Road to 一級建築士(四十代の挑戦、改め 四十代での惨敗)

角番から学科へ 完全独学

H28 学科不合格
H27 学科不合格
H26 角番失敗

続 構造力学 ぼちぼち

2016-11-01 12:40:18 | 学科Ⅳ(構造力学)
11月になりましたが構造力学を継続中
静定・不静定」の問題を進める内に、静定と不静定をごちゃ混ぜして
いることに気付き、問題のパターンを振り分けることにしました。

「静定・不静定の問題パターン」
・判別式
・静定の応力
・不静定の応力
・不静定ラーメン
・その他 曲げ、せん断図

問題パターンに過去問を振り分けなければならないので
これまで25年間の問題図形をパターン分けして、出題傾向を表にしてみた。
ビフォアフターの「なんてことでしょう♪」の言葉がぴったり。
一発で出題傾向の流れがわかります。

「静定の応力」の、梁及びラーメンのつり合い条件が八割近く出題されています。
次に「不静定の応力」
「判別式」は25年間の内に3問です。

どの問題に時間を掛けるか、これで理解できそうです。

十月末になった頃には力学の各出題傾向を作成し終えました。
今はパターン振り分けを作成し、各パターンの解答方法を作成中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度一級建築士 製図試験前日ですね

2016-10-08 18:18:20 | 製図
製図試験まで一日を切りました。
台風の心配もありませんが、
全国的に雨の心配があるみたいなので時間に余裕を持って移動して下さい。

独学、しかも初めての受験生にとっては試験場までの移動中も
不安に心穏やかではなかったり、異常な感情を奮い立たせたりすることも
あろうかと存じますが、そこは平常心で試験場まで辿り着いて下さい。
移動中に余計なエネルギーを使わないように気を付けましょう。

試験会場に着いたら周囲の受験生の詮索をしないこと。
自分が勉強してきたことに集中です。
せっせと製図板と鉛筆をセットしましょう。

エスキースがまとまらなくても焦らないこと。
焦っていると感じたときは手を上げてトイレに行きましょう。
一度、気持ちを落ち着かせましょう。
但し、余計なプランなどを考えないことです。
思わず「ひらめいた!!」なんてことは絶対に避けて下さい。
地獄への扉を開けることになるかもしれませんのでご注意を。

もう一度、ひらめきは不要です

課題を生かしたプランで大丈夫です。

以上、反面教師より。

皆様のご検討をお祈りいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

構造力学 ぼちぼち

2016-09-26 17:55:21 | 学科Ⅳ(構造力学)
構造力学
断面の性質」「応力度」「全塑性モーメント」を
八割ほど理解しながら現在「静定・不静定」に進んでいます。
十月までには力学を一巡りしてみたいものだ。
でも、このペースで大丈夫か?
大きな壁だが、今年は正面から体当たりしてます。

やれるだけやってみる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度学科試験結果

2016-09-09 14:19:50 | 学科検証
平成28年度 学科試験の結果は

Ⅰ.計画   12
Ⅱ.設備環境 12
Ⅲ.法規   23
Ⅳ.構造   16
Ⅴ.施工   17

合計 80

速報採点時より2点下がっていた。

勉強した時間の量、質、忍耐力を考えるとこれが妥当な点数なんだと実感。
全ての面で劣っていたこの二年間。
勉強の時間を極端に減らしていたし、最終的には質を上げる勉強よりは
とにかく問題を解くことが先になってしまった。
仕事を理由に勉強から離れ、再び始めたころには気持ちがついていかないし
時間もない状態だった。
だから今年のテーマは「継続」なんだな。
それには不得意教科を今から取り掛かること。
自分の場合は構造力学。
一応、今は継続的に力学を進めています。
しかし問題をただ計算しているのではなく、理解力をつけるにはどこが
ポイントかを書きながら解いています、いや、解きたいのだが計算が分からずに
解ききれるまでには至らずなことが多いぜ力学(TーT)フゥ…

頑張ろっ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 今年も注意を受けた法令集の書き込み

2016-09-02 15:10:26 | 学科Ⅲ(法規)
法令集の書き込み、今年はアンダーラインの他には鉛筆で丸書と必要なページを書いただけ、
これなら大丈夫のつもりで安心していたんだが、残念ながら一つだけ注意を受けました。

どうやら書き込み禁止をまとめたマニュアル本があるみたいだね。
多分、資格学校はそのテキストを把握しているのではないだろうか?
何故か注意を受けていた受験生は、オレンジ本か黄色本を持ち込んだ人たちばかり。
そんなに便利なのか本、と驚いた。

そろそろ自分もオレンジからに変える時期なのかな。
でも、法令集を変えたから注意されないという保証はないんだけどね。

今度は検討してみることにしよう。


現在の勉強内容。
力学の応力度計算に悩まされ中。
式の計算が分からず答えまで辿り着けない。
こう言うことの繰り返しだぜ、構造力学。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 学科試験 理解率

2016-08-27 15:46:30 | 学科検証
平成28年度学科試験の理解率

試験当日、50%にも満たない理解力で試験を受けていたようだ。



毎年、同じ内容の勉強を繰り返してもおそらくこの理解率にしかならないだろう。
勉強は過去問だ! と、やたら唱えていたことに落とし穴があったような気がする。
過去問が問題なのではなく、
知らず知らずの内に、勉強の勉強の為に過去問を繰り返していた。
それが大問題。
こんな思考の元、試験を何度も繰り返している自分を「試験ばか」と言うらしい ヒイィィィ!!(´Д`ノ)ノ
正直、もう後がない、いや、この歳になると先がない? と言うべきか。
いかにして環状線型を終点型に切り替えるかを考えなければならない。

まずは、どれだけレベルアップすれば合格ラインに辿り着けるのか。
点数で言うと、5科目3点アップを目標とすることにした。
82点+5×3点=97点
これは最低ラインと自分に言い聞かせている。

不得意分野は自己流難易度で抽出できているので、そこから理解力をつけることにしたい。

現在、世界史と力学断面の性質を進行中。


試験の為の勉強ではない。
合格の為の勉強をやらねばならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 難易度 Ⅴ施工

2016-08-23 19:02:28 | 学科検証
平成28年度学科検証

学科Ⅴ施工

超難問 問題4枝の中で一つ理解できなかった
難問  問題4枝の中で一つだけは理解できた
普通  問題4枝の中で二つは理解できた
易   問題4枝の中で三つは理解できた

注)自己流なので何の根拠もありません


ランク超難問とランク難問が少ない割には点数を伸ばせなかった施工。
施工も、他の教科と同じくランク普通の問題をミスっている。
正解率が高い問題の間違いが二問。
過去問を記憶していたら間違えそうにない問題を間違えてしまう。

記憶と言っても全部が全部を暗記できるわけではないので
薄い記憶を正解に近づける練習を考えてみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 難易度 Ⅳ構造文章

2016-08-17 13:04:11 | 学科検証
平成28年度学科検証

学科Ⅳ構造文章

超難問 問題4枝の中で一つ理解できなかった
難問  問題4枝の中で一つだけは理解できた
普通  問題4枝の中で二つは理解できた
易   問題4枝の中で三つは理解できた

注)自己流なので何の根拠もありません


ランク超難問は、問題数の多い鉄筋コンクリート造と鉄骨造が各一問、あと耐震と材料。
ランク難問も、鉄筋コンクリート造と鉄骨造、それに材料関係も入っている。
ランク普通は、想像していたよりは正解率が多かったようだ。
ランクは、木造関係。

勉強方法としては、出題が多い鉄筋コンクリート造、鉄骨造、材料の分野を早めに取り組むこと。
また構造計算のルートも完璧に理解しておきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 難易度 Ⅳ構造力学

2016-08-10 18:32:21 | 学科検証
平成28年度学科検証

学科Ⅳ構造力学

超難問 問題4枝の中で一つ理解できなかった
難問  問題4枝の中で一つだけは理解できた
普通  問題4枝の中で二つは理解できた
易   問題4枝の中で三つは理解できた

注)自己流なので何の根拠もありません


ランク超難問は、崩壊とトラスの二問
試験前の勉強では、共に点数を稼ぎたいと戦略を練ったのだがあっさりと撃沈。
解答まで辿り着かなかった。
ランク難問は、曲げモーメントの一問
計算はやったが正解とまではいかず。
ランク普通は、全塑性、たわみ、固有周期の三問
計算は過去問を思い出しながら答えまで辿り着いた。(正解は別として)

手も足も出ないわけではなかった。
理解力を磨けば二点はアップできるのではと考えられる。

得点アップするには基礎から学び直したい。
自分だけで理解力をつけるには時間が掛かりすぎるので
まずは講師を探す、まずはそこからだ。

そして、超易しい力学を作成する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 難易度 Ⅲ法規

2016-08-09 18:23:00 | 学科検証
平成28年度学科検証

学科Ⅲ法規

超難問 問題4枝の中で一つ理解できなかった
難問  問題4枝の中で一つだけは理解できた
普通  問題4枝の中で二つは理解できた
易   問題4枝の中で三つは理解できた

注)自己流なので何の根拠もありません


超難問は、枝4問とも法令集を見なければ解けなかった問題
難問普通も法令集をちらちら見ながら解いていた。

結構多いことに気付く。
これが苦戦した原因だとわかるし守りに入った証拠だ。
やはり法規の問題は、いかに法令集を使わずに問題を解いていくかだよね。

容積率、高さの計算問題は間違えないように解く練習を重ねたい。

法20条の構造関係、防火区画に避難上の安全検証も解けなくなっている。

ここは早めの対策を検討しておきたい。

法規の問題は過去問の記憶は勿論のことなんだが、法令集の流れを覚えることと
条文の分析も必要なんだとおもう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加