クソムシが歴史系映像の感想を書いたり、妄想キャスティングしています。このブログは純度の高い自己満足で構築されています。
必然的なヒストリー



8月18日の政変、物語が始まる前に終わってました。
アナウンサーが「薩摩は長州を京から追放する事に成功」みたいな事を言って終了。
だから急ぎ過ぎだって。どうやって追放したのか描いていなかったし。
視聴者の中には“長州(と他藩の過激攘夷派)が京を牛耳っていた時代があった”ことすら知らない人がいそうです。
なのに「失地回復を狙った長州は・・・」とか言われても説得力なさ過ぎです。
あぁ、これで「チョウシュウはんという“人種”は世界征服を企む悪い奴らなんだね」と誤解する人が増えそうです。無念!

で、本題。
幕府では和宮が懐妊した様子。
黒木メイサに似た人(誰でしょうか?)が天璋院に報告。天璋院は「母として」自分の事のように喜びます。
例によって庭田は「武家の子など」と文句をつけますが、ここは和宮さん。
和宮は「この子は公武合体の証なのだから」と言い払いのけます。

しかし、ここで大事件が!
何と和宮の勘違い。つまりは想像妊娠でした。これは楠桂もひっくり返る展開だ!すっかりNHKに騙されました!(ワザとらしくてスミマセン)
しかし、これが和宮と天璋院の距離を縮める事に。
「公武合体のためではなく、国のためではなく、一人の女子として」
「そうです、一人の女子として」
見事なやり取りだったと思います。
そうです、私的な想いである「家茂様との子」を前面に出さずに、周囲にはあくまで「公武合体のため」と宣言していた和宮さん!
これぞ、女の道はキャットストリート!・・・いや、失礼。女の道は一本道!
天璋院の信念は和宮さんの性格に影響を与え続けています。(※1)

一方、薩摩では。
いつの間にか禁門の変で勝利していた薩摩藩。
酒の席で小松帯刀とお琴の運命の出会い。
原田さんが「調子がどうの」と言っていましたが、ながら見をしていたので聞き取れませんでした。何と言っていたのでしょうか?
再び政権を取り戻した薩摩に坂本龍馬が尋ねてきます。来週の伏線ですね。運命の出会いなわけですが、随分キャラが違いものの「のだめ」ですでに繋がっていたこの2人。
ていうか、もう流れが速すぎて追いつけません。
今何年?
どこやってるの?
家茂が出陣という事は第一次長州征伐は終わったの?
飛びすぎて意味不明。
どのくらい意味不明かというと、「家族八景」もやっていないのに「七瀬ふたたび」をドラマ化するぐらい意味不明。どこが“再び”なんですか?明らかに“初登場”じゃん。

まあ、それはさておき。
ラストの写真撮影のシーン。
何気ない場面でしたが情緒溢れるシーンでした。
そして家茂の出陣宣言。
「将軍が行けば長州は腰を抜かすに違いねー」と仰った将軍様。何という楽観的な考えを・・・、と普通に思いました。が、ここはに合戦に行かざるを得なかった家茂に同情するとしましょう。(すごい上から目線。わざとだよ?)


次回、薩長同盟。
予告に木戸が出てこない(西郷もいなかった気がします)薩長同盟て・・・。予告の場面とタイトルをもっとリンクさせてあげて下さい。
しかも、もう寺田屋事件!
まさに物語の流れは激流の渦に。
そしてガンバレ、柄本明!敵は「ムッシュかまやつ&TOKIO」にあり!


(※1)キャットストリート・・・NHKはあの手の漫画を無理にドラマ化しなくてもいいと思います。「フリースクール」という単語に飛びついたとしか思えないチョイスの仕方。もしかして「花より男子」の視聴者層をそのまま取り込めるとでも思ったのでしょうか。
ここはNHKらしく「ヘルプマン」とか「光とともに・・・」「だいすき」といった類のドラマをやれば成功していたかも。



コメント ( 10 ) | Trackback ( 28 )



« 【篤姫レビュ... 巨星・緒形拳... »
 
コメント
 
 
 
うははは(^0^) (くう)
2008-10-05 22:06:05
>「家族八景」もやっていないのに「七瀬ふたたび」をドラマ化するぐらい意味不明。どこが“再び”なんですか?明らかに“初登場”じゃん。


すいません~。
篤姫レビューと全然関係ない所で大受けしちゃいました~(^0^)
それでも「七瀬」が楽しみであります♪


少しくらい新選組出てくるかな、と思ったけど、
全然出てこなくてガッカリ。。。
 
 
 
七瀬3部作が! (琉河岬)
2008-10-05 23:20:43
くうさん、こんばんは!

私の魂の叫びに気付いて頂いてありがとうございます!
NHK的には様々な人間模様(?)を描いた「家族八景」の方が向いているような気がしたのですが、「ふたたび」をドラマ化する冒険心に驚きました。
陰惨なシーンがたくさん出てくるのに、そこら辺は大丈夫なのかな~と、少し不安でもあります。
勿論、NHK・木8は引き続き見続けていくつもりです。
(ちなみに「ふたたび」の次も「キャットストリート」と同じく漫画原作のドラマ化だそうです)
 
 
 
初めまして (yutaro)
2008-10-07 22:17:22
初めまして、yutaroという者です。

このブログを度々拝見していますが、結構面白く見ています。
今回書きたい事は、先日ヤッターマンの映画化の話がありましたが、《篤姫》の登場人物からキャスティングしたらどうなるのかと、アホな想像してみました。
(これは自分の独創ではなく、2ch掲示板での《風林火山》ネタから思いついた)

自分がキャスティングした三人組は以下です。
・ドロンジョ:滝山
・ボヤッキー:堀田殿
・トンズラ:井伊殿
この三人組の会話はこうなりそう。
ボヤッキー「これをポチッと押せばよろしいでしょうか?」
ドロンジョ「何やってるのです、このすかぽんたん!」
トンズラ「申し訳ありません申し訳ありません(以下リピート)」
ボヤッキーが不安要因な三人組です(汗)
そして最後は庭田様の中の声で「おしおきにあらしゃいます~」

ヤッターマンのほうは2号は決まっているが、1号はどっちかな~?
最後試写会に参加した方の感想は以下の通り。
幾島「私が若い頃ならもっと魅力的なドロンジョを演じれたかもね」
本寿院「あら、私を忘れたら困ります」

駄文失礼しました。
 
 
 
ちょっと何だか,ね。 (ポケット保持)
2008-10-08 22:55:38
先日の予言通り8月18日の政変がスルーされたり,また第一次長州征伐がいつの間にか終わってたり。
・・・もう,好きにしてくださいって感じですね。
家茂と和宮が写真を撮るところでの本寿院と歌橋、まさにKYですな。

ところで急逝した緒形拳さんもプロ根性の塊でしたけど、手術受けるほど重症の病気なのに仕事全うしている高畑淳子さんもこれまたプロの役者ですな。
 
 
 
ポチッとな! (琉河岬)
2008-10-08 23:38:36
yutaroさん、はじめまして!

滝山のドロンジョはハマリ役過ぎて笑えました!
堀田と井伊大老も良い味を出してくれそうですよね。この2人から「老中」という肩書きを取ったら途端に威厳が無くなって、そのままトンズラとボヤッキーになりそうです。あ、堀田様は元々威厳がありませんが…。
お約束の爆発自転車逃亡シーン(映画では描かれたのでしょうか?)が似合いそうです。

>1号はどっちかな~
個人的には堺さんといきたいところですが、若さと真っ直ぐな正義感を考えて「家茂様」でしょうか。
 
 
 
時間の流れが (琉河岬)
2008-10-08 23:53:36
ポケット保持さん、こんばんは!

家茂が第二次長州征伐に向うところで〆だったので、今回だけで約2年も進んだ事になると思われます。
江戸城でウロウロしているだけで2年間!
いや~、幕末の大奥って本当に平和だったんですね(苦笑)

>本寿院と歌橋、まさにKYですな
あれはないですよね~。きっと子供の頃、通知表に「自分勝手な行動は慎みましょう」と書かれていたに違いありませんて。

>高畑淳子さんもこれまたプロの役者
眼瞼下垂だったんですよね。すごく目に負担が掛かっていたと思われるのですが、それでもあそこまで存在感のある演技を見せることが出来るのはプロの為せる業ですよね!
 
