水戸の生きもの(鳥など)

私の生きもの観察記

ブログ「水戸の住人の徒然の記」も投稿しています。

夕陽の中の鳥

2017年12月03日 17時14分14秒 | 自然観察

 ダイサギ


イソシギ


オオバン


涸沼へ行ってきました。

落ち葉の季節になりましたが、この日は風が弱く穏やか。

湖の中ほどに休む、スズガモやキンクロハジロなども見ることができました。

早い日の入りで、夕陽の中のダイサギ、イソシギも見ることができました。

涸沼周辺のヨシ原は、鳥の塒です。

 

リンク「水戸の住人の徒然の記」(私が旅で見た鳥など)

http://mitonoikimono.blogspot.jp/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虹の下を飛ぶトビ

2017年11月03日 16時52分24秒 | 自然観察

 

トビと虹

 

カワウ


シジュウカラ

 

御前山ダム付近に行ってきました。

広葉樹の葉が色づき始めて、空気も爽やか。

その雲の下に、秋晴れにもかかわらず虹が見え、その下にトビのタカ柱が見えました。

忘れられない光景になりました。

ダムの湖面に、カモの仲間が戻り、冬鳥も帰ってきた様子でした。

もうすぐ、冬。

 

リンク「水戸の住人の徒然の記」(私が旅で見た鳥など)

http://mitonoikimono.blogspot.jp/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涸沼に帰ってきた冬鳥

2017年09月30日 16時57分40秒 | 自然観察

 ハジロカイツブリ 2017-9-30  涸沼

 

ミサゴ 2017-9-30 涸沼

 

 日中はまだまだ暑いですが、涸沼に行ってきました。

 土曜日や日曜日に行くことは少なく、釣りなどで人が大勢来ているので、少しびっくりしました。

 涸沼の湖面も鳥が少しずつ増えてきているようで、ハジロカイツブリやカンムリカイツブリ、ミサゴが採った魚を掴みながら飛んでいる様など観察できました。

 もうすぐ、冬ですね。

 

リンク「水戸の住人の徒然の記」(私が旅で見た鳥など)

http://mitonoikimono.blogspot.jp/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水戸市内を流れる桜川の風景

2017年08月31日 11時19分21秒 | 自然観察

桜川 柳提橋付近 


桜川 鹿島臨海鉄道の鉄橋近く


カルガモの群 桜川

 

 8月末になり、天候の不順が続きます。

 水戸市内を流れる桜川でも、カルガモが集まってきました。コサギなどの群れも見ることができました。

桜川沿いのサイクリングコースは、鳥を見るのにも良いコースです。

 

リンク「水戸の住人の徒然の記」(私が旅で見た鳥など)

http://mitonoikimono.blogspot.jp/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄色いくちばしの幼鳥

2017年07月12日 20時33分38秒 | 自然観察

2017年7月 ハシブトガラス(幼鳥)

 

2017年6 月 スズメ(幼鳥)

 

2017年6月  ハクセキレイ(幼鳥)

 

7月を迎えて、蒸し暑い日が続きます。

鳥の繁殖期もそろそろ最終段階のようです。家族ずれで騒いでいるハシブトガラスの幼鳥、スズメの家族。独り立ちした直後と思われるハクセキレイなどを見ることができました。

鳥の幼鳥は、よく見るとくちばしが黄色です。そこから、人間も年が若くて未熟なことを、クチバシも黄色いくせにとか言われます。

黄色いくちばしの鳥たちが独り立ちすると、鳥見も夏休みです。

 

リンク「水戸の住人の徒然の記」(私が旅で見た鳥など)

http://mitonoikimono.blogspot.jp/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加