養神館合気道 明龍館 吹上同好会 Yoshinkan Aikido MEIRYUKAN Fukiage

埼玉県北部の吹上にあるアットホームな合気道同好会のブログです。

はじめまして、「明龍館」吹上同好会です!

2016年12月05日 | プロフィール

少年部・一般部会員募集中!!

 

養神館合気道明龍館吹上同好会では、いま新入会員を大募集中です。

 

武道に興味がある小学生から中・高校生、大学生、ビジネスマン、主婦、シルバーエイジの皆さんまで、合気道をともに楽しみましょう!

 

稽古の見学はいつでも大歓迎です(少年部、一般部ともにコスモスアリーナふきあげ格技場、稽古時間は下記をご参照ください)。

 

体験もしていただけますので、運動ができる服装でお越し下さい。

 お問い合わせは代表の齋藤まで(080-1315-7314 e-mail: fukiage@meiryukan.com

 

師走ですね。

明龍館二年目の今年ももうそろそろ終わります。

正月の鏡開きに始まり、花見やBBQ、合宿や演武大会、暑中稽古や講習会などたくさんのイベントがありました。もちろん通常の稽古も充実度を増してみなさんの実力も一段上がったのではないかと思います。とはいえ合気道は競争ではありません。他人との比較ではなく自分自身に目を向けましょう。

今年の最後は冬の審査。みなさん準備はいかがですか?

悔いが残らない審査になるよう頑張りましょうね。

そして25日の納会では楽しく笑顔で!

 

 第26回浦安市合気道演武大会(2016.5.15)

同好会プロフィール

・稽古の場所‥‥コスモスアリーナふきあげ 柔道場

稽古の時間‥‥毎週土曜日(少年部=14:20~15:20・一般部白帯=15:25~16:25・一般部茶黒帯=16:30~17:30)

‥‥毎週日曜日(少年部=16:05~17:05・一般部初級=17:15~18:15(準備体操は17:00から)・一般茶黒帯=17:45~18:45)

稽古の先生‥‥ジム・ダース(五段)

所属の団体‥‥私たちの同好会は千葉県浦安市を拠点に活動している養神館合気道龍 という団体に所属しています

 稽古・行事予定 

 

【12月】

12月3日(土)・・・審査稽古/ジム先生

12月4日(日)・・・審査稽古/ジム先生 ※加須同好会と合同稽古

12月10日(土)・・・審査稽古/ジム先生 ※明龍館 吹上冬の審査

12月11日(日)・・・審査稽古/ジム先生 ※明龍館 加須・吹上合同審査

12月17日(土)・・・浦安・冬の審査、通常稽古/ジム先生

12月18日(日)・・・浦安・冬の審査、通常稽古/ジム先生

12月24日(土)・・・通常稽古/齋藤

12月25日(日)・・・通常稽古/ジム先生、終了後、加須・吹上合同クリスマス会+納会

 

お知らせ  

平成28年4月分会費からゆうちょ銀行振替にて会費を徴収することになりました。(毎月末振替 末日が土曜・休祝日の場合は翌営業日)

※残高のご確認宜しくお願い申し上げます。

☟明龍館ホームページ

 

 

 明龍館師範 ジム先生のブログ

http://www.meiryukan.blogspot.jp/

 

 明龍館の仲間

 

《明龍館 さいたま同好会》

http://ryusaitama.jimdo.com/

 

《明龍館 野田同好会》

 http://aikidoryu-noda.blogspot.com/

 
《明龍館 春日部同好会》
http://kasukabe-aikido.blogspot.jp 
 
 
《明龍館 加須同好会》

《埼玉県内の養神館》
養神館南桜井同好会
 

養神館合気道 白虎(埼玉養神館)
 
養神館合気道龍 坂戸同好会
 

 

合気道が大好きというメンバーばかりの、活気あふれる吹上同好会(鴻巣市)。

 

毎週末に、鴻巣市の 『コスモスアリーナふきあげ』 という体育館で稽古に汗を流しています。

 

 

 

ご指導下さる先生は、

 

はるばるカナダから合気道の魅力にとりつかれて日本にやってきた、イケメンのジム先生!

 

流暢な日本語とたまに英語が混ざったとっても楽しいお稽古です♪

 

 

 

毎年5月に開催されている千葉県浦安市合気道演武大会において、

 

なんと、2年連続の優秀賛助演武賞受賞という栄誉に輝いたこともあります

 

 

 

合気道の素晴らしさは…

 

ひとことでは語れません。

 

 

 

日本古来の武道

 

心身を鍛えられる

 

護身技を身につけられる

 

礼儀正しくなる

 

老若男女、自分のペースで楽しめる

 

心が清められる

 

 

 

…などなどいろいろありますが、

 

合気道をどう楽しむかは人それぞれです。

 

 

 

もし合気道に興味を持たれましたら、

 

ぜひ一度体験してみてください。

 

 

 

会員一同お待ちしています!

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

審査間近ですね

2016年12月05日 | プロフィール

審査間近です。

受験する皆さんは今までの練習の成果を信じ、体調管理に気を配ってください。

今回はスキップして次回の審査に向けて力をためている方は今回の審査を他人事とせず、緊張感を持って稽古に望みましょう。

老婆心ながら、技の覚え方について私の体験をご紹介してみます。皆さんの参考になればよいのですが。。。

1、仕手・受けを切り離さない

技が覚えられないという声はよく聞きますし、自分自身も経験しました。でもあるとき、気づきがありそれ以来、わりと技を覚えるのが楽になりました。その気づきとは受けの形に気を配るということです。最初は受けのことなど関係なしで、どうしても仕手の形のことばかりが気になりますが、受け=相手があっての合気道です。相手が崩れてくれない、とか言う前に崩すには自分がどう動けばいいのか、を考えれば技になってきます。もちろん、受けをとるときには仕手の動きを考えていれば、全体の調和が取れてきます。仕手と受け、それぞれを切り離して考えないのがいいと思います。

 

2、パターンで覚える

正面うち、片手持ち、横面うち、両手持ち・・・・・技のきっかけはいろいろあります。でもよく考えてみてください。1と2の違いはあっても正面うちならこういう風、片手持ちなら。。。とパターンがありますよね?そのパターンを組み合わせていけば技になります。覚えるのに苦戦している方にありがちなのが、そのきっかけの部分が覚えられていないことのように思います。正面うちの1の技なら仕手から打っていき、相手のひじを挙げるようにしながら大きく前進して受けを崩す・・・・ほぼ大体の基本技で正面うちの1の技はここから始まりますよね。だからもうこの部分は覚えなくて良いじゃないですか?そこから一か条、三か条、ひじ締め・・・それぞれにつなげていけば、後はその技特有の部分だけを覚えればいい。無理して1から10まで覚えこまず、今までの経験を生かして3とか4くらいからはじめれば良いじゃないかと思います。

 

3、とにかくやってみる

龍門下には教則DVDというすばらしいツールがあり皆さんにはぜひ活用いただきたいと思っています。でも、これを見ているだけでは強くなれません。もしそんなことができれば安藤先生もジム先生も商売上がったりになってしまいます。やっぱり道場にきて、胴着に着替え、相手を探して下手でも、できなくても、わからなくてもいいのでとにかくやってみることです。出来ないからやらないって言うのが一番損だと思います。最初はみんなそこから始めているのですから下手なこと、できていないことを恥じる必要などまったくありません。わからなければ遠慮なく聞いてください。でも、私たち指導者も魔法使いではありませんので、皆さんを朝起きたら上手になっていた・・・というふうにはできません。とにかくやってみる。Try&Error。これに尽きるように思います。

 

とまあ、偉そうに書いていますが私もいまだにできないことだらけですから。日々勉強。

 

ところで、昨日12月4日(日)の稽古にカナダから龍本部に合宿に来ているケン・クラークさんが滞日最後の稽古に来ていただきました。ケンさんは秩父の明龍館合宿にも来ていただき、また龍沖縄の10周年演武では明龍館の一員として演武してくださいました。10月から2ヶ月間の合宿の最後に吹上を選んでくれて光栄ですね。いつも以上にみっちりと稽古したっぷり汗を流していただき、吹上駅前の魚民において有志でささやかながら送別会をいたしました。記念品として明龍館のタオルに寄せ書きをし贈りました。ケンさんの和名は「剣」さんになりました。ダジャレとは言いません。当て字って言うんです。グレープフルーツサワー、何杯飲んだだろうか・・・

