギュラーよりも1回の伝説を!! (ぱるぷんて海の家)
今日は安政の大獄ひこにゃん編と言った趣バリバリなんだけど、どちらかと云うと井伊直弼(中村梅雀)をもっと見たかったなぁ。あの悪の笑いなどは、奥の深い腹黒さを垣間見たようでとてもよかった! それに 橋本左内と吉田松陰の処刑など見処語り処は満載 なのに、 ...
 
 
 
大河ドラマ「篤姫」第31話「さらば幾島」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
ふあ~はっはっはっ!!・・・ってのっけから井伊さんの高笑いが可笑しすぎなんですけどっ(>▽<)思わず吹き出してしまったじゃないかっ!!よかったお茶飲んでなくて(^^;) 色とりどり並んだ篤姫の内掛け。天璋院となった今、内掛けを皆に形見分けをしようと...
 
 
 
『篤姫』第31回「さらば幾島」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
2008年『篤姫』第31回。。安政の大獄での追求は京の近衛家にまで及んだ。その手は天璋院にまで。。打ち掛けを大奥の皆に形見分けしたいと天璋院。家茂が天璋院を訪問。井伊が邪魔をすると。。密勅に関わる者への詮議。。(それは井伊の勝手な意向だろうに。。)井伊は無用の...
 
 
 
篤姫 第30・31話 感想 (メガネ男子は別腹☆)
ご無沙汰しています。諸事情で先週はお休みを頂きました。2話まとめて書かせて頂きますね。
 
 
 
★「篤姫31」お疲れ様。。幾島。。 (・*:・ふわゆら生活・:*・)
今日は日曜日。。いつもどおり。。大河ドラマを観ましたぁ~大河ドラマ「篤姫」井伊たぬきおやじ。。ますます張り切ってます。ビシビシと取り締まり一橋派を一掃するつもりです~家茂と天璋院の関係がとってもいい感じ~ついつい微笑んでしまいます~~ちょっとええかげん...
 
 
 
篤姫~さらば幾島 (うさうさ日記)
NHK大河ドラマ「篤姫」第31話~さらば幾島「母上に会いたい」という家茂に対して、大反対の井伊さま。今週も黒いです。母上恋しの家茂ちゃんに篤姫が「私もわかるようになりたい」回想シーンを披露・・・ぎょえぇぇ~~なつかしいっしかも篤姫、若いっあの頃は篤姫十...
 
 
 
篤姫 第31回 天璋院の袿 (レベル999のマニアな講義)
『さらば幾島』内容井伊直弼による、反対派への取り締まりが強まる。安政の大獄。。。それは、天璋院にとって父でもある近衛忠煕や、村岡へも向けられる。近衛は落飾。。。。また村岡は詮議のために、江戸へと移送された。そんな中、どうしても手助けをしたい天璋院は幾島...
 
 
 
『篤姫』第31回 (悠雅的生活)
 ~さらば幾島~    
 
 
 
【篤姫】第三十一回 (見取り八段・実0段)
あなたさまは、真に大きゅうなられました。私がお教えすることは、もう何一つ残ってはおりませぬ。私の勤めは終わったのでございます。篤姫が輿入れしてから、ずっと影のようにそして母のように付き添ってきた幾島が側から下がる日が来た。近衛家の人間として、薩摩の人間...
 
 
 
大河ドラマ「篤姫」 第31回「さらば幾島」 (風のうわさ)
天璋院は、御台所の頃に着ていた打掛を 形見分けします。 これは リユースですね~、エコですね~! 大奥といえども、物を大切に使用していたのですね。 安政の大獄で、井伊大老は 一橋派の人を次々ととらえます。 京の近衛左大臣も 落飾。 とはいえ、落飾しても ...
 
 
 
篤姫 第31回 「さらば幾島」 感想 (くまっこの部屋)
井伊の安政の大獄はいよいよ天璋院の養父である近衛家にまで及び、近衛家の老女村岡が
 
 
 
篤姫~第31回 感想・さらば幾島 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
天璋院(宮崎あおい)は、自分の服を全部女官たちに下げ渡すことにします。物欲を捨てた篤姫を見て、滝山(稲森いずみ)は感服しますが、幾島(松坂慶子)は婚礼で使った衣装だけは残すように主張します。(以下に続きます)
 
 
 
篤姫第31回「さらば幾島」 (さくら色通信)
にっくき大老、井伊はますます悪どくなって一橋慶喜を推していた人たちを次々と弾圧していくようになりました。そこに、近衛家の老女・村岡にも弾圧の手が迫っていました。止めさせてたいところなのですが、滝山の申し出によると天璋院の個人的なお願いは通すわけにはいか...
 
 
 
第31回「さらば幾島」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
安政の大獄…井伊大老は、邪魔立てをしたに等しい一橋派の面々に対する苛烈な弾圧劇を幕開けさせた。家茂は、実権がないことを訴えんといわんばかりに天璋院と2人になったときに打ち明ける。かつて、第七代将軍・徳川家継の時代であったか…側用人・間部詮房や政務を司っ....
 
 
 
篤姫 第31回「さらば幾島」! (バレルオーク日記)
<その影が消えるか!>「わかるようになりたい」家茂とあうときは、あいかわらず嬉しそうな篤姫様です。「私も悔いております」滝山もわかっているようです。「ここは何とぞこの幾島におまかせ下さい」捨て身の幾島ですね。「葵の御紋に・・・」「いっさい存じませぬ」村...
 
 
 
篤姫(8月3日) (今日感)
於一のときと、天璋院のとき、こんなに声質が違うのか、と回想シーンをみて思いました。 宮崎あおいさんの演技にまたまた感激。
 
 
 
大河ドラマ:篤姫第31話「さらば幾島」 (山南飛龍の徒然日記)
幾島が魅せてくれましたね。途中までは思ったほど出番がないなぁなどと思っていましたが、肝心なところは最後にとっておいたというところでしょうか。教育係だった頃の存在感は消え、いつの間にかコメディ要員化したところもあった幾島。それはそれで面白くもありましたが...
 
 
 
直弼の罪!! (函館 Glass Life)
大獄の嵐が吹き荒れていますね{/etc_fire/} 反幕府勢力を一掃するなど出来る筈がないのですが… 井伊直弼も最初からこんな大獄を実行するとは思って いなかった筈です。 朝廷から水戸藩への勅譲が出なかったならここまでの 粛清はなかったのです。 言い換えれば安政の大獄...
 
 
 
篤姫「さらば幾島」 (森の中の一本の木)
 ―まるまる一日たって、(あらっ、二日になってしまった。あれっ、三日?)心にインパクトが残っている順から書いてみます。― {/niwatori/}「お前は早く死ね~、早く死ね~。」 {/buta/}「あのねぇ、あなたがそこで呪詛の言葉を唱えていなくても、もう彼はご臨終みた...
 
 
 
NHK大河ドラマ第31回「篤姫(さらば幾島)」 (よく考えよう)
今回の最大の見せ場は題名からも察せられる通り、幾島との別れにおける心の通い合いであったろう。