Noblesse Oblige

「裕福な者には使命がある」

これからは、使命感をもって活きましょう。もっと、もっと、知りましょう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

戦略コンサル

2012年05月25日 14時30分03秒 | コンサル日記
戦略コンサルといえば、マッキンゼーやBCGを思い浮かべるかと思いますが、アクセンチュアやアビーム等の総合/IT系、PwCやデロイト等の会計系にだって戦略部門はあります。

ところが、戦略といってもその中身は全く違うもので、マッキンゼーやBCGがクライアント先に入り、ヒアリングを行い、仮説検証のプロセスを経てレポートを提供することを目的に活動する一方、それ以外の場合はレポートも作りますが、実際に行動に移します。

ただレポートを提供するだけでなく、言ったことを自ら実践し、実現する。これが戦略コンサルとそれ以外の違いです。


*****


というのは建前です。

実際は戦略コンサルが提案するような内容、作成するレポートと同等の質を持つレポートや提案はそれ以外のコンサルファームにはできません。
戦略コンサル以外が作成する戦略は、せいぜい実行計画止まりであり、事業計画の域には達しません。
もしそういう仕事がしたいのであれば断然戦略コンサルで働くべきです。

はっきり言ってしまえば、戦略コンサル以外のファームにいる戦略部門の方々は、

1)頭が足りなかったから戦略コンサルファームに行けなかった人
2)戦略コンサルファームにいたけど頭がついていかなかった人
3)戦略コンサルファームでうまくいったからちょっとおバカな子たちに戦略ぽいことを教えてあげようとする人

の3パターンです。

本当に頭の良い人、仕事のできる人なんてのは、本当にごく僅かのほんの一握りの人たちだけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロジェクト日記1:民間企業へのSAP導入

2011年03月05日 12時17分04秒 | コンサル日記
コンサルティング企業は様々ありますが、私が勤務しているところはいわゆるIT系とか、総合系と呼ばれるコンサルティングファームです。故に、対象領域は業務的にも業界的にも非常に幅広く、多種多様な経験ができるわけです。

最近、就職活動をしている方や、コンサルって何?という人からの相談がきます。すでに多くの外資系コンサルファームが今年度の募集を締め切っているこの時期にどうなのかとも思いますが、これから全5回にわたって、これまでの経験を書き連ねたいと思います。視点はあくまで、働きながら感じること。こういうプロジェクトであればこういうことが身につくとか。果たして最後まで書けるかわかりませんが…。そして、文章は相変わらずあまり考えないで書くので汚いです。

~シリーズ~
1.民間企業へのSAP導入案件
2.公的機関の既存システム調査案件
3.BOPビジネスに係る海外調査案件
4.医療機関のシステムリプレイス案件
5.民間企業へのiPhone導入案件

***

1.民間企業へのSAP導入案件
SAPとは、ERP(Enterprise Resource Planning)システムを提供する代表的な会社の1つです。ERPとは、「企業全体を経営資源の有効活用の観点から統合的に管理し、経営の効率化を図るための手法・概念、およびこれを実現するITシステムやソフトウェアのこと。」(IT用語辞典)です。

コンサルタントとして働くためには、会社の仕組や業務の流れを俯瞰的に把握する力が絶対に必要です。どの部門で何をやっていて、それが自部門にどう係るのか、しかもそれが会社全体でどう位置づけられるか。一般的に、こうした鳥の目(メタ視点・木を見て森を見ず)を持つ経営者や管理職の方は少ないです。だから、コンサルタントの仕事がある。

その意味で、ERPの導入とは会社全体の資源配分が適切に行われているかを俯瞰的にチェックするまたとない機会だと思います。

会社の業務を俯瞰する(森)⇒個別の業務プロセスを確認する(木)⇒既存のプロセスとERPを導入した場合のGAPを調べる(森)⇒GAPをどう埋めるかを考える(木)

森を見て木を見て、また森を見て木を見る。

個別の業務を理解することは当然として、その業務が他の何に繋がるのか。それは、ERPを導入する前と同じなのか、それとも違うのか。大きな視野を持ちながら、細かい作業の繰り返しです。

作業は実に地味です。毎日業務の担当者にヒアリングを行います。ERPを入れた場合、業務がどう変わるのか。それがどう影響するのか、あれこれ推測した上で、それでも考え忘れていることはないかを確認します。ここで確認し忘れていることがあると、システムが全て出来上がってから、ここは違うとか、あれば直すべきだというリクエストがきてしまいます。緊張感を持って、それでも何百、何千とある業務プロセスを標準化していくわけですから、急いでやる必要もあります。

SAPは一般的な企業の業務プロセスのベストプラクティスなので、基本的にどの会社に導入しても、そのままある程度は使えます。ですが、個別業務の確認をしていくうち、どうしても既存のこの業務プロセスは変えたくないというものが出てしまいます。その場合には、そのはみ出した部分を追加開発することになります。開発作業は通常、コンサルはやりません。開発業者に委託し、彼らが正しく開発しているかをチェックします。今度は開発者とのコミュニケーションが必要です。