 
 
>ポチッとな! (yutaro)
2008-10-14 23:22:40
コメントをすぐする予定でしたが、遅くなりましてすみません。

>堀田様は元々威厳がありません
この人が大河ドラマで演じた役で最もかっこよかったのが「八代将軍吉宗」の長兄役でした(正室はマキノ監督の娘の初代スケバン刑事@斉藤由貴)。それでも人当たりのいい役柄でした。
ただ浅見光彦をやっていた割には推理が温いようで、赤穂浪士の消息について「赤穂の者は散り散りになり、大石内蔵助は放蕩三昧との事です(だから討ち入りの可能性は低い)」と言っていました。(そこが柳沢殿との差か)

家茂様がヤッターマン1号ですか!
意外と思ったけど、中の人の年齢差を考えればありかと思います。
管理人様の家定様のイメージは、普段はのんびりしているがやるときゃやる「サイバーフォーミュラ」のシューマッハもといチームスゴウのお兄ちゃん?(知ってるかな~)

*管理人様、ところで「本寿院漫遊記」を見ましたか?お付きは歌橋ではなく鶴瓶でしたが
 
 
 
浅見光彦は良かったです (琉河岬)
2008-10-15 22:32:14
yutaroさん、こちらこそレスコメントが遅くなり申し訳ありません。

「八代将軍吉宗」の時の辰巳さんは温厚さがいい方向に出ていてとても好感が持てる人物でした。家臣に慕われる人柄だと思います。考えてみればこのドラマは大奥ブームの走りだったような気がします。

>(そこが柳沢殿との差か)
同じ浅見を演じた榎木さんと辰巳さんでしたが、このドラマでは榎木さんの方が一枚上手に見えました。

>「サイバーフォーミュラ」
申し訳ないのです。名前は知っているのですが、見たことがないです。でも主題歌は分かる気がします。どのようなキャラでしょうか。

>「本寿院漫遊記」を見ましたか?
これまた、申し訳ありません。
旅番組に高畑さんが出演されていたのでしょうか?
ドラマにしても、そうでなくても見逃した事は実に後悔です!
 
 
 
追加おまけ (yutaro)
2008-10-20 02:36:31
>大奥ブームの走り
ここでの女性陣は、大奥シリーズとは違い結構物の見える人が多かったです。
五代将軍だと理性的な信子、夏木マリなのに意外と悪女ぽくないお伝の方etcなので、これだとマキノ綱吉って意外と果報者では。
次の代だと婦徳の塊の天英院(中の人は側室も大奥取締もやっているがこの役のお陰で正室のイメージが固定された気が)、良くも悪くも能天気な月光院とキャラに事欠きませんでした。

>柳沢殿
実はあのドラマ、暗闇司令も出ていました。
二人の関係は、「水戸黄門」とは大違いな当節流行の暴走老人の気がある光圀を、ある意味あやしているイメージでした。

>本寿院漫遊記
毎週月曜の「鶴瓶の家族に乾杯」で、武蔵はあきる野市に行かれました。
そこでの本寿院様は当然大河で見た事あると言われましたが、若い人から金八先生の保健の先生だという「拾い物」がありました。
実は前に書いた三人組、金八先生だと浅野和之・上條恒彦とのトリオを想定していました。
*失敗すると言い訳ばかりのボヤッキー、確実にメンバーで最強のトンズラに

 
 
 
吉宗について (琉河岬)
2008-10-21 22:42:26
yutaroさん、またのコメントありがとうございます。

「八代将軍吉宗」、今考えてみれば個性派俳優をそろえたドラマだったんですよね。
名取裕子VS草笛光子の暗闘、とても「水戸黄門」とは思えない長門裕之と徳川将軍役がライフワークになりつつある津川雅彦の共演、江守徹の語りとかとても楽しめたドラマでした。

>毎週月曜の「鶴瓶の家族に乾杯」で、武蔵はあきる野市に行かれました。
あ、この番組だったのですか!情報ありがとうございます。
金八先生は視聴率不振だとかで放映が危ないみたいですが、新シリーズを見てみたいものです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「篤姫」第40回 (日々“是”精進!)
 第四十回「息子の出陣」誠忠組に、島流しにされていた西郷が帰ってきた。祝宴の席で帯刀は、芸妓のお琴と出会う。そんな中、京都で勢力回復を図っていた長州藩が御所へ突入。「蛤御門の変」と呼ばれるその変事に帯刀ら薩摩藩は幕府軍として参戦。慶喜と共に迎え撃ち、見...
 
 
 
『篤姫』第40回「息子の出陣」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
2008年『篤姫』第40回。。政治の舞台は京へ。。暴走する長州と薩摩ほか反長州。。穏やかな毎日。。(その穏やかさが喧騒の前触れなのはミエミエですが。。)おばあさま。。 あれ? 名倉? 西郷復活!! 西郷、軍腑役へお取立て? で、その宴席に琴花(原田夏希)。 運...
 
 
 
大河ドラマ「篤姫」 40話 「息子の出陣」【感想】 (失われた何か)
京都では朝廷で長州勢が権力を握ろうと蛤御門の変が起こるが 京都は焼け野原になるも、薩摩藩の尽力もあり失敗。 敗れた長州は京都から撤退...
 
