クソムシが歴史系映像の感想を書いたり、妄想キャスティングしています。このブログは純度の高い自己満足で構築されています。
必然的なヒストリー



イベント的に考えると今回のタイトルは「久光上洛」か、もしくは犠牲者の立場から考えて「寺田屋同士討ち」「寺田屋の悲劇」「精忠組の悲劇」といった名前が相応しいかと思うのですが、天璋院の立場からすると・・・、という意味合いでのこのタイトルなのでしょう。
でも、これでは何となくパンチが弱いような気がするのですが。

OPクレジットでは「風林火山」ではトメグループに鎮座していた木村元が『大原重徳』役で連名。初登場の『平野國臣』は演じる役者の格もありますが、役柄の大きさの割には4人連名と不遇の扱い。『真木和泉』と『桂・久坂ペア』は、ラスボス的存在?である為か今回は登場せず。

で、本題。
家茂と和宮の良好な関係はこのブログではスルーします。どうでもいいです。
その頃、島津久光は「斉彬の遺志」の名の下に兵を率いて上京。
目的は朝廷&幕府&雄藩の政治提携の実現。それを朝廷に働きかける久光。
が、朝廷の連中はあからさまに久光を見下したような態度で対応。
特に岩倉具視、何がそんなにおかしいのだ。笑えるのか、ソレ。とてもムカつく。北条高時並にムカつく。もう少しでプッツンするとこでした。熱いおでんをぶつけたくなります。
公家連中に相手にされず、京の用心棒を任された久光は歯がゆくてたまりません。そこに有馬新七らが関白・九条久忠、京都所司代・酒井某を襲撃する為に寺田屋に集結したとの情報が久光の耳に!
有馬らは久光の幕府と朝廷の共存路線には反対していたのでした。久光はすぐに説得の遣いを差し向けますが、決裂する事を読んでいた久光は、「説得ならぬ時は」と遣いに告げます。
こうして寺田屋の壮絶な同士討ちが起こりました。
有名な「寺田屋騒動第1弾」です。
「翔ぶが如く」でも同様のシーンがありましたが、「篤姫」と比べると、緊迫感も戦闘シーンの迫力も前者の方が上だと思いました。「篤姫」はかなりマイルドな仕様になっていたように感じられました。「翔ぶが如く」で有馬役を演じた内藤さんは、それはそれは迫力がありました。
的場さんも演技力からすれば、この戦闘シーン(しかも格闘の末に死ぬシーンだ!)は十八番だとおもうのですが、演出の人に「視聴者が怖がらないように、マイルドかつ哀愁が漂う様な感じで死んでください。何せ最近は『可哀想な死に方』の方が視聴者ウケがいいですから」と指導でもあったのでしょうか。折角の的場さんなのに勿体無い戦闘シーン。
何はともあれ、この一件により物語開始当初からレギュラー出演してきた有馬新七らが殉死。
的場浩司さん、お疲れ様でした。「利家とまつ」よりは存在感のあるキャラでした。

その後、久光の覚悟を見た朝廷は大原重徳を久光に同行させ、江戸へ向います。
しかし、これが天璋院の立場を危うくする事に。
政局を案じる老中らが、天璋院と薩摩の関係を疑うのは仕方がないとして、政治に直接携わっていない大奥の連中(特に本寿院)はどの面下げて天璋院に文句なんぞ言えるのだろうか。
また無礼千万アウトな行為をやらかしたか、本寿院。彼女は一体、何回天璋院に対してアウトな行為をすれば気が済むのでしょうか。こんな老害ババアなんか、さっさと大奥から追い出せよ。
天璋院は徳川に心身を捧げたことを自らに言い聞かせる為に、薩摩のにおいを感じさせるものを焼き払います。有害ガスが出そうなものも燃やしています。斉藤さんがいたら、即刻注意されそうな物まで燃やしています。しかし、その彼女の覚悟は和宮と家茂に通じた模様。
今回の唯一の救いは、いまだ立場は微妙なものの家茂と和宮の「息子夫婦」に己が覚悟を理解してもらえた天璋院のエピソードでしょうか。


次回、我が世の春を迎えた久光が江戸に到着。
久光の後ろ盾には朝廷がいます。久光の幕政改革が徳川家に与えた影響とは!?
そして、久光帰国の帰路に大事件が勃発!
天璋院は何を思うのでしょうか!!!



