近江フィールドワーク

琵琶湖の淡水魚を中心とした、下手の横好き素人ブログ。内容を信ずるなかれ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フィールド紹介123 仕上げの鯰?

2008年06月27日 17時43分41秒 | ガサガサ調査
本日は、魚捕りのお話です。

 お昼休みの10分ガサ。前回のトウヨシノボリポイントで、飼育用のテナガエビを狙いたいと思います。


<河川>
両岸はコンクリート、底は人工的な転石・礫質。
流れは速く、水位0.1~0.3mほどで透明度は低い。
水草はオオカナダモやササバモ、付着藻類あり
水生昆虫、甲殻類、巻貝、二枚貝の生息を確認。


          
          
 オイカワ並びにトウヨシノボリ。どちらも良い色をしていましたの雄のこたいでしょうね。

          
 オオクチバス及びウキゴリ稚魚。流れの淀んだ場所で人掬いするとこの状態ですね。どちらも成魚は遊泳力のある魚ですが、稚魚は流れを嫌っいるようですね。


本日の成果
          
          
          
          
 立派な雄オイカワが本日の主役。婚姻色がやや薄く、追星もでていませんので繁殖期はこれからです。オオクチバスの稚魚は、道路で軽く干してお持ち帰り。オヤニラミ、ドンコ、亀の餌になって頂きます。因みに、目的の大型テナガエビは捕獲できず・・・
あ、そうそう、大型と言えば、


          
 前回と同じ様なサイズのナマズも捕れました。(お前またかよー、と思われているかも知れませんが)


そして最後は
          
 ミジンコ採取で締め! 


ただいま細々と活動中
近江フィールドワーク別館
 

 

よろしければこちらにもお越し下さい。
近江工舎
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メダカの卵 | トップ | NO.59「カムルチー」 ライギ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (catfishtail)
2008-06-27 21:46:55
オイカワじゃないですか!
この婚姻色はめちゃくちゃキレイですよね。
小学校の頃は熱帯魚かと思ってましたね。
もちろん飼ったこともあるけど、全部ジャンプして水槽の外へ・・・
Unknown (ドンコ将軍)
2008-06-27 22:48:14
ミジンコで締め!
ミジンコがデザートに見えるのは私だけでしょうか?
虫の飛ぶ季節、オイカワは毛針で釣ると楽しめますよ~。
かなり釣れます。
美魚 (ryu-oumi)
2008-06-28 11:44:58
>catfishtailさん
 雄の婚姻色は綺麗なんですよねー、私も小学生の頃に飼っていました。私の場合、飛び出しよりも酸欠で殺してしまいましたが。
デザート (ryu-oumi)
2008-06-28 11:46:57
>ドンコ将軍さん
 ミジンコはデザートです。赤虫も勿論デザートです。焼肉屋で言うアイスのポジションです。釣りならば、更に上のクラスであるハスなどは如何です?
良い色 (懐畔泥鰌)
2008-06-28 14:31:21
綺麗な色をしていそうな橙葦登ですね。
今年も美個体を探しに行きたいです。
流石 (ryu-oumi)
2008-06-28 17:59:27
>懐畔泥鰌さん
 この個体に喰い付くとは流石ですねー。良い色でしたが、サイズが小さいのでリリースしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
オイカワになったモロコ? (えふ流パパサウルス)
昨年、川で捕獲した小魚が今春、正体が明らかになった。というのも、小さくて、よくわ