両国の布花と日々の暮らし ~阿藤雅恵布花Studio PRIMAVERA~

山上るい先生の布花をたくさんの方に知っていただき、布花を作る楽しさや技術のヒントなどを、お伝えしています。

藤の花房、朝顔、桔梗、紫陽花、鬼百合、椿、川岸富士男の世界展

2017-06-03 19:55:36 | 展覧会


2015年に酒田市美術館で、四季折々の花々を描いた「百花譜」、椿絵の数々など200点以上の作品を一同に展示された素晴らしい展覧会を拝見しに
行けたのは本当に幸せな時間でした。
たくさんの人が見たくても少し遠くでしたので、今回の東京の真ん中で拝見できるのは本当に素敵なことです。
今回は初夏の花々と、もちろん沢山の椿など、花好きな方にはため息の出る素敵な空間でした。



京橋から徒歩数分のギャラリーくぼた 別館です
会期は4日となっていましたが、人気のため9日まで延期されたので
皆様是非お出かけください。
花の香りやしっとりした植物たちの視線にうっとり魅了されることと思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« るい先生のリースの御本から... | トップ | 展覧会の準備の作品たち、楽... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。