コメント ( 6 ) | Trackback ( 25 )



« 篤姫の配役物... 天地人の配役... »
 
コメント
 
 
 
薩摩か徳川か、それが問題だ (ポケット保持)
2008-09-07 21:35:04
しかしまぁ、人間孤立無援になったらどうなるかわからんもんですねぇ。気丈な天璋院でこれですからわたくしのような弱いもんならどーなることやら。
でもまぁ、江戸城内で火起こすって、小生は斉藤さんに注意されるよりまず、大火の危険の方が先に立ちました。
第一次寺田屋事件、いやぁ見ててスゴかったですねぇ。ところで小生の錯覚かもしれませんが一瞬カメラマンのような影が見えました。

> 500円札
そういえば孝明天皇は岩倉らによって暗殺されたと云う説がありましたね。
Wikiを見たらその説は否定されてましたが、このドラマでは採用されるんでしょうか、あの岩倉の態度を見てるともしかしたら・・・

> 老害ババア(+そのコバンザメ、京のオバハン)
うぅ・・・ワシもむかついてならん・・・(怒)

ところで加勢・・・違う、勝新・・・じゃない、勝麟太郎が出てましたが、この「麟太郎」という名乗りは確か幼名だったような、だからこの時点では「勝義邦」となるはず。
いや、ひょっとすると「麟太郎」は字名に流用したとか。
 
 
 
こんばんわ (くう)
2008-09-07 22:16:15
>政治に直接携わっていない大奥の連中(特に本寿院)はどの面下げて天璋院に文句なんぞ言えるのだろうか。

そーなんですよ~。
本寿院を見るたびムカムカですわ~。
誰か早く追い出してほしい~!
このドラマ、なぜか家茂の生母が出てきませんが、
もしも出ていたら、こういう怒りが2倍になったんでしょうね~。
出てなくて良かったです。
 
 
 
やっぱりおもしろい! (しよ)
2008-09-07 22:33:45
琉河さんのコメント、ところどころわたしのツボにはまります。
読んでてクスっとなります(笑)

今日わたしは、斉藤さんに怒られそうな場面で思わず涙が出てしまいました。
かたや、本気で燃やす気ならそんな隅っこに入れるって・・・。
とも思ったけど。

あんなに四面楚歌ってて、もし今幾島がいたら!?
とか勝手に妄想しちゃいました。
天璋院を庇いながらも、でもやっぱり薩摩の味方になっちゃうのかな


若夫婦は天璋院の気持ちが理解できたと見せつつ、なんか予告で和宮が、自分は故郷を捨てることはできないからキミも無理でしょ!?的なこと言ってましたよね!?
それってやっぱり疑ってるってことだったら嫌だな。次回をお楽しみに~ってとこですかね。


そして久光ってなんか人間的にもイマイチ方向性がわからない。
水面を漂う藻のよう・・・。
 
 
 
篤姫に八百屋お七の怨霊が! (琉河岬)
2008-09-08 00:22:12
ポケット保持さん、またのコメントありがとうございます!

>でもまぁ、江戸城内で火起こすって、小生は斉藤さんに注意されるよりまず、大火の危険の方が先に立ちました。
木造建築の世の中で、焚き火程度でも「大御台様、ご乱心!」とされてしまう時代ですからね~。火を怖れない篤姫は八百屋お七の生まれ変わりじゃないのかと疑ってしまいました(映画でも“七”を演じてますし←このネタ、何回使いまわしたことでしょうか…)

>このドラマでは採用されるんでしょうか、あの岩倉の態度を見てるともしかしたら
さもありなん、という感じですね。
今回は「高時」演技も混ざっているように思えたので単なるイヤミな公家とも取れました。岩倉逐電後、鶴太郎さんがどのような演技をするかで判断したいと思います。

>だからこの時点では「勝義邦」
私も麟太郎という役名に違和感を覚えましたが、幼名とはいえ通用しない事も無いのでこうなったのかな、と。いっそ、『勝海舟』の名前でもこのドラマなら通用するかもしれませんよ(笑)
 
 
 
本寿院様、ご乱心! (琉河岬)
2008-09-08 00:28:14
くうさん、こんばんは!

今回は本寿院のダメ姑ぶりが最高潮に達した回ではなかったと思います。
「アンタ、薩摩とも、朝廷とも、それどころか将軍の代が代わっているのに大奥でのさばっているのはおかしいじゃん」
とツッコミを入れた人が多数ではないかと。
滝山が篤姫に忠誠を誓った今、あの大奥で本寿院を擁護する人がいるのか、不思議で仕方がありません。
 
 
 
幾島復活の機会が! (琉河岬)
2008-09-08 00:39:09
しよさん、こんばんは!

>あんなに四面楚歌ってて、もし今幾島がいたら!?
あのシーンに幾島がいてくれたらな~と私も思いました。桜島の絵を眺めている時に、何故か幾島が大奥に戻ってくるというサプライズ(しかもOPクレジット表記なしの本物のサプライズ!)があったら良かったのに、と。

>それってやっぱり疑ってるってことだったら嫌だな
会話の言葉尻だけでは何とも言えないですよね。和宮の中では篤姫の人柄を量りにかけているところではないでしょうか。

>そして久光ってなんか人間的にもイマイチ方向性がわからない
「羞恥心!羞恥心!俺様は~、人生、人生、人生、夢で生きてる~♪」を地で行ってるお方だと思いますね~。常人では推し量る事の出来ないことをやるので、考えるとこちらが参ってしまいそうです。
彼の奇行を楽しむしかないようで(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「篤姫」第36回 (日々“是”精進!)
 第三十六回「薩摩か徳川か」大奥内の江戸方と京方の対立が続く一方、和宮と家茂の仲は日増しに深まり、天璋院は安心する。そんな中、幕政改革の勅令を得て幕府に迫ろうと、久光が数千の兵を率いて京へ上った。困惑する天璋院に対し、江戸城内からは彼女こそが陰で糸を引...
 
 
 
大河ドラマ 「篤姫」 薩摩が徳川か (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
薩摩・島津久光の上洛は天璋院に多大な影響を与えます。
 
 
 
篤姫 第36回「薩摩か徳川か」! (バレルオーク日記)
<天璋院様ご乱心!>「母上を疑うなど、無礼先晩!」疑われても仕方がないのかもしれませんが、老中ごときに・・・。「おいは久光様の下では働きちゃくなか思ちょる」西郷さんは、またまた、島流しです。いつ活躍の比嘉や手来るのでしょう?「だめだなぁ~わたくしは。先...
 
 
 
【感想】大河ドラマ「篤姫」 36話 「薩摩か徳川か」【寺田屋事件】 (失われた何か)
薩摩が京都へ上洛。その真意を知らず動揺する天璋院。 幕府内でも天璋院を疑う空気が漂ってくる。 薩摩でも下関で待てと命令された西郷が...
 
 
 
篤姫 第36話 『薩摩か徳川か』 感想 (メガネ男子は別腹☆)
先週は痛恨のミスを色々とやらかしてしまったので、今週は慎重に編集せねば。 久光@山口祐一郎さんはキレキャラになってしまったなぁ…。
 
 
 
『篤姫』第36回 (悠雅的生活)
 ~薩摩か徳川か~  
 
 
 
大河ドラマ「篤姫」 第36回「薩摩か徳川か」 (風のうわさ)
ついに 薩摩の久光が 京に向かいました。 幕政改革、すなわち 幕府に戴対するクーデターというわけですね。 これは 幕府も うかうかしてはいられません。 天璋院が 薩摩からの密書を受取っているのでは? と疑惑がかけられ、家茂は立腹します。 でも、昔は 斉彬から...
 
 
 
篤姫(9月7日) (今日感)
久光の上洛により、「京方」「本寿院」「篤姫」と、三つ巴の様相を呈してきた大奥。
 
 
 
篤姫#36 (MEICHIKUなんでもぶろぐ)
今回は、天璋院の方がやり玉になる物語ということで、今までとは少し様子の違う物語でした。また、寺田屋事件という歴史上の事件が、本作では珍しく、結構踏み込んで描かれていたということで、物語の中心は薩摩に関することになり、大奥が脇になってました。尚、主役に疑...
 
 
 
★「篤姫36」ああ。。お宝がぁ。。(TT) (・*:・ふわゆら生活・:*・)
今日もいつものように「篤姫」楽しみましたぁ♪大河ドラマ「篤姫」西郷どん。。上司をコケにしすぎですぅ~またまた~~(沖縄かな?)島流し~~もうちょっと要領よくやれんかぁ~~薩摩が動き出したことで天璋院はつらい立場に。。あっちからもこっちからもいじめられ~...
 
 
 
篤姫36 私はあなとは違うのです! (ぱるぷんて海の家)
おお!いよいよ激動の幕末らしくなってきましたよ。 これまでのホームドラマ的ストーリから、史実をどのように見せてくれるのかとても興味津々でした。 何しろ、史実を描くと避けられないのが史実中心ストーリ。しかも大奥とは別の次元で幕末動乱が展開するのだから大...
 
 
 
篤姫第36回「薩摩か徳川か」 (さくら色通信)
京方VS江戸方バトルは2週間で終了。篤姫に次なる試練がやってきました。今度は故郷の薩摩藩が大砲などを抱えて上洛してきました。そのことで篤姫は江戸の皆から「篤姫の差し金?」とあらぬ疑いをかけられ、遂にはかわゆい家茂からも疑われることになります。…という嫌...
 
 
 
【篤姫】第三十六回 (見取り八段・実0段)
薩摩藩主、島津久光さまが千を超える軍を率いて出立されたそうでございます。ついに、薩摩は京へ上った。が、御所では岩倉具視などに薩摩ごときが何しに来たのか、と失笑を買う。当面は京の警護を。と、申しつかり、動きの取れない苛立ちの中で有馬達は突出を謀る。大久保...
 
 
 
NHK大河ドラマ第36回「篤姫(薩摩か徳川か)」 (よく考えよう)
地ごろうと言われた久光の胸中いかばかりか。 名君と謳われた兄斉彬に憧れ、その死で後を継げるかと思いきや父斉興の院政に甘んじていたのを父の死後、兄の遺志を継ぐ決意を地ごろうと家臣に諭されたのだ。
 
 
 
篤姫 第36回 「薩摩か徳川か」 感想 (くまっこの部屋)
斉彬の意思を継ぐとする久光(山口祐一郎)が幕政改革を掲げて上洛するということで、
 
 
 
第36回「薩摩か徳川か」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
幕政改革を訴え出るための実力行使とも言うべき行動に、久光はついに打ってでた…京都や江戸を経由するうちにその数は1000人を超えるとも言われていた。一橋慶喜、松平慶永(春嶽)の処分を解くべきであるとすること、ほかにも要求はあった…時代は動くか?77万石もの領地を...
 
 
 
大河ドラマ:篤姫第36話「薩摩か徳川か」 (山南飛龍の徒然日記)
話が重くなってきましたね。大雑把な内容としては、久光が兵を率いて上洛→朝廷から相手にされず→有馬新七らが突出→久光激怒→配下を説得・鎮圧に向かわせる→同士討ち→有馬死亡→久光株急上昇→天璋院へ疑惑の目が→天璋院、失意のどん底こんな感じだったでしょうか。...
 
 
 
篤姫 第36回「薩摩か徳川か」 (みはいる・BのB)
今回も18:00から放送のBSハイビジョンで鑑賞。 いまだに地上デジタルの電波が届いていません。 ・・・いったいいつになったら地上波もハイビジョンで観れるようになるのでしょうか?
 
 
 
篤姫 第36回 薩摩の覚悟、天璋院の覚悟 (レベル999のマニアな講義)
『薩摩か徳川か』内容家茂(松田翔太)と和宮(堀北真希)の仲が良くなるのに満足する天璋院(宮崎あおい)そんななか島津久光(山口祐一郎)が、兵を率い上洛を開始する。下関での待機命令を無視し単独行動した西郷(小澤征悦)を島流しとし。そして、、京へと向かう薩摩...
 
 
 
勘違いから起きた寺田屋事件!! (函館 Glass Life)
久光の上洛によって篤姫の立場は微妙になってきましたね{/cat_6/} 家茂にまで疑いの目を向けられるとは… 大奥での篤姫は四面楚歌状態ですね{/kaeru_alone/} いよいよ前代未聞、外様大名が建白書持参で上洛するので す。 上洛する薩摩も、待ち受ける朝廷や幕府も初体験。...
 
 
 
篤姫「薩摩か徳川か」 (ありがとう!、あてつけじゃないよ。)
篤姫「薩摩か徳川か」 幕政改革の時{/m_0184/}、この薩摩が幕政改革に名乗りを上げるのです。 幕政改革って何?{/m_0200/}。 一橋慶喜、松平春嶽の処分を解かせて政治の表舞台へ再びー{/m_0145/}。 安政の大獄で処罰された人達を復活させるのが久光の狙いなのでしょうか...
 
 
 
『篤姫』第36回「薩摩か徳川か」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
2008年『篤姫』第36回。。のほほんとしたはじまり。。仲睦まじい家茂と和宮。そこに久光が軍勢を率いて薩摩を出たとの報せが。また被害妄想の本寿院。。老中の久世も天璋院へ。。それに怒る家茂。 下関に久光らが着くと、 西郷は居らず。。 西郷は先発して大坂に。 久...
 
 
 
篤姫~薩摩か徳川か (うさうさ日記)
NHK大河ドラマ「篤姫」第36話~薩摩か徳川か薩摩が武器を持参し京にのぼり、幕政改革の勅諚をもらったことにより、江戸城にいる篤姫に疑惑の目が・・・というお話。前半は有馬さんたちの突出騒動、後半はこれを受けて江戸城での篤姫。冒頭、また西郷どんが島流しに。...
 
 
 
大河ドラマ「篤姫」第36話「薩摩か徳川か」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
幕政改革。「都へ参る!!」その意思を固めた久光。 今回は思わぬ涙でしたわやられた。やっぱ「篤姫」はいいですなぁ♪だが西郷は既に大阪に向かって先立ってしまったようで・・・。下関についた久光はカンカンそりゃ自分のこと、地ごろって暴言吐いたり、命令無視し...
 
 
 
篤姫 #36 薩摩か徳川か (ビヨビヨ素材日記2)
大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)今回は有馬さん達が起こした寺田屋事件と、薩摩が大砲等を持っ...