読書感想文。

メインは読んだ本の記録です。

「BACK」を読んで。

2017-06-14 20:25:16 | 作家さん/な行
内藤了さんの「BACK 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」を読了しました。

ようやく完全にTVドラマ化されていないストーリーになってきました。
前回のようにすごく気になるところで終わってはいませんが、早めに続きを読みたいところです。
相変わらずグロいシーンはあるので、食事の前後で読まなくて良かったです・・・。
満足度は70%です。

ランチで回転寿司に一人で行って来ました。
時間が早かったせいか、同じレーンに先客は1人しかいませんでした。
ノンビリは出来ないので、素早く頼んで素早く来たのをバクバク食べました。
すると先客が店員を呼んで『私が注文したのがなかなか来ない。あの人は私の後に来たのにたくさん注文品が来てる』ってクレームをつけ始め・・・。
いたたまれなさMAXです(泣)

おまけにバンバン頼んでたので、何を注文したのか忘れてしまうのです。
疑いもせずに食べたら、私の大嫌いなワサビの味が・・・。
めくったらワサビがついてて、しかも普通のマグロなんて頼まないはずなのに、って思って端末で確認したら、配達ミスが発覚。
1貫食べてしまいましたが、加算されても嫌なので、店員さんに説明しました。
そこは中国人のお姉さん店員が多いお店で、カタコトの喋りで厨房に伝えたのが漏れ聞こえてきて、一層恥ずかしくなりました。
『間違エテ食ベチャッタ』云々と・・・。

どうやらそれは例の先客のオーダー品だったようで、また先客が店員を呼び出して『私の注文品をあの人が間違えて食べたようだけど、その金額加算されてないわよね?!』的な。

ツイてない一日でした。。。

それでは、また。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「人間じゃない」を読んで。 | トップ | 「脇坂副署長の長い一日」を... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL