ティアドロップ トレーラー キャンパーの自作日記

Teardrop Trailer Camperの作製を設計から作業をずっと記録していきます。完成後はキャンプ記録です!!

ハッチの閉まり具合

2017年02月08日 | Teardrop Camper
最近ハッチの閉まり具合が良くありません。と言うか運転席側はラッチを締めることが出来ません。もともと結構難しかったのですが、とうとう閉まらなくなってしまいました。
ハッチが変形したとは考え難いので、最近の作業の影響かと思います。まぁ一番考えられるのはカウンターでしょうね。しかしいきなりカウンターの作業をやり直すのは大変なので他に考えられることを先に潰していきます。

① カウンターにあたる。
② ハッチがカウンターにあたる場合、場所の特定。
③ ガスストラットの影響。
④ 引き出しがあたる
⑤ ハッチと壁の間のシールが引っかかる。

③は簡単だったのですぐ試してみました。ガスストラットを外した状態で閉めてみましたが、状況は同じです。という訳でガスストラットではなさそうです。

⑤もシールを剥がして閉めてみましたが、結果は同じということで、シールのせいでもなさそうです。シールを無駄にしてしまいましたが、仕方がないです。予備がるので大丈夫でしょう。

②も少し試してみました。カウンターの角にクレオンで色を付けてハッチを閉めてハッチのどの部分にクレオンが付くのかを確認しました。ハッチパネルの抑えているネジ一つに少しクレオンが付くので少しハッチの一部がカウンターに当たっているのですが、このパネルを外して閉めてもさほど変化は見られません。

クレオンもそうですが、スマホをタイマーにして内側からの写真も撮って確認します。
コレはカウンターの上から。

こちらは下から。


どちらもさほど当たっているようには見えないのですが、写真を撮る時は軽く閉めただけなのでそう見えるだけかもしれません。

④を確認したら残されたオプションは取り付けたステンレスカウンターを一度取り外して確認するしかなさそうです。

引き出しを取り外しましたが、やはり関係ありません。

ごちゃごちゃ書きましたが、結果はやはりステンレスカウンターがハッチに当たっているようです。
面倒ですが、ステンレスを外して寸法を調整しないといけないようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマホ充電台、其の一 | トップ | 冬場のキャンプ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Teardrop Camper」カテゴリの最新記事