 
 
篤姫・第40話 (ブルー・カフェ)
NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 裏番の「新日曜美術館」で「横浜トリエンナーレ」をやっているんですよ・・・まだ行っていないんで気に...
 
 
 
篤姫 第40回 「息子の出陣」 感想 (くまっこの部屋)
西郷(小澤征悦)が戻って来ました。久光(山口祐一郎)に睨まれていた西郷でしたが、
 
 
 
篤姫(10月5日) (今日感)
いい加減、庭田嗣子がウザくなってきました。 天璋院様が宮様のもとを訪れたときにも、「なんのようでっしゃろ」と、無礼極まりない言動。 勧行院様と天璋院様が、仲良くなりかけているだけに、だれぞ「控えよ!」と一喝してくれないものか・・・
 
 
 
大河ドラマ「篤姫」 第40回「息子の出陣」 (風のうわさ)
京では 蛤御門の変が起こり、薩摩と長州の戦となります。 ご家老こと 小松帯刀が、なんと 敵と戦っていますよ! しかも、なんか 強そうな立ち回りを見せていますね。 ついこの前までは あんなに気弱そうだった尚五郎が、こんなにも腕を上げていたとは 驚きです。 とは...
 
 
 
『篤姫』第40回 (悠雅的生活)
 ~息子の出陣~
 
 
 
篤姫:第40回「息子の出陣」 (食う♪読む♪歩く♪)
季節は10月、大河ドラマ『篤姫』も残り10回となりました。 なぜ西郷どんは復帰で
 
 
 
篤姫 第40話 『息子の出陣』 感想 (メガネ男子は別腹☆)
家茂と和宮のラブラブ度がアップしちょりますv このご様子ですと、ふたりの間にお子が生まれるのも時間の問題と重野。
 
 
 
篤姫40 龍馬尚五郎 のだめコンビ再会する! (ぱるぷんて海の家)
時代は激動の幕末なのにぃ 蛤御門の変もダイジェスト版だしぃ、 ワタシの敬愛する 久坂玄瑞はチラッとだけの登場 で自刃シーンもなし!、 高杉晋作は出てたかどうかも不明、新撰組は完全スルーなどなど幕末の最もオイシイところ 全部すっ飛ばしてぇ!!
 
 
 
篤姫「息子の出陣」 (ありがとう!、あてつけじゃないよ。)
篤姫「息子の出陣{/m_0249/}」 西郷どんは島流しの刑から復帰{/m_0100/}。 薩摩の軍を率いる役についたみたい。 そして、ご家老になった尚五郎。 またこいつのイチャイチャ話でした。 京の芸者、琴花と出会った尚五郎…。 尚五郎って短命かと思ってたけど意外と長生き、...
 
 
 
篤姫「息子の出陣」 (ありがとう!、あてつけじゃないよ。)
篤姫「息子の出陣{/m_0249/}」 西郷どんは島流しの刑から復帰{/m_0100/}。 薩摩の軍を率いる役についたみたい。 そして、ご家老になった尚五郎。 またこいつのイチャイチャ話でした。 京の芸者、琴花と出会った尚五郎…。 尚五郎って短命かと思ってたけど意外と長生き、...
 
 
 
【篤姫】第四十話 (見取り八段・実0段)
母上さま、宮さま私は、間もなく出陣いたします。長州征伐です。「ふぉとがらふぃ」で、天璋院と宮と3人で写真を撮り終えた後。家茂は2人に、徐に話を切り出す。将軍である自分が京に行けば、長州も退陣するであろうと。そうですか・・・としか言えない、天璋院。和宮は...
 
 
 
★「篤姫40」嫁姑仲良く記念撮影♪ (・*:・ふわゆら生活・:*・)
今日は日曜日。。いつもどおり大河ドラマを楽しみましたぁ~~大河ドラマ「篤姫」おかえり~~西郷どんやっと放免に~みんなでぱぁ~~っと宴会だ~と。。そこにべっぴんの芸妓さん尚ちゃん~~琴花はんにヒトメボレたしかに~茶目っ気たっぷりで可愛い人だけど。。その後...
 
 
 
大河ドラマ 「篤姫」 息子の出陣 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
いよいよ長州征伐ですかね。 どんどん歴史の渦に巻き込まれていきます。
 
 
 
篤姫第40回「息子の出陣」 (さくら色通信)
息子の出陣って今日はもうそんなところまで進むのか~と思ったのですが、それってラストシーンで家茂が「出陣します」と言っただけでしたね。いつも思いますが、大河ドラマのサブタイトルっていつも本編と合ってないですよね。。。今日のメインストーリーは和宮ご懐妊が誤...
 
