水戸の生きもの(鳥など)

私の生きもの観察記

ブログ「水戸の住人の徒然の記」も投稿しています。

涸沼のカモなど

2016年11月11日 19時29分56秒 | 自然観察

 

2016.11.10  涸沼  コブハクチョウとユリカモメ

 

2016.11.10  涸沼  マガモ

 

2016.11.10  涸沼  ハジロカイツブリの群れ

 

2016.11.10  涸沼  人に慣れているキンクロハジロの雌

 

11月10日に、涸沼に行ってきました。

  このところ、気温も低くなり、涸沼にも冬鳥が多数渡来してきました。初めに、涸沼自然公園に行くと、棲んでいるコブハクチョウの近くにユリカモメが飛んでいました。マガモも渡来して湖面の中に群れが見え、遠くにはハジロカイツブリの群れが潜水を繰り返していました。つぎに秋成近くでは、人に慣れているのかキンクロハジロが目の前で、羽繕いしました。成田町の方面へ回ると、キンクロハジロの大きな群れも見ることが出来ました。

  涸沼の湖面が、賑やかな時を迎えつつあります。

 

リンク「水戸の住人の徒然の記」(私が旅で見た鳥など)

http://mitonoikimono.blogspot.jp/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カモの移動始まる | トップ | 涸沼の冬鳥 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。