SAP導入で身につく能力は多種多様ですが、やはり幅広い業務知識と業界知識、全体を見渡す力と個別を細かく見るちから。その相関関係を把握する力。そういった力が身についた気がします。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社会人も三年目になりました

2009年08月05日 21時54分43秒 | ぼやき
このブログ、まだ廃止してませんでした。
前回の更新が1年前・・・。

1年ぶりに書きます。
誰が読んでおられるのかわかりません。

社会人も3年目に突入しています。
未だ会社は変わらず、役職は1つだけあがったけど、
役割的にはあまり変わらず。

今やっている仕事は医療系のITコンサルです。
医療系のおもしろさは、バリデーションの複雑さ。
業務は非常にシンプルなのに、業務に係る法律の深いこと。
命の係るシステムに携わるという意味では責任の重い、
しかしやりがいのある仕事です。

もうひとつ。
大学のITコンサルもやっています。
こちらは、英語を使った業務。
初の英語での仕事です。
外交官試験を受けてたとは恥ずかしくていえないくらい英語力落ちてます。
いま、かなり焦って英語力取り戻そうとしてます。

大学院の受験は来年度はあきらめました。
もう少し、仕事に集中したい。
そうして仕事偏重でもともとやりたかったことから遠ざかる。
そんな感覚を持ちつつも、今の道とは違う昔から目指していた場所へと、
あの場所へと戻ろうというモチベーションが沸かない。

いまが、充実しているから。

いまが、成長できている時期だから。


また、来年、更新します。
もし、このブログを読んでおられる方がいればコメントください。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

社会人も二年目を迎えました。

2008年06月11日 00時15分27秒 | ぼやき
まだ、このブログを呼んでいただけるのだろうか・・・。
ふとした拍子に戻ってきました。

さて、外交官に向けて勉強をしていたのがはるか昔のように感じます。
社会人二年目です。

ビジネスコンサルタントして、仕事には慣れました。
少しずつですが、自分のバリューも出せるようになりました。

例えば、ミーティングを自分の考えでリードできるようになりました。
チーム全体の方針を自分が示す機会が増えました。
誰も解決案を提示できない問題を解決することができました。

とても、充実しています。
確かに、終電やタクシーなんてのはざらですが、そこは問題ではない。
少しでも早く成長できることを考えてがんばっています。

まだまだ未熟なところがあります。

複雑な問題になった場合に、理解力が他者に比べて著しく低いです。
ケアレスミスをよくおこします。
本当に今やっていることが自分の成長に繋がっているのか不安です。

まだまだ若い。
いろいろな可能性がある。
あせることはない。

しかし、本当に今の自分の姿が自分の求めているものか。
それは逃げにならないか。
とやかく言う前に行動をするというのが本当に正しいことなのか。

多忙な日々だからこそしっかりと意識していきたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナイロビの蜂

2007年04月14日 23時14分21秒 | 記事
ひさしぶりにDVDをレンタルして、家で映画鑑賞なんぞしてみた。「ナイロビの蜂」はずっと観たかった作品。

要約すると、英国の外交官が主人公。その妻の記者は、アフリカで配布されている薬に眼をつけ、製薬会社が『人体実験』を通じて巨万の富を得ようとしてることをかぎつける。

妻はそのことによって不利益を得る存在によって殺害される。そこで主人公は、外交官という地位を捨ててでもこうした黒幕を捉えるために奮闘し、非業の死を遂げるという内容。

二つほど、とても良かったなと思うところがあった。


一つは、アフリカの大地をものの見事に映像にしていて、ものすごくアフリカに行きたくなった。その素晴らしい大地とのある意味でのコントラストを使って、登場人物の心情を浮き立てている。本当に見事な大地だ…


二つ目は、資本主義の負の側面をこれでもかと訴えていること。ストーリー自体は、多少、非現実的(と僕は思う)な内容ではあったけれども、民間企業や援助機関ですら、自分の利益を中心的に考えているのが現実であり、それによって大きな不利益を得るのが現地の苦しんでいる人々であるということ。

その意味で印象的であったシーンは、スーダンでの難民キャンプでのこと。主人公は難民キャンプで働く援助機関の医者と話している途中、ジャンジャウィード(スーダンの武装勢力)に襲撃される。UNの飛行機で逃げる際、キャンプの子供を連れ込もうとするが、援助機関のパイロットは、援助機関の人以外は絶対に乗せられないといい、子供は自ら飛行機を降りる。これは、現実にもありえる光景だよね。


ただ、この映画を観ることによって、援助機関や企業を敵視するのは違うよね。たとい、そのような裏幕が現実にあったとして、援助の手を差し伸べ、各人が自立できるように手助けをし、または薬や食料を企業が提供することによって救われる人は大勢いるわけだ。


しかしまぁ、なんでアフリカ関連となるとこうネガティブなイメージの映画ばかりなんだろ。こういうのばっかだからネガティブなイメージばかり持たれるんだよ。実際には、ビル群があったり、裕福な生活をしてたりと、僕らとそんなに変わらない人たちだっていっぱいいるのにね…
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加