クソムシが歴史系映像の感想を書いたり、妄想キャスティングしています。このブログは純度の高い自己満足で構築されています。
必然的なヒストリー



「篤姫」の展開よりも、「龍馬伝」で福山雅治さんが坂本龍馬を演じるという事実に興味が惹かれている今日この頃です。

で、本題。
大政奉還を宣言し一大名となった徳川慶喜ですが、石高では当然ながら徳川宗家が日本でトップ。それを良しとしない西郷・大久保らは慶喜とその仲間達を追い詰める強攻策に出ます。
重野は天璋院に小松帯刀を通じて何らかの策を立てるように献言しますが、天璋院は小松の立場を考えて却下。
しかし天璋院は薩摩の情勢を知りませんでした。というのも、小松の立場は薩摩では微妙なものになっていたのです。
病気が理由で薩摩にて待機させられることになった藩家老・小松帯刀。提案した西郷・大久保は表面上は小松を立てていましたが、彼らは単に目の上のたんこぶを窓際に追いやりたいだけの様子。この時点で彼は藩内での発言権は無くなりました。
こうして徳川への武力討伐を願う西郷・大久保が事実上の指導者となり、徳川家VS薩長・反幕派公家連合軍の合戦実現化が絵空事ではなくなってきました。

一方、やることが無くなった小松は天璋院を救う為に奔走。
天璋院の母に彼女を薩摩へ帰るように説得させます。しかし、当の本人は薩摩に帰る気は毛頭無く。というか、何気に城を枕に討ち死にするつもりでいる天璋院。すでに『負け』を覚悟しているような感じすらします。その負のオーラは周辺にも広まり、大奥はすっかり堀を埋められて丸裸になった大坂城状態
BGMも何となく沈んだものになっているし、皆は泣き出す始末。
どう考えても
「薩長が押し寄せてきたら、なす術も無くそれまでです。徳川軍は勝てません」
と言っている様なもの。軽くネタバレですか(笑)
今回、気になったのが高橋由美子さん演じる唐橋。キャラがショムニの時と同じ感じになってきたような。唐突に発言し始める辺りが何とも。

そして、なりふり構わぬ薩長軍は江戸で放火・強盗を繰り返し、徳川軍を挑発。ケンカはいつの時代でも先に手を出した方が悪いということで。この策は当たり、我慢できなくなった徳川軍は薩摩藩邸を襲います。
そして遂に出てきた錦の御旗(しかも薩摩・岩倉による手作りだ!)

武力討伐の名目を薩長軍に与えてしまった徳川家。いよいよクライマックスですか。


次回、慶喜救出。
ドラマではひたすら不気味なキャラを保ってきた徳川慶喜。
彼も運命に抗う事は出来ずに父親同様に『篤姫の洗礼』を受ける事になりそうです。



コメント ( 8 ) | Trackback ( 25 )



« 【篤姫レビュー】... 【篤姫レビュー】... »
 
コメント
 
 
 
こんばんわ〜 (くう)
2008-11-09 21:58:58
本編は、母お幸にウルッとさせられましたが、
予告の方がインパクト強くて〜(◎-◎)
慶喜の口から「家族」とか言う言葉が
出てましたよ〜(◎−◎)
やっぱり、そうなるのか。。。

龍馬は楽しみでありますが、どうも江口洋介の
イメージが私の中では強くて(^.^;)
福山さんと脚本・福田さんは「ガリレオ」コンビですね。
軽い龍馬になるのかな〜。
 
 
 
なんといっても (ポケット保持)
2008-11-09 22:16:39
唐橋ですな(笑)高橋由美子さんてこんなキャラでしょうか。
小松帯刀ですが、小生はおなくなりフラグが立ち始めたと思いましたが。

龍馬伝の福山くんの発表は、「篤姫」での龍馬の退場にあわせて行われた・・・偶然ですね、ハイ。
 
 
 
同感です! (なおみ)
2008-11-09 22:35:59
琉河さん、こんばんは。ご無沙汰しております。

>「篤姫」の展開よりも、「龍馬伝」で福山雅治さんが坂本龍馬を演じるという事実に興味が惹かれている今日この頃です

・・・そう、全くその通り!「視聴率が取れないと言われている幕末もの」にあって(てか、篤姫も幕末ものなんじゃあ・・・?)
ちょー注目の「龍馬」ですよね!
今回の龍馬はあまりにエピソードが「スルー」過ぎたんで
「あんな謎」「こんな謎」と掘り下げて頂きたいです。

>父親同様に『篤姫の洗礼』を受ける事になりそうです。

あれは「お亡くなりになる方」限定ではないんですか?
慶喜は結構長生きするんですよね?(憎まれっ子・・・)
 
 
 
ガリレオな感じでしょうか (琉河岬)
2008-11-09 22:45:12
くうさん、こんばんは!

>龍馬は楽しみでありますが、どうも江口洋介のイメージが私の中では強くて(^.^;)
私も江口さんの龍馬はハマリ役だと思います。
正直、福山さんに龍馬のワイルドさは出せるのか!?と感じてしますが、「龍馬“伝”」というタイトルを考えると福山さんでOKなのかな、と思うようにしています。
・・・知的でエレガントな龍馬になるのでしょうか。
 
 
 
小松さん、退場の準備 (琉河岬)
2008-11-09 22:51:32
ポケット保持さん、こんばんは!

>小松帯刀ですが、小生はおなくなりフラグが立ち始めたと思いましたが
フラグが100本ぐらい立っていましたよね。足が悪いって、そのまま直結していますし。
小松さんは西郷・大久保の才能を発掘した、という点で人の見る目は明治政府元勲の中ではトップクラスだったと思います(もう亡くなったかのようなコメントになってしまいましたが・・・)

>「篤姫」での龍馬の退場にあわせて行われた
いや案外、正解なのでは!?と思いました。
良い面でも悪い面でも福山さんと玉木さんが比較される事は必至ですし。玉木さんが色褪せないように発表を遅らせたのではないかと勘繰っています(笑)
 
 
 
慶喜は本当に救出されるのか!? (琉河岬)
2008-11-09 22:59:50
なおみさん、こんばんは!

>今回の龍馬はあまりにエピソードが「スルー」過ぎたんで「あんな謎」「こんな謎」と掘り下げて頂きたいです。
いいですね〜!!
福山さんは陰のある演技が似合うと思いますので、今までの龍馬とは違った面を強調して欲しいです!(線が細い感じがするので、今までのワイルドな龍馬だとちょっとイメージが狂います

>慶喜は結構長生きするんですよね?(憎まれっ子・・・)
必要以上に憎まれていましたからね〜。
“「お亡くなりになる方」限定”は忘れてました
もしかして、慶喜と大御台所様の舌戦になるかもしれませんよね。(慶喜の好感度が・・・)
 
 
 
サイトを作りました。 (tomohiro)
2008-11-10 21:29:06
tomohiroです。
そういえば今度の龍馬は
岩崎弥太郎が狂言回しらしいですね。
本宮ひろ志みたいでおかしいです。
福山氏が龍馬というのが興味深いです。
あ、小説サイトを作りました。
よかったら足を運んでみて下さい。
 
 
 
サイト更新、楽しみにしています! (琉河岬)
2008-11-11 23:04:49
tomohiroさん、こんばんは!

>本宮ひろ志みたいでおかしいです
私も岩崎弥太郎というと本宮ひろ志のアノ漫画を思い浮かべてしまいます。私の中では本宮ひろ志は「歴史モノを得意とする漫画家」として認識しています。

>あ、小説サイトを作りました。
早速、読ませていただきました!
「人として軸がぶれてない」しか読んでいませんが、気がつくと小説の場面をドラマにしながら読んでいました。一言、面白く読めました!
私も小説に挑戦したくなりました(笑)
休日にもう一度、じっくりと読ませていただきます。
“佳奈ちゃん”のお話も更新を楽しみに待ってます!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
篤姫 第45話 『母からの文』 感想 (メガネ男子は別腹☆)
日本シリーズが最終戦にまでもつれ込んだもんだから、BSハイビジョンで見れなかったーッ!キィー!!
 
