リョウヤの部屋

どうぞごゆっくり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NIC international college in japanの卒業生が企業から評判な理由

2013-12-24 16:16:12 | 日記
留学で心配されるのが、就職です。
日本の就活事情は海外とはまるで異なり、3年の4月から情報収集、
企業の評判吟味、履歴書製作練習、
面接練習などをしておきませんと、間に合わないと言われています。
そして、ベンチャーや大手と言われる企業は
4年に進級する前に新卒採用を打ち切るところすらあります。
さらに、日本は新卒以外の就活生には厳しいという悪しき文化・風習があります。
それゆえ、4年の5月末に卒業して帰国する留学生には、厳しい社会とされています。

海外留学を斡旋する大学NIC international college in japanは
高い評判の就職サポートが揃っています。
そもそもとある理由からNIC international college in japanの
生徒には就職サポートは不要かもしれませんが、
本ページにて様々なサポートを紹介します。

どこの大学にも就活指導部はあるかもしれませんが、
NIC international college in japanでは“海外在住中”から
就職活動の動き方やエントリーシートの書き方、
模擬面接、業界の評判、OB・OGの紹介をしてくれます。
通常は帰国後からのサポートがメインと思われがちですが、
ココの強みは海外在住中からが可能なのです。
なお、一部の超大手の企業ですと、
海外の夏休み・冬休みに合わせて説明会を開いているところもあります。

そして、NIC international college in japanの生徒には
就職サポートが不要とされる理由は、人間として完成されているからです。
企業が就活生に求めている条件は「主体性」「課題発見力」
「想像力」「働きかけ力」の4項目とされていますが、
ココの卒業生は全て身につけていると評判になっています。
最早、6月入社の既卒として働けるほどに優秀な人材なのかもしれません。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NICで留学に対する不安、言葉の壁を乗り越えろ!

2013-10-25 19:26:33 | 日記
海外の大学で学びたい…

そう思いつつも、英語力への不安などから
海外留学を諦めてしまう学生も少なくないようです。
若い人の可能性が言葉の壁で潰れてしまうのは
非常に残念なことです。

そんな夢を持った学生にオススメなのが、
NICがサポートする本気の留学です。
NICでは年間1,000時間の集中カリキュラムで、
留学に必要となる英語力を身に付けるだけでなく、
米国大学1年次の教養科目履修で最高30単位まで取得でき、
渡米後2年半~3年で4年制大学の卒業資格を得ることもできます。
また、NICのスタッフが勉強面・生活面の両方から
サポートしてくれるので、学生は安心して留学に臨むことができます。

NICの留学で、あなたも世界を動かすチェンジメーカーとなってみませんか?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NIC International College in Japanで芸術系の大学を目指す

2011-12-08 18:10:18 | 日記
私の従兄弟は幼いころから絵を描くことが好きで、
将来は海外の大学で美術を学びたいと考えています。
しかし、英語には全く自信がないので、
しっかり勉強して基礎を固めてから留学したいと言っています。

特に従兄弟はイギリスにある芸術系の大学に
留学したいと言っていました。
なぜなら、イギリスにある多くの芸術大学が
国立であり、全世界から様々な芸術感覚を持った学生が
多く留学しているため、より多くの刺激を
受けることができる
と語っていました。

しかも、海外の大学は、
日本の大学と比べて学費も比較的安いそうです。
中でもヨーロッパの大学になると、
日本の国立の半値以下のところもあるそうです。
(イギリスはどうかは分かりませんが…)

しかし、倍率もかなり高いため、
英語力も含めて独学ではかなり難しいとのこと。

そこで、NIC International College in Japanなら
芸術系の大学への進学実績もあるということを教えてあげました。
NIC International College in Japanには
これまで8000名を超える学生を受け入れてきた実績があり、
NIC International College in Japanを通して
海外大学に留学した人の多くが世界で活躍しています。

独自の「転換教育」という教育方法で、英語力を始め、
プレゼンテーションの指導や、
コミュニケーションスキルも高めてくれるので、
NIC International College in Japanで学べば
従兄弟が望むようなしっかりとした基礎が
築けるのではないかと思います。

従兄弟は自分なりにNIC International College in Japanについて
調べてみると言っていました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NIC International College in Japanが紹介する海外の学部学科

2011-11-15 17:06:17 | 日記
NIC International College in JapanのHPに
海外の大学の学部学科について書いてあるページがあり、
面白そうなので見てみました。
語学系や経営学系など、日本でもお馴染みの学部学科の中で、
「その他」という項目が目に入り、詳しく見てみると、
アメリカやイギリス、オーストラリアの大学では、
日本の大学で学ぶことのできない学部も多く存在する

と書かれていました。
NIC International College in Japanによると、それらの国の大学には、
テレビ、ラジオ、新聞等のマスメディアでレポーター、
アナウンサー、プロデューサーとして活躍する人材を育成する
ジャーナリズム学やブロードキャスティング、
人間が生まれてから死ぬまでのプロセスを学ぶ人間発達・家族研究、
その他犯罪学、法医学、社会福祉等、
日本ではなかなか学ぶことができない専門分野を学べる
学部学科が多くあるそうです。
NIC International College in Japanは
それらの学部を持つ大学への進学実績もあり、
いくつかの大学が紹介されていました。

また、日本にもある学部でも、
日本よりも専門的に学べるということが
NIC International College in JapanのHPには書いてありました。
例えば、物理学などは教育レベルが高く、
研究施設も充実しており、
学生でも高度な機械を研究に使うことができるそうです
NIC International College in Japanはこれまで多くの学生を
専門系の学部に輩出しているので、
その分野で留学するうえで大切なノウハウも持っているそうです。
興味のある人はNIC International College in Japanが開催する
個別相談会に行ってみるといいかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NIC International College in Japanの学生の勉強量

2011-10-06 15:14:02 | 日記
NIC International College in Japanの学生は、
普通の大学生よりもずっと勉強している
」と聞きました。
確かに、NIC International College in Japan
1年間という短い期間で留学のために必要な英語力や
基礎知識などを身に付ける場所ですから、
普通の大学より勉強はハードになると思います。
でも実際にはどれくらい勉強しているんだろうか?
そう疑問に思ったので、NIC International College in Japan
HPで紹介されている学生の1週間を見てみました。

HPではNIC International College in Japanの学生3人の
1週間のスケジュールが紹介されていたのですが、
驚いたことに、スケジュールの中に必ず
「勉強」という項目があるんです。

もちろん学校の授業以外の勉強です。
皆さんアルバイトの前のちょっとした時間や就寝前、
休日の時間を利用して勉強しているようです。

一般の大学生の1日平均勉強時間が2.9時間(授業時間含む)
であるのに対し、NIC International College in Japanの学生の
1日平均勉強時間はなんと5.17時間
しかも授業の時間は含まれていないそうです。
欧米スタイルの勉強についていくというのは
やはり大変なことなんでしょうね。

一度、留学している友人に聞いたことがあるのですが、
海外の大学の学生は月~木は授業後、
帰宅せずにそのまま図書館などで授業の予習や復習
夜遅くまで行っています。
(金曜の夜は飲みに行ったり、遊びに行ったりするそうです)

それでもNIC International College in Japanの学生が頑張るのは、
留学して学びたいという大きな目標があるからだと思います。
NIC International College in Japan
ハードbut楽しい」と言われているのも
納得できるような気がしますね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加