両国の布花と日々の暮らし ~阿藤雅恵布花Studio PRIMAVERA~

山上るい先生の布花をたくさんの方に知っていただき、布花を作る楽しさや技術のヒントなどを、お伝えしています。

サイトリニューアルしました。

教室やレッスンのご案内、過去作品のアーカイブなどを掲載しています。
阿藤雅恵布花スタジオPRIMAVERA
旧ブログはこちらからご覧ください。

今年最後のレッスンは古布コサージュと薔薇、椿のお正月飾り

2016-12-29 21:05:12 | 布花レッスン


古布コサージュはキットの中から好きな色柄をお選びいただきます。布の糊入れやペップの作り方、布をどのように組み合わたら良いか
などなどをお教えしながら完成です。
お若い生徒さんのセンスは意外にも渋い甲斐絹の黒い縞模様でしたが、シックな中に大人の可愛らしさや豪華さも感じられて私も欲しいくらいです。
もう一つは赤の縞模様の着物から作りました。華やいでいて可愛くて冬のお出かけを素敵にしてくれますね。



今年のお正月の椿と松の飾りは、いろいろな組み合わせで作りましたが、この日は渋さも可愛さもある赤とブルーの柄の紬の椿と
花嫁衣装の白生地での椿です。
淡いピンクの薔薇は100枚の花弁で作りました。薔薇は葉弁が多いほど素敵ですがそれだけ難易度も上がりますね。

今年も皆さんお元気で頑張って様々な布花にチャレンジしてくださいました。
皆様のおかげでいつも楽しい勉強になりました。
布花の楽しさや喜びをもっと沢山お教えしていけますようにと思います。
今年もありがとうございました。


この記事をはてなブックマークに追加

マジックfingerでお食事とレッスンの布花たち

2016-12-27 23:41:16 | 布花レッスン


熊本から届いた馬刺しには生姜のかたまりとに大きなニンニクが付いてきました。
ニンニク擦りおろすと、指先までニンニクの香りが染み込むのが悩みの種です。


このマジックfingerはとても便利で、熱いお肉や焼きたての厚揚げを切るときに使っていましたが、ニンニクを挟んで
擦りおろしたらスイスイできて滑らず簡単にできました。嬉しい!
馬刺しは素晴らしく美味しかったです。ごちそうさまです。



赤まんまとクヌギです。
制作した生徒さんが、今までのベスト3に入るくらい好き!とのお言葉に、渋好みですね。私も大好きです。
ありがとうございます。



いつも白い花が大好きな生徒さんは多いですが、今回も初心者制作リストからの、ビロードのデージーです。素敵。
たくさんたくさん作ってくださいね。



白いタオル地のリースに小さなつるバラを絡めたらとてもお気に入りで、次回もまたつるバラ作りたいそうです。
小さな水仙は初心者の冬の布花レッスンの人気者ですね。簡単なので皆さん30本くらい作ります。
左下の布花はるい先生のご本から、スズランの丸い花です。この花も作られた生徒さんたちが大好きとおっしゃる作品の一つです。
今日のレッスンは写し忘れましたが、深紅の薔薇と、古布の椿お正月飾りでした。

この記事をはてなブックマークに追加

布花レッスン後はみんなでクリボッチパーティで盛り上がりました

2016-12-24 22:52:15 | 布花レッスン


今日はクリスマスですが、初めてクリスマスでもレッスンでした。クリボッチとは、クリスマスにひとりぼっちのことだそうです。
可愛いですね。
可愛いぼっちが集まってお正月の椿・山百合・房咲き水仙を作りました。



いつもランチが美味しいイタリアンのクリスマスディナーブュッフェに行きました。
色々なオードブルでお腹いっぱいになりそうでしたが、パスタやピザもいただき豪華な七面鳥も登場しました。
みんなが若いのでたくさん食べてワイン飲んで、楽しいーです。



途中で私の小さなクリスマスプレゼント。コサージュですが、ジャンケンで盛り上がっていただきました。
楽しい素敵なクリボッチの一日でした。皆さんありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加

ブーケお送りしました。

2016-12-22 22:09:55 | 布花作品


銀座教会布花展以来のご注文でした。緊張してなかなかはかどりませんでした。
私の40代は多摩川高島屋の SC南館にあった、Chloeクロエブティックにコサージュを収めたり店舗に季節の布花をディスプレーをしていました。
クロエのの店長は売上も日本一でバリバリの素敵な方で、仕事はとても厳しくそしてとても優しくご指導いただきました。
おかげで几帳面に同じものが作れない私にぴったりの一点もので通用させてくださったので毎回私のコサージュや髪飾り、ネックレスなどがなくなると
車を運転して二子玉川まで納品に行きました。高速道路も今では怖くて運転できないのが情けないですが、とても懐かしい楽しい時代でした。
誰かに喜ばれたり、作品が知らない方に売れていく嬉しさを味わうための努力や思考する時のワクワク感が大好きでした。
その時の店長の二度目のご注文です。昨日宅急便でお送りしました。
阿藤さん上手になったね。と先日お電話で褒めていただきました。本当に嬉しいお言葉です。ありがとうございました。
あれからだいぶ長い時が流れました。
大好きな店長さんは、リタイアされてますが、どうぞ早くお元気になられますようにとお祈りします。

この記事をはてなブックマークに追加

煉瓦画廊の可愛いブライスのお客様

2016-12-21 06:00:54 | 展覧会


ArtでCharity展も無事に終わりました。お忙しい中を沢山の皆さまにいらしていただき本当にありがとうございました。
最終日は私のインスタグラムを見ていらしてくださったブライスちゃんのママがお二人とブライス談義で盛り上がってしまいました。
5年ほど前に横浜高島屋と八重洲大丸での展覧会に私もブライスちゃんと布花アクセサリーを展示したことがありました。
ピンクの可愛い手作りドレスや小物がチャーミングです。私のクリスマスツリーと撮影しました。
やはりブライスは可愛くて大好きです。
また4月に展覧会があるので遊びにいらしてくださいね。



今回の会場の片隅に置いたシルクオーガンジーのバラのコサージュたち。大人色です。
会場から沢山の布花が帰宅しました。
これからアトリエの片付けしなくちゃです。明日からレッスンもあるので頑張ります。

チャリティー展は陸前高田の古文書研究所に売上の一部をお送りしていますが、ギャラリーのオーナーのお話では
地震の津波で陸前高田の歴史を古文書から解明して記録したコンピューターが流されて壊れてしまったのに、原本の
古文書が泥まみれで奇跡的に発見されて、再び解明できるのは、日本の和紙の丈夫さと墨が濡れて泥まみれでも消えない
素晴らしさのおかげだそうです。
最初にお送りしたお金で再びパソコンを買い、泥から見つかった和紙の古文書を解読されているそうです。
今年もチャリティー展に参加できて嬉しいです。
ありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加