ティアドロップ トレーラー キャンパーの自作日記

Teardrop Trailer Camperの作製を設計から作業をずっと記録していきます。完成後はキャンプ記録です!!

ニューメキシコ

2016年10月14日 | 番外編
キャンピングネタと言いたいところですが、訳あってキャンパーは連れていけなかったので番外編です。実際の工程は若干土壇場になって変更となりましたが、シルバーシティ、ニューメキシコ州 旅行計画のメインの目的は果たせました。

今回は車のみでの旅行だったので、走行速度もキャンパーを牽引しているときに比べて時速15マイル程も違うので、予想したほど大変ではありませんでした。それでも総走行距離は2700マイル(4,400キロ)を超える程でしたので、かなりの長距離ドライブとなりました。

初日は朝出発しただただ西に向かって走りテキサス州のアビリーンと言う街まで行きました。テキサスに入って少ししたところからだだっ広い景色になり普段と違う環境がとても新鮮でした。

途中通ったダラス。本当はここで夕食でもなんて思っていたのですが、あまりの渋滞ぶりに躊躇してしまい、素通りしました。田舎者は都会に出ると臆病になってしまいます。

今回の旅行はTearJerkersのマスコット?でもあるTJも同行していたので、要所要所で記念撮影をします。これはテキサスのウェルカムセンターでの一枚です。

あちこちに風力発電の風車ファームがあり、色々な物のスケールに圧倒されます。


2日目は更に西へ向かって走ります。テネシーからシルバーシティまでが約21時間なので、初日に約10時間、二日目が11時間の走行時間となりました。

単調な何もない場所ですが、不思議と退屈しません。非日常感が良いのでしょうかね。こんな風景が永遠に続きます。

周りに生えている植物もテネシーあたりではお目にかかれないものばかりです。

アビリーンを出発してエルパソまでの間はポツポツと街はありますが、正直車が壊れたり何かトラブルがあったらどうしようかと心配になるほど文明から遠ざかってしまう場所が続きます。

走っている左側にメキシコが見えてきたら、エルパソが近づいてきたサインです。そのエルパソを過ぎるとようやくニューメキシコに入ります。



シルバーシティはここから更に3時間ほど行った場所で、正直途中本当にあっているのか心配になるぐらい周りに何もない一本道を進みます。グーグルマップを全面使用して指示のまま目的地を目指します。
実際には予定していたよりも早く着きました。


シルバーシティのダウンタウンです。


シルバーシティの友人宅に3泊もさせてもらったのですが、その間に近くにあるGila Cliff Dwellings National Monumentという国立公園に日帰りで行ってきました。







帰りの行程は予定ではサンタフェへ寄るつもりでしたが、もうすでに満足感がすごくブラブラと工程を減らして帰ることにしました。
帰りに最初に寄ったのは、White Sands National Monumentsと言う国立公園で。大きな砂丘です。



この公園は砂の斜面をソリで滑ることが許可されていて、ギフトショップで買ったらソリで遊びました。雪と違ってあまり滑らないのですが、また違った楽しさがありました。転びまくりなので砂だらけになります。公園の規定として砂の持ち帰りは禁止されているのですが、ポケットなどにお土産以上の砂が入り込んでしまいます。笑

次のストップは宇宙人で有名なロズウェルです。
街中宇宙人だらけです。


夕方について次の朝に出発したので滞在時間は短かったのですが、街を散歩して宇宙人探しをするなど結構楽しめます。もう少し時間があったら博物館など見たかったのですが、今回は省略です。

最後に寄った場所はテキサス州のCaprock Canyon State Parkと言う州立公園です。ここは移動の中間地点に何かないかと探した場所だったのですが、かなりのアタリでした。公園内にバイソンが生息し、その他の動物も動物園でしか見たことないものばかりです。





とまぁこんな感じで簡単にまとめてしまいましたが、久しぶりに充実した満足感たっぷりの旅行でした。子供たちも車での長距離ドライブが大丈夫だと分かりましたし、と言ってもDVD三昧でしたが、運転も一人で完走できたし、色々と自信がついた旅行でもありました。

今までは旅行は4-5時間程度の範囲で考えていましたが、今回の旅行で一気に10-12時間程度でも十分射程距離に考えられるようになりました。楽しみが増えます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アウトドアの危険、脱水 | トップ | お湯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL