まさやんの一日一句――「まさとしの一日一首」姉妹編

きょうも生きた、走った、泳いだ。撮った、書いた、考えた。
日本の風土を、特に草花・木々を中心にして句に詠んでいきます。

かぐや姫、二人でお眠り

2017-04-22 06:05:34 | 日記
かぐや姫 二人でお眠りいつまでも
            まさとし

このブログ≪まさやんの一日一句≫は、
「まさとしの一日一首」の姉妹編です。

「まさとしの一日一首」は、海外旅行が主な対象で短歌版、
≪まさやんの一日一句≫は、国内風土が主な対象で俳句版。

「まさとしの一日一首」のURLは、
blog.goo.ne.jp/buguo20121229meinyu

どちらも、ご愛読ください。

●追記:

これまで4年間、短歌版の「まさとしの一日一首」を続けてきています。
ところが、きのう、新たに俳句版の≪まさやんの一日一句≫を立ち上げた
とたん、不具合が発生!

「まさとしの一日一首」を更新しようと、けさ、編集画面にログインしたら、
「まさとしの一日一首」ではなく、なぜか、≪まさやんの一日一句≫画面に
移動し、どうやっても、そこにしか入れなくなってしまった。

この状況では、「まさとしの一日一首」は更新不能!
これは”gooブログ”なので、Google に解決方法を問い合わせているが、
本日午後7時現在、返答がない。

そこで、応急処置として、現在処理可能なこの≪まさやんの一日一句≫
欄を借りて、「まさとしの一日一首」のきょうの分を載せます。

タイトル:「”元気印”そのもの、モスクワの少年兄弟」

寒きさむきモスクワの冬兄弟は 元気そのものクレムリン見学
(in Moscow, Russia)              まさとし

この二人とは、クレムリン武器庫が開門する前に出会った。

電光掲示板の気温表示は「-3℃」だったが、風が冷たく
吹きすさんでいたので、体感温度はもっと低かった。

ところが、この二人は元気そのもの。向かって右側の子は、
やさしそうな顔立ちなので女の子にも見えるが、男の子だ。
二人はよく似ているので、兄弟だろうと思う。

写真を撮ってから、"Спасибо." (ありがとう)と言ったら、
この二人、躍り上がって驚き、喜んだ。

「わっ、Спасибо!だって。このおじさん、
ぼくらのロシア語をしゃべったよおおお!」

★追記したため、写真も「まさとしの一日一首」用の少年兄弟に
切り替わりました。
≪まさやんの一日一句≫用のかぐや姫の写真は、右側をご覧ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日、開店! ≪まさやんの一... | トップ | 庭に降りた≪三人官女≫ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。