両国の布花と日々の暮らし ~阿藤雅恵布花Studio PRIMAVERA~

山上るい先生の布花をたくさんの方に知っていただき、布花を作る楽しさや技術のヒントなどを、お伝えしています。

サイトリニューアルしました。

教室やレッスンのご案内、過去作品のアーカイブなどを掲載しています。
阿藤雅恵布花スタジオPRIMAVERA
旧ブログはこちらからご覧ください。

一足先に咲いた夏の布花レッスン

2017-06-28 17:07:01 | 布花レッスン


雨の少ない梅雨ですが、もうすぐ7月ですね。
アトリエでは若くて元気いっぱいの香港からの Stepnanie さんとドイツから半年布花留学している Ninaさんを
交え、皆さん英語と日本語で楽しくレッスンをしています。
ひまわりは初めてのレッスン作品40種類の一つで、夏にレッスンを始めた方には必須です。15本できる予定です。
朝顔はデシンで作りますが、ヘブンリーブルーの青や、紫など染めました。
黄色のオールドローズや、シルクサテンのガーベラもとても魅力的に出来ました。

この記事をはてなブックマークに追加

大きな花小さな花のレッスン

2017-06-24 08:39:43 | 布花レッスン


私のアトリエは皆さん個々に作る花が異なりますが、初夏には紫陽花がやはり人気です。
大きな100枚のビロードやサテンで作る紫陽花は二度目のアジサイレッスンになります。
小さなひまわりは初めての方にもオススメです。
小さな小さな青いムスカリは、るい先生のご本にはありませんが、先生の三越展覧会の時のお手伝いで作った
懐かしい花で"す。可愛いです。



大きなアジサイは Ninaさんも完成させたので二人分一緒に写しました。



今日ご一緒のレッスンの方のカーネーションはシルクデシンで染めました。
白、ピンク・エンジ、白にエンジの縁取りなどです。
染色した中で一番不思議な色合いになった?ピンク系を完成してみました。
素敵です。
真ん中のコサージュは Ninaさんの作った羽二重のばらです。

この記事をはてなブックマークに追加

今日の色々なレッスン作品です

2017-06-20 23:12:04 | 布花レッスン


ちょっと大人の雰囲気がする大きめなチューリップのアンジェリックです。
シルクデシンをたっぷり使っているので牡丹のような華やかさを感じます。



しばらく古布コサージュ作りを楽しんでいるT木さんの作品は、ラナンキュラスのイメージです。
骨董市を覗いては掘り出し物の着物地を見せてくださいます。
どんなに変身するのか布を見て、コサージュに作るのは本当に楽しい作業ですね。



先月ビロードの大きい紫陽花を完成させた H賀さんは前回のレッスンで作ったバラも一本ご持参されました。



バラと一緒に今日のレッスンのビロードのブジの花と写しました。
30センチほどの紫や白の花ですが100本集まると見事です。



同じブジの花ですが、背の高い白いフジの花は60センチ以上なので、紫陽花と活けても素敵です。
ライラックも大きめに作りたいのでたっぷりと花びらを集めました。
あまり素敵なので思わず匂いを嗅いでしまいそうでした。

この記事をはてなブックマークに追加

ミニのつるバラから大きなリース

2017-06-19 21:33:46 | 布花レッスン


前回のつるのミニバラを完成させた生徒さんが持参してくださいました。
沢山集まると見事です。
花瓶に飾りました。
青い色の花瓶はガラス作家の佐々木龍さんに作っていただきました。



可愛いので軽く繋いで白やピンク系を一つに、黄色系のミニバラを一つにまとめてリースを2個作りました。
軽くからげるだけなのですぐに解けますがおしゃれなリースができました。
毎回完成させた布花作品を持参してくださる生徒さんありがとうございます。
完成しても色々なアドバイスをして差し上げられますので、どうぞいつでもお持ちくださいね。

この記事をはてなブックマークに追加

Ninaさんのレッスン作品

2017-06-07 22:36:53 | 布花レッスン


ドイツから留学している Ninaさんは一昨年レッスンにいらした時から気になっていた作品が
沢山あります。そののかの一つの泰山木のレッスンをしました。
後日着物地でも作りましたがどちらも素敵で大満足でした。



ドイツにはヤブツバキしかないようで日本の椿の種類の多さに感激していました。
私の作品から赤い花びらに白い糊をこぼしたような、糊こぼしという椿のはなを作りました。



るい先生の薔薇の本からの盛り上がる命の薔薇です。

この記事をはてなブックマークに追加