 
 
篤姫 第40回「息子の出陣」! (バレルオーク日記)
篤姫 第40回「息子の出陣」!<でんでん太鼓!>「こちらのご立派なお顔のお方から」西郷さんは本当に不死身、毎回元気に帰ってきます。琴花さんと帯刀さんを二人っきりにするとは、西郷さんらしくない気の利かせようです。お近さんは全く知らなかったのでしょう。「・・...
 
 
 
篤姫#40 (MEICHIKUなんでもぶろぐ)
幕末の動乱のドラマ(今回は「蛤御門の変」)と、和宮の懐妊騒動と、どちらが中心になっているのかというような物語となった今回の物語。前者はドラマ「篤姫」らしくない展開だったが、後者でしっかりとドラマ「篤姫」というところを出していました。でも、今回は銭形愛・...
 
 
 
NHK大河ドラマ第40回「篤姫(息子の出陣)」 (よく考えよう)
今回は久々にテーマが無いが、幕末も風雲急を告げ、あの尚五郎であった小松帯刀が表舞台に出てくる。
 
 
 
篤姫 第40回 女たちの気持ちと懐妊騒動 (レベル999のマニアな講義)
『息子の出陣』内容薩摩により京から追い落とされた長州は、挙兵の準備を行っていた。そんななか久光(山口祐一郎)に許され西郷(小澤征悦)は、帯刀(瑛太)らとともに京に滞在していた。そして、、長州の軍勢は御所の蛤御門へ突入が開始する!!迎え撃つ慶喜(平岳大)...
 
 
 
大河ドラマ:篤姫第40話「息子の出陣」 (山南飛龍の徒然日記)
とても充実した話でしたね。笑いあり涙ありと、様々な要素が散りばめられていましたが、全体として流れが素晴らしかったです。新体制になってからの中では、特に印象深い内容でした。というわけで、本日の感想です。今回は和宮の懐妊絡みが本筋でしたが、その流れの中で色...
 
 
 
第40回「息子の出陣」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
江戸時代、権威と呼べる存在が2つあった…1つは京都の朝廷。もう1つは、江戸幕府の征夷大将軍である。片方の権威が衰える現状で、もう片方の回復が按配だとすれば皮肉というほかない。年は明け、元治元(1864)年…家茂と和宮は、真に夫婦たりえるほど微笑ましくも睦まじい....
 
 
 
篤姫~息子の出陣 (うさうさ日記)
NHK大河ドラマ「篤姫」第40話~息子の出陣ご懐妊の誤懐妊騒動徳川家の血筋を絶やさないために、滝山は家茂に側室をもたせてはどうかと提案。和宮の母の前で、篤姫は断固反対・・・これって、味方を増やすための二人の作戦だったのかしらん?と、疑ってしまいましたが...
 
 
 
和宮の想像妊娠?? (函館 Glass Life)
家茂に側室をと進言する滝山に対し即座に却下する天璋院{/cat_7/} 安堵する和宮側ですが… 何と和宮が懐妊??? 何とも滑稽な脚本ですね{/m_0070/} 想像妊娠なのでしょうか?? 『母としての喜びを味わって欲しい』と天璋院。 『公武の為でもなく、日本の為でもなく、一...
 
 
 
大河ドラマ「篤姫」第40話「息子の出陣」感想 (優しい世界~我が心に迷いあり(β))
こんにちわ。 というわけで、タイの友人も毎週読んでるという、篤姫レビューでやんす。 なんか風雲急を告げてきてますね。 すでに大奥消滅・徳川崩壊のカウントダウンは始まったかも。 <おさらい> ・西郷(小沢征悦)復活。帯刀(瑛太)は、お琴(原田夏希)と...
 
 
 
篤姫~第40話・息子の出陣 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
天璋院(宮崎あおい)は、和宮(堀北真希)と徳川家茂のツーショットを陰から見守ります。和宮から冷たくあしらわれても、天璋院は全く気にしていません。 京政界ですが八月十八日の政変も滞りなく終わり長州が失脚しますが、この辺はかなりざっくりいきます。(以下に続...
 
 
 
篤姫 #40 息子の出陣 (たっくんママのひとりごと)
予想通り、息子の出陣は最後の方で触れられただけでしたワ[E:coldsweats01] 今週は、篤姫史上最高視聴率だったようで・・・。確かに面白かったです! しかし、歴史的なとこを冒頭でさらっと流してしまう大胆さってば!あと、新撰組なんかは、この頃どうなってるんですかね...