帰りの高崎線がめちゃめちゃダイヤ乱れて、ちゃんと帰れたのか少し心配ですが、ケンさん今回もありがとうございました!!また会う日までしばしのお別れです。

吹上同好会 さいとう

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の審査近し!(吹上11/26)

2016年11月29日 | プロフィール

ジム先生がロシア出張中とのことで、齋藤会長のご指導による稽古になりました。
冬の審査まで残すところ2週間、一般初心者の面々も稽古に熱が入ってきたように感じます。

11月26日(土)の一般初心者クラスは、
・対面での受け身の稽古
  片手持ち一ヶ条投げ→前方回転受け身
  四方投げ崩し→前方飛躍受け身
  両手持ち天地投げ→後方受け身
・基本動作
  臂力の養成(一)(二)
・級ごとに分かれて審査稽古

対面での受け身は、投げよりも受け身重視で。流れの中でしっかりと受け身が取れるように、
今後は受け身がちゃんと出来てるか、を重要視していくとの話でした。
審査稽古は、横面打ち四方投げ(二)座り技片手持ち側面入身投げ(一)正面打ち四ヶ条抑え(二)
後技両手持ち一ヶ条抑え(一)(二)など3級技を中心に教えていただきました。
3級技は全体の3分の1位しか稽古できておりません。まだまだ道のりは長~いです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木枯らし1号吹きあげ!?(吹上11/12)

2016年11月14日 | プロフィール

ご当地だじゃれでスタート・・・
齋藤会長の芭蕉の句に束の間の秋を感じつつも、早や木枯らし1号が吹く季節になりました。
私はというと秋の合宿には参加出来ず、運動不足からかしっかりと「腹肥ゆる秋」となってしまいました。
ということで今日は張り切っての参加です。

11月12日(土)の一般初心者クラスは、
・後方受け身(横方向に角度を付けて!)
・自由技、片手持ち一ヶ条投げ→体の変更呼吸投げ
・審査稽古、対面での基本動作
・基本技、片手持ち二ヶ条抑え(一)〔立ち技、座り技〕
・基本技、片手持ち二ヶ条抑え(二)〔立ち技、座り技〕
・基本技、片手持ち側面入身投げ(一)〔立ち技、座り技〕

張り切ってスタートしたのはよかったんですが、基本動作の頃には汗だくになってしまいました。体幹に効いて
る感じがします。いや、効いてるはずだ、と言い聞かせて更に頑張る!
一般クラスは、冬の審査に向けての審査稽古で今日は5級技でした。最近入会の方たちも順調に級を上げて来られ
こちらもおちおちしてられません。SMNさんと私は座り技中心で稽古させてもらいました。思うように体が動か
ないもどかしさに、やっぱり日本人は椅子に座るようになっってから何かを忘れて来たんじゃなかろうか、と
自分が下手なのを日本人のせいにしてひとり納得しておりました。ま、いっか・・・

といろいろと考えながらやってるうちに(邪念が多すぎ!)今日の稽古は終了です。
齋藤会長より12月-1月で武器技クラスの案内をいただきました。おもしろそーですね。是非やってみたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特別講習会part2 護身技

2016年11月01日 | プロフィール

11月3日 春日部市民武道館で行います。

是非どうぞ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一番長い週末(前編)・・・10/22&23 吹上同好会

2016年10月26日 | プロフィール

一年で一番長い週末でした。

一年で一番長い週末でした。
ご存知の通り、10月22日は第61回全日本養神館合気道総合演武大会。この日のため、まだ暑いうちから準備を始めました。少年部は基本動作・基本技・自由技をジム先生のアレンジでオリジナルのメニュー、白・茶帯組は「基本動作と関連技」の前半部分、一般は「短刀操法、短刀どり」。
今回は吹上同好会としてではなく、「ALL明龍館」としての出場です。


もちろん、初の試みでやる側としても「いったいどうなるのか?」、不安とも違うなんとも言い難い感覚でしたが、こんな時こそ僕の尊敬するあの人の言葉「迷わず行けよ。行けばわかるさ。」がネオンサインのごとく、脳みその中にピカピカ浮かんでくるのです。そう!危ぶめば道はなく、踏み出せばその一足が道となるのです!!


稽古自体が順調にいっているのか、いないのか?今一つつかみきれずにいましたが、だんだん形になっていく過程はいつものことながら充実感があります。
10月16日に大会前の最後の稽古後、ジム先生ともある程度の手ごたえを確認しあいましたが、冗談で「間際になって急きょけがで出られない人が出たりして~」と笑い合っていましたが、まさか、現実になるとは・・・
鋼鉄の肉体Mr.Tが急病のため、安静加療!どうすんだ!!たまたま、木曜日の龍本部のジム先生のクラスに出ていたので相談。僕が抜ければ仕手受けがうまく組めるのでそれでGO! 腰痛で前週の稽古ができなかったHさんも復帰できる見通しでめでたし!

少年部のほうはジム先生にお任せしっぱなし。こちらでも急に怪我の子が出て、サクマが代打で出場。数回の稽古で見事に代役を務めてくれました。エライ!まだ入会してから1年もたっていないのにこの対応力。素晴らしい。

黒帯のほうは正直、集中しきれない部分はありましたが何とかかんとか。。。他の二人の仕上がり具合は正直見ていませんでした。済みません。

ファミリーもH家親子が出場でしたが、サクマの少年部への緊急登板があってもきっちり決めてくれました。


さあーそして当日!と行きたいところですが、吹上~駒澤大学の遠い道のりを考えると「じゃ、現地集合ね~」と言えない現実。電車の時間、乗り換え、集合・・・アレンジしたものの上手くいかないのが世の常で、やっぱりなあ・・・

いろいろあったものの、当日。
絶対暑くなることを見越した僕の服装に対して、妻のダメ出し。これはいつも通り。

電車組も体育館までの途中で何とか全員合流、自動車組はどうなんだ??ひと家族は道に迷ってしまいましたが全員集合!
 


恒例の龍朝礼のあと、記念撮影。明龍館ミーティング。

座席を確保し、着替えてさあリハーサル・・・と思ったけどムリ。畳の上はもう大渋滞。並び順だけ確認して、フロアで号令のリズムを確認。あとはHさんに並びの調整をしていただきました。Hさんありがとう。

開会式が終わったらすぐに一般の短刀どり。白帯のほうのリハーサルができなかったことで集中しづらい状況でしたが、個人的にはやはりそれが出てしまった演武でした。まだまだ精神修行が足りません。。。皆さんには足を引っ張ってしまったか。すみませんでした。

ほっとする間もなく、今度は白・茶帯の演武。
いきなりやっちまった。。。
けど、やっちまったものは仕方ない。。。
気を取り直して次からは無難に。意外に会場が広くて、一番向こうが死角になって見えないことまでは予想外でした。
内容は皆さん、よく合っていて呼吸が揃った良い演武だったと思います。それだけに僕の号令ミスが悔やまれます。。。

次は競技演武。今回明龍館からは黒帯の男子二組、女子一組が出場しました。男子のほうは若手のエース格が満を持して登場。実績もたっぷりで期待も大!
女子はわれらが吹上同好会からの二人。一人は一昨年も出場しましたが、全日本の厚い壁に跳ね返されました。今年はどうだ?!

ちょっと今回は長くなりそうなので、前編はここまで。

吹上 さいとう


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満身創痍で臨む (吹上10/15、16)

2016年10月17日 | プロフィール


「養神館合気道総合演武大会」まで残り一週間となりましたが、吹上同好会の参加者は体のあちこちが悲鳴を
上げながらも正に満身創痍!若干の不安を感じずにはいられませんが無事演じきれると信じております。

少年部新入会員。皆さんよろしくお願いします。 10月15日(土)は、
・前方回転受け身(反転しながら左右)
・自由技、片手持ち一ヶ条投げ(左右)
・基本技、片手持ち二ヶ条抑え(一)(二)
・昇級技、肩持ち二ヶ条抑え(一)
・演武稽古、審査稽古