 
 
大河ドラマ 「篤姫」 母からの文 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
大政奉還がなった後もさらに激震が走り続けています。 大奥では天璋院が戦う覚悟を決めましたが・・・。
 
 
 
「篤姫」第45回 (日々“是”精進!)
第四十五回「母からの文」将軍も御台所もいなくなった大奥では、天璋院だけが心の支えとなった。そのころ帯刀は、徳川家を倒そうとする西郷と大久保を必死に止めていた。だが2人は聞き入れず、岩倉と共に幕府を倒す計画を進める。やがて、朝廷から官位と領地を返上しろと...
 
 
 
大河ドラマ「篤姫」 第45回「母からの文」 (風のうわさ)
小松帯刀は、薩摩と幕府との戦いから 天璋院を救おうと、天璋院の母や 島津久光に嘆願します。 実家と嫁ぎ先が 戦で対立するというのは、戦国時代には よくあることでしたよね。 お市の方とか、大坂夏の陣の千姫のように、攻めはするものの 当人だけは救出されるという...
 
 
 
篤姫 第45回「母からの文」 (あしたまにあーな)
徳川宗家と薩摩・長州との戦が始まろうとしています。そんななか、前々から懸念されていた天璋院が薩摩出身ということで、薩摩に帰そうという動きがここにきて本格化します。前回、...
 
 
 
NHK大河ドラマ第45回「篤姫(母からの文)」 (よく考えよう)
本日のテーマは雅に、薩摩の女子の生き方であろう。
 
 
 
【篤姫】第四十五回 (見取り八段・実0段)
あの子はもう徳川の人間です。そして私は島津家の人間です。薩摩のおなごには薩摩の女子の筋の通し方と言う物があるのです。戦を避けるために、そして危険から救うために帯刀は天璋院を薩摩へ帰らせる事を考え、母である、お幸に手紙を書くように頼んだ。だが、お幸は、そ...
 
 
 
篤姫#45 (MEICHIKUなんでもぶろぐ)
日本シリーズのため、BS-hiの放送は17時からに繰り上がって放送されました。(この方が今日は、夜が楽になりました。)話数も45となり、四捨五入したら「50」になるということで、大詰めが近づいてきました。銭形舞・静寛院に言わせれば、「45を四捨五入して50、更に四捨...
 
 
 
篤姫:第45回「母からの文」 (食う♪読む♪歩く♪)
久しく観ていなかったような気がする大河ドラマ『篤姫』。 たまに観ると、やっぱり面
 
 
 
大河ドラマ「篤姫」第44話「母からの文」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
大政奉還は成したけれど、西郷と大久保の望みは王政復古。帯刀は地官納地を慶喜に勧めて、戦にならないようにすること。あらら、すでに薩摩でも、二手に分かれてしまったようですね・・・ 一方大奥では、天璋院の言葉に安堵し、それを支えに厳しい冬を過ごしているよ...
 
 
 
篤姫・第45話 (ブルー・カフェ)
NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る アッサリサッパリのこの大河ドラマにあって、つくづく「政治は策」なんだと思わせる今回のお話。でもそ...
 
 
 
篤姫 第45回 母からの文 (レベル999のマニアな講義)
『母からの文』内容大政奉還で揺らいだ大奥は天璋院(宮崎あおい)の心意気により、1つになった。そんななか、西郷(小澤征悦)大久保(原田泰造)は、倒幕を進めようとするが、戦を回避したい帯刀(瑛太)は『辞官納地』を慶喜(平岳大)に勧めてはという。病の帯刀を薩...
 
 
 
★「篤姫#45」天璋院。。再び決意!!? (・*:・ふわゆら生活・:*・)
今日は日曜日。。いつもどおり大河ドラマを楽しみましたぁ〜〜大河ドラマ「篤姫」戦になるやもしれぬ。。あれれ??尚ちゃん足。。どうしたの??捻挫かなんか??ウマイ具合に西郷どんと大久保どんにハミにされちゃいましたね〜〜。。二人はもう武力で幕府を倒すことのみ...
 
 
 
『篤姫』第45回 (悠雅的生活)
 〜母からの文〜
 
 
 
篤姫45 尚チャン邪魔者扱いされる?! (ぱるぷんて海の家)
大政奉還・王政復古・辞官納地などなどと。 先週に続いて歴史の試験に出て来そうで、ついつい覚えねば!と言う強迫観念でお勉強モードになりそうな今回でした。時代の変革が差し迫り歴史パートが多くなった分、本来のホームドラマパートが希薄になったきらいもあります。...
 
