リョウテイのボログ!リョウテイ!両手じゃない!

リョウテイが見つかった面白い記事を転載するところで~す~!

【速報】Apple Watch 新型 2017年秋に発売予定!最新情報を一日も早く!

2017-03-20 14:03:42 | 新たなもの

新型 Apple Watchのこと期待している?2016年にリリースされるApple Watch Series2という名を見ると、これからきっとApple Watch Series 3があるとわかる。最新情報によると、そのApple Watch 新型 2017年以内に公開されて発売される予定!発表も発売も秋で、アップルウォッチ 価格も変わることはしないそうである。では、詳しい情報はこれからご紹介してあげる。


Apple Watch 新型 2017年公開・発売情報


新型 Apple Watchは2017年秋で発表する情報が確認された。具体的にいえば、iPhone8と同じく、アップル新製品発表会で公開されて、その後発売されると言われている。製造は台湾のQuanta Computerが行うことも、台湾からのニュースで確認された。どうやらトランプ大統領がアメリカ製造業再興方針に積極的に応じるApple社は依然として海外でApple Watch Series 3を生産することにする。これで人口費用の増えによってアップルウォッチ 価格が上がることはしないと期待できる。性能も向上され、新機能も楽しめるApple Watch 新型 2017機種は今のApple Watch Series2と同じ値段で買えることが期待できると、UKからのニュースで報じされている。つまり最安で27800円で新型 Apple Watchを手に入れるということになる。


あわせて読みたい


Apple Watchを買いたいがどちらを買うか分からないお方はこの記事ヘ:


Apple Watchメリット・デメリットを初心者にも分かりやすく解説>>


新型 Apple Watchに性能向上と機能追加、なにが期待している



Apple Watch Series 3に一番期待しているのはそのバッテリー持ち。Apple Watch 新型 2017機種はバッテリー駆動時間が改善される。が、バッテリー容量が増えるかどうかと今わからない。新しい電池技術を採用し、バッテリー性能が向上され、動作時間も待機時間も長くなる。その新しい技術を採用したバッテリーが搭載される新型 Apple Watchなら3日から4日程度充電必要ないので、エクササイズや小旅行のようなことに充電設備を持つことはいらない。


Apple Watch 新型 2017機種に8GBストレージもあるが、ほどんとシステムに取られて、あとは2GBの画像と75MBの音楽だけが保存できる。watchOS3以降のシステムがアプリをインストールできるが、このような空き領域は全然足りないと思う。それ以外にハードウェアについては変更ない模様となる。また、多くの人に期待されている睡眠管理機能と心拍センサーによるユーザー認証などの新機能に関する情報は今確認されていない。


Apple Watchの行方予想:Apple Watch Series 3から毎年リリース?



2017年に新型 Apple WatchはiPhone新機種と同時に公開される可能性が高い。これからもiPhoneのように毎年リリースして、アップルウォッチ 価格も規則的に変わるかと期待している人もいる。が、Apple Watchが売上はiPhoneの程度にならない今は毎年も進化すると思われていない。


デザインの方は、Apple Watch 新型 2017に大きな変更がないが、近い未来で円形のスクリーンが搭載する機種が追加されると予測されている。アップル社はすでにその対応な免許を出願済みと報じられる。それに、単体でのLTE通信機能も期待できる。


が、これにしてもApple Watch Series 3をはじめとするこれからの新機種は流行るはしない。その一番の理由は値段が高すぎる。今新型 Apple Watchを買えば最安で27800円を支払うが、スマートウォッチとしては高い。もし1万円程度だったら流行ることは幻ではなくなる。また、iPhoneヘの依存も今Apple Watchが流行っていない原因だと思われている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリップ ボックス 使い方全... | トップ | Galaxy新機種情報参上!Samsu... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。