自由技ではまずは体の反転(向き)をしっかり覚えるために手を取らずに仕手の周りを回り受け身、分かりやす
く教えていただきました。その後手を取りながら投げからの受け身だとすんなりできました。
技は二ヶ条尽くし。昇級技の肩持ち二ヶ条抑えだと、受けの手を肩に密着させたまま二ヶ条の形を維持しなけれ
ばなりませんが、仕手の体勢を低く保たないとすぐに離れてしまいます。うーん、これは難しい、もっと稽古せんと
いかんばい。

10月16日(日)は、
・前方回転受け身(反転しながら左右)
・自由技、片手持ち一ヶ条投げ(左右)
・演武稽古、審査稽古

今日は、秋の審査(6~8級)をOKDさんが受けられます。昨日少しだけ稽古の相手をさせてもらいましたが、
心配しなくても大丈夫!落ち着いて受けられてました。合格間違いなし、でしょう。
さて、演武稽古もいよいよ本番を残すのみ。緊張はするもの!初参加の皆さん、是非、演武を楽しんできてください。

また、吹上アリーナ周辺で開催されます「コスモスフェスティバル」において、我が吹上同好会も合気道の演武
をお見せする予定です(10月23日(日)午後)。興味のある方は是非足をお運びください。1,000万本のコスモス
も待っていますよー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鴻巣花火、まさかまさかの4尺不発!(吹上10/8)

2016年10月11日 | プロフィール

さて今日は、最近ではすっかり有名になった「こうのす花火大会」の日です。ここ吹上アリーナも大勢の人が絶好の場所を確保しようと集まって、始まるのを今か今かと待っているようです。その前に楽しみは今日の稽古が終わってから、ということで、

本日の一般初心者は、
・後方受け身
・自由技、一ヶ条投げから呼吸投げ

・演武稽古と審査稽古
演武稽古もだいぶ出来上がってきたようです。時間内にしっかり収まってるのもいいですね。
私は、次の目標である昇級技の稽古ですが、まだまだ技の名前からすぐに動き出すことが出来ません。あー、帰ってもう一回DVD見なきゃ、としきりに思う自分でした。あ、でも今日は花火見たいし、DVDは明日にしとこ!

ということで、花火見にきました(近所から 見えますねん)。ギネス世界一の4尺玉!すごいですよー!
それなのにそれなのに、今回は上がる前に爆発したみたいで残念ながら失敗!
でもメゲるな鴻巣花火、来年夜空に大輪の花を咲かせるのを楽しみに待ってるぜー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研究してください

2016年10月04日 | プロフィール

http://meiryukan.blogspot.jp/2016/10/tanto-soho.html

短刀操法

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コスモスの季節、到来!(吹上10/1、2)

2016年10月03日 | プロフィール
月日の経つのは早いもので今年も早や10月。荒川の土手にもコスモスが咲き乱れる季節になりました。

いくらか涼しくなりここ吹上同好会の皆さんも、演武稽古、審査稽古 それぞれに熱が入ってくるのが感じられます。

10月1日(土)は、
・前方回転受け身連続
・基本動作連続
ここからは演武稽古と一般稽古と分かれて、
・片手持ち四方投げ(一)(二)
・正面打ち一ヶ条抑え(一)(二)
・片手持ち二ヶ条抑え(二)
・自由技、正面打ちから一ヶ条投げ、呼吸投げ、四方投げ(ちょっと自信ないです。間違ってたらごめんなさい)





10月2日(日)は、
・前方回転受け身連続
・基本動作連続
ここからは審査稽古と一般稽古と分かれての稽古になりました。
・締めはもう一度全員で基本動作連続

演武稽古、審査稽古、一般稽古とそれぞれのグループに分かれての稽古がしばらく続きます。私は田畑先生から基本動作をご指導いただきました。体の変更では相変わらず腕の 向きと体の向きが合っていない悪い癖が露呈。上半身の力を抜く(これがなかなか出来ません)。受けと一体になることを意識して。基本動作の時も技をかけてるつもりでやると楽しくなる。正に目から鱗!

さーてさてさて、全日本養神館演武大会に向けた演武も全体像が 見えてきました。今回は私は参加出来ませんが白帯組からも初参加の方が何人かいらっしゃいます。皆さんがんばってください。応援してまっせー!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加