 
 
篤姫第45回「母からの文」 (さくら色通信)
あれ?西郷どんて悪い人だったの?なんか西郷どんが出てくるの怪しい影…というか悪キャラに見えるんですが…。新しい国づくりに向けて岩倉&西郷&大久保三人組は倒幕に向けてどんどん新たな計画を進めていきますが、坂本龍馬が亡くなった今、キレイ事ばかり言ってる尚五...
 
 
 
篤姫 第45回「母からの文」! (バレルオーク日記)
<母・お幸の思い!>本日は、日本シーリーズがあり、BS-hi夕方5時からの放送でした。野球に関わらず、毎回夕方5時からの放送だと、比較的ゆっくりと観られますね。家定公、家茂公が次々と脚気衝心で倒れる中、本寿院様やお幸様は、いつまでもお元気でなによりです。忠....
 
 
 
篤姫〜第45話・母からの文 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
暮れもおしせまってきて明治維新まであと少しですが、重野(中嶋朋子)は天璋院(宮崎あおい)を薩摩に戻してあげようと思います。 小松帯刀(瑛太)は病気で薩摩に帰国していますが、西郷吉之助(小澤征悦)と大久保一蔵(原田泰造)に体よく追い払われた感じにも見えま...
 
 
 
大河ドラマ:篤姫第45話「母からの文」 (山南飛龍の徒然日記)
至極残念な回でした・・・最終回に向けて盛り上げなければいけない大事な時期に、これは辛いですねぇ。気になったのは大きく分けて3つ。1.突然、帯刀が病に冒頭から帯刀が自力歩行不能になっていて喫驚。何も予感される描写がありませんでしたし、帯刀がどのような状態....
 
 
 
篤姫〜母からの文 (うさうさ日記)
NHK大河ドラマ「篤姫」第45話〜母からの文西武ライオンズ、日本シリーズ優勝おめでとうございます第7戦までもつれこむとは思いませんでしたが、TVで観ていて楽しかったデス。・・・本当は相手がカープだともっと良かったんですけどね〜〜仕方ないです。来年こそは...
 
 
 
篤姫「母からの文」 (ありがとう!、あてつけじゃないよ。)
篤姫「母からの文」 小松帯刀、足負傷。 なぜ、今、この時に。 西郷さん、大久保さんに一服盛られたのでしょうか?。 徳川と薩摩の戦を、何としても避けたい小松。 西郷「万が一、戦に負けた時、薩摩をまとめてもらわねばなりません...。」 裏を返せば、戦に勝てば用済み...
 
 
 
倒幕へのプロローグ!! (函館 Glass Life)
いよいよ緊迫してきましたね{/hiyo_oro/} 薩摩藩家老・小松帯刀の意見に全く聞く耳を持たない 西郷と大久保。 倒幕に向け時代は動き始めるのです{/v/} 妖怪・岩倉具視の策謀により朝廷は辞官納地を命じま すが、流石の慶喜も『ハイそうですか』と従う事など 出来ません{/b...
 
 
 
第45回「母からの文」 (政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜)
時は慶応3(1867)年、大政奉還が成される…しかし、慶喜が抱える徳川宗家の天領は未だに計り知れない石高を誇り、各藩がバラバラに立ち向かっていては、とうてい太刀打ちなどできない。辞官納地とは慶喜が朝廷から賜った正式なる官位と、天領の一部を朝廷に返上せよと命じ....
 
 
 
NHK大河ドラマ「篤姫」第45話「母からの文」 (優しい世界〜我が心に迷いあり(β))
篤姫救出劇、悲喜こもごも! 篤姫―NHK大河ドラマ歴史ハンドブック (NHKシリーズ) ¥998 Amazon.co.jp どもっす。 ついにモラトリアムタイム終了でございまして。一介の賃金奴隷と見事成り果てましたでごじゃる。 人生のエクソダスをマジで考えた...
 
 
 
篤姫 #45 母からの文 (ビヨビヨ素材日記2)
大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)今回のお話は徳川と薩摩が戦う事になるかも知れないので、帯刀...