みどりある街・暮らし・時間 ・心地良さ

一人ひとりの暮らしをもっと幸せにする街ナカみどりの魅力、価値のご紹介

心地良いみどり 横浜そごう ルデューテ バラ図譜展

2017-05-14 06:00:51 | ココだけの心地良さ
【心地良いみどり 642】

いつもありがとうございます。

「街ナカみどり伝道師」であるryu.gardenです。

「このみどりの空間、いいなぁ」と

ココロが震えた、感動した、安らいだ、
リフレッシュ、気分転換となる、

そんな街ナカのみどり、居心地良い時間から届く
幸福感をお伝えします。

ココロのエネルギーチャージに役立ちますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

横浜そごう6階のそごう美術館にて
開催されている
フランス貴族のバラのボタニカルアート

ルデューテ バラ図譜展を訪問しました。





マリーアントワネットやナポレオンの
お抱えボタニカルアート画家のたくさんのバラの絵が並びます。





繊細な点の集まりで陰影、
一枚一枚のバラの花びらの透き通るような
質感が表現されている素晴らしい様々なバラの絵画が何十枚と鑑賞できる、


200年前の平民には決して体験できない
時間、空間を1000円で楽しめる貴重な、貴重な展覧会です。






展覧会の会場は写真NGですが
このチェンバロの場所のみ撮影できました。








ピアノのミニチュアのような楽器ですね。
至るところに素晴らしいバラの絵が描かれています。









植物の形をデザインに取り入れ、
美しく装飾されているチェンバロを見て、

人の感性を優しくする多様なみどりの効果の力を
感じました。







絵画の持つ一枚一枚のバラの精巧さから伝わる
ルデューテの気迫、職人魂は魅入ってしまう素晴らしいものです。

5月28日までの開催です。
是非、この美しい絵画のバラもご体験ください






▪️心地良いみどりの方程式

・200年前からバラは人のココロを魅了している

・職人さんの本物の熱い思いは時間を超えて
多くの人のココロを震わす力がある



『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心地良いみどり 横浜赤レン... | トップ | 心地良いみどり 雲空、ココ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。