遊煩悩林

住職のつぶやき

プライオリティ

2016年12月28日 | ブログ

毎年のことですが、「クリスマスはやったんですか?」と聞かれる。

「クリスマスをやる」という表現がなかなかしっくりこない。

そうこうしていると「正月は何日にやる?」と。

これもまた何をやるんだ?と。

そういえば「お盆する」ということばも聞いた。

とはいっても考えればわかることで。

クリスマスを「やる」のは、いわゆるクリパ(クリスマスパーティ)的なイベントをやるのか。チキンを焼くのか。ツリーをデコるのか。プレゼントを交換するとか。

正月を「やる」、お盆を「やる」というのは、親類・縁者があつまって宴会でもやるとか。

結局、集まっての飲み食いを「やる」かどうかということか?

とにかく寺としては「クリスマス」という行事はやらない。やらないというか今のところやってない。

個人的には、いただいたケーキを食べたし、焼いた鳥を食べたかもしれない。

ただ「やるの?」と聞かれて、「やらない」とだけ言うと、「可哀相に」と慰められたり、「お寺さんってたいへんですね」と労って?くれる。

いやいや「やらない」のがたいへんなのか、「やる」ほうがたいへんなのか。

家族的には「やらない」ということで、いちおうの了解がとれているのでさほどの深刻さはない。

イエスは偉大ですから、ウチもクリスマスをやってもやぶさかではないのですが、家族あげて祝うほどの偉大さは不勉強だし、もっと身近に祝わなくてはならない方がいらっしゃった。

プライオリティとでも申し上げるのでしょうか。

だから我が家は4月に「はなまつり」をやる。

お誕生日よりもご命日に重きを置いてきた伝統からすれば、先月末に東本願寺の「報恩講」に参らせていただいた。

11月21日から28日までの期間中、25日のたった一座だけではあるが。

25日はイヴイヴイヴにあたる。祇園まつり風にいえば宵々々。私たちでいえば逮々々夜。

お参りしている時間よりも、はるかに飲み食いしている時間の方が長かったとの反省は毎年のことです。

やはり飲み食いだけでは「たすからん」。いやもっと真面目に丁寧におまいりしたとしても「たすからん」。よりたすからんことがわかるということだ。

たすからんところにおたすけがある。

さぁ年末。鐘を撞こう。

ご批判を恐れずにいえば、「除夜の鐘」もやってもやらなくてもいい。鐘をついたらたすかるのでもなく、鐘をつかなかったからたすからないのでもない。

煩悩の汚れなど落ちようがない。

「たすからんこと」がなかなかわからない。頭でちょっと理解するだけだけど。

「除夜の鐘」はやります。「修正会」もやります。何それ?といわれても。

今年も1年、つぶやきにお付き合い下さいましてありがとうございました。

毎年、つぶやきを製本しているのですが、年々、本の厚みが薄くなってきています。

それもプライオリティという概念のせいということで。

明年もよろしくお願いします。

 

 

井上雄彦さん作の『親鸞屏風』の画像を転用しています。
詳しくはこちら ☞ http://www.flow-er.co.jp/nshinran/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 流れ | トップ | 響流大音 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL