両国の布花と日々の暮らし ~阿藤雅恵布花Studio PRIMAVERA~

山上るい先生の布花をたくさんの方に知っていただき、布花を作る楽しさや技術のヒントなどを、お伝えしています。

サイトリニューアルしました。

教室やレッスンのご案内、過去作品のアーカイブなどを掲載しています。
阿藤雅恵布花スタジオPRIMAVERA
旧ブログはこちらからご覧ください。

趣味です、毛糸の花。

2017-01-29 09:49:13 | ニードルパンチ


楽しくてやめられないけれど、そろそろ布花だけに専念?かな
ハートは頼まれたので嬉しくて作りました。





本当はまだまだ作りました。冬のお誕生日プレゼントに喜ばれています。



今年の姉のお誕生日に。

この記事をはてなブックマークに追加

ハーデンベルギアレッスンと美味しいいつものイタリアンです

2017-01-27 22:12:50 | 布花レッスン


もうすぐベランダで蕾が開く準備をしている白いハーデンベルギアの完成です。
小さな小さな小花が並んだつる性の優雅な花です。
本物より一足先に咲きました。



小さなつるものは私の大好きなもので、つるが大木に絡まり上に伸びていくツルヤマアジサイのイメージです。
白、薄緑、薄紫などで作りました。どちらも9月にある生徒さんの布花展への準備作品です。
5人展は皆さん楽しみながら切磋琢磨されてどんどん成長していくのが素晴らしいなと思います。



皆さんと布花展の打ち合わせを兼ねて新年会です。毎回布花レッスンのランチでお世話になっている
カフェ ボンフィーノに行きました。
オードブルの次に出たいろいろな美味しいものです。



大好きなマシュルームのピザなど、とても美味しいです。



デザートは、お誕生日の方がいらしたのでイチゴのチョコレートでHappy Birthday と描いたスイーツプレートを用意してくださいました。
レッスンにいらした方に毎回行きたいと言われるランチでは、美味しいコーヒーが飲み放題で嬉しいです。
今夜もごちそうさまでした!


この記事をはてなブックマークに追加

銀座の紅茶屋さんリーフルは懐かしいインドの思い出

2017-01-25 21:01:16 | グルメ


銀座のプラダの裏にあるお洒落な紅茶屋さんは、店内が上品で紅茶の棚や
アンティークの銀器や紅茶カップコレクションなどいろいろ展示されていて
どれもとても素敵で心地よい店でした。
小さなカップでセカンドFlashの美味しい紅茶をサービスしてくれました。
美味しくて早速そのダージリンを買い求めました。
あまり素敵な店だったので写真撮影お願いしましたが、残念ながら表だけです。



社長の山田さかえさんとはだいぶ昔ですが、二人で2週間ほど彼女の紅茶の取引先のダージリンの農園や
アッサムとダージリンのオークションのためにテイスティングや紅茶の会社に行きました。
カルカッタやダージリンの旅は夢のように豪華で楽しかった懐かしい思い出です。
テイスティングには朝から食事は食べないで来るように言われ、日本から水も持参してきました。
オークションには多勢のバイヤーがチェアマンの前の椅子に並び、何も判らなかったけどワクワクドキドキの瞬間でした。
当時女性、それも日本人のバイヤーは私たちだけでしたから、とても物珍しくジロジロ見られました。
もちろん二人とも今よりずっと若かったのですが・・・。
山田さんは今も社長としてご活躍、ご本も出されています。
1月27日から29日まで神戸ハーバーランドで開催の神戸TEA FESTIVAL にもリーフルダージリンハウスとして出店。
山田さん自身いらっしゃるそうで、お近くの方は是非『雅恵の知り合いです』と話しかけてくださいね。
近かったら私も行ってみたい神戸です。

この記事をはてなブックマークに追加

昭和初期の花嫁衣装からダリアを作りました

2017-01-23 20:09:29 | 古布作品


浅葱色地に百花繚乱、孔雀などの金糸銀糸の華やかな柄なのになんとも上品な色合いが素晴らしい花嫁衣装です。
8年前に高校生の卒業式のためのコサージュ講習で、絹の着物の見本として日本の着物は素晴らしいと
理解しやすいようにと授業が始まる時に広げて見せていました。
18歳の男子学生にはまるで興味の湧かないものだったかもしれませんね。
でも素晴らしいものは必ず感じるかなとも思います。



刺繍も入っているので少しコテあてはし難いですが、大輪のダリアになると豪華ですね。
もう少し作ろうと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

初心者レッスンは忘れな草、小さな水仙がオススメです

2017-01-22 10:30:43 | ニードルパンチ


小さな小さな型抜きを600枚ブルー、トルコブルー、紫などで忘れな草色に染めます。
葉は絖と薄絹で染めました。



咲き始めの忘れな草と・何日かして、茎が伸びた姿も一緒に作ります。沢山できますが、ご自分のペースで楽しんでくださいね。



小さな水仙は、るい先生のご本には黄色で葉が付いていない水仙が載っています。黄色葉可愛いですね。
白の水仙は匂うようで、いろいろな花とのアレンジが素敵です。
まだ体験レッスン後初めての生徒さんですが、頑張って花のカットを宿題でなさいました。
どうぞ楽しんでくださいね。

この記事をはてなブックマークに追加