両国の布花と日々の暮らし ~阿藤雅恵布花Studio PRIMAVERA~

山上るい先生の布花をたくさんの方に知っていただき、布花を作る楽しさや技術のヒントなどを、お伝えしています。

すみだ北斎館に行きました

2016-11-25 23:36:35 | 展覧会


東京に11月としては50年ぶりの初雪が降りました。先日オープンしたばかりの北斎館に空いているかなと行きました。
家から徒歩で5分のご近所で、本当に嬉しいです。
葛飾北斎はここ墨田区で生まれ90年以上の生涯をほとんど墨田区で過ごしたそうです。でも引っ越しは90回とかでそれもすごいこと。
建物もNのシャープな姿が美しい。





常設展は入り口には関東大震災で焼失した幻の大作『須佐之男命厄神退治の図」の復元パネルがあります。
いろいろな疫病神がもう悪さはしませんと手形を押している面白くてちょっと不気味な作品です。





世界中で愛されている名作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」や黒色中心の絵本挿絵など各時代90年にわたる名作ばかり
見られます。タッチパネルで本を読むように北斎漫画も全ページ、すいすい見られます。この部屋はレプリカなどは撮影可のものが
たくさんありました。



北斎と娘の暮らしぶりの人形はときどき動きますよ。

特別展は北斎の幻の絵巻が見られます。盛りだくさんで時間が経つのを忘れます。

両国にいらしたらぜひ北斎館にいらしてくださいね。

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お正月の古布で作る椿のレッスン | トップ | 布花が渋い花器にお嫁入りし... »
最近の画像もっと見る

展覧会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。