遊煩悩林

住職のつぶやき

「この」問題

2017年03月13日 | ブログ

結果的に、月に一度の同朋会をサボることになってしまった月はじめの博多出張。

出張のテーマは「お経」に記述された差別的表現について。

戦前・戦後を通してこの問題をお寺に問い続けられた井元麟之さんの地元を訪ねました。

井元さんの没後も問題提起は続いています。それはお寺が問われたまま応えてこなかったからでしょう。

寺に対するこの問いかけを、寺に従事する僧侶が一人ひとりの課題にしてこなかったというのが、問われ続けていることの内実です。

「寺が」問われているという他人行儀的な姿勢、僧侶の当事者意識の低さが問題を放置し続けてきた。

僧侶がどのようなつもりで法事でお経を読誦しているのか。そのことが問われてきたのです。

ようやくこの問題を自分たちの課題として受け止めようとする寺の姿勢は評価されるのですが、それを読誦する僧侶の一人ひとりのこの問題に取り組む姿勢はまだまだ評価に値するものにはなっていないのでしょう。

「その(差別的表現)部分」は飛ばして読んでいるとか、「そのお経」は読まないとかでは話になりません。

お寺は2023年に宗祖である親鸞の生誕850年を数えようとしています。親鸞を聖人と呼んできたことの意味、その誕生の意味を確かめていく大事な時間です。

宗祖の生誕850年はまた「立教開宗800年」ともいわれます。浄土真宗が開かれたことの意味を重ね合わせながら、私はいったい何を学んでいくのか。

そして宗祖親鸞聖人生誕850年・立教開宗800年を迎える2023年の前年は、他でもない「この問題」を問い続けてきた全国水平社の創立100年。

その前々年に開催される東京オリンピック。開催の最低条件としてすすめられる国際人権規約を採択するオリンピック憲章に則った諸整備。

すでに施行された「部落差別解消法」や「障害者差別解消法」、また「LGBT差別解消」に向けた法整備、「アイヌ文化博物館」建設や開会式でのアイヌ古式舞踊など、これらが実質的にオリンピックを契機に果たす効果は何なのか。

開催のための口先だけの法律であれば、それは差別を口実化して煽っていくだけのことになる。

オリンピックを経て、水平社創立100年を経て迎える宗祖親鸞聖人生誕850年・立教開宗800年に向けて、盛り上げるべきはお祭りムードではなく「この問題」に一人の僧侶としてどう向き合っていくかだと思う。

そんな目指すべき姿勢を明確化したとき、問いかけられつづけているこの問題に、常に蓋をして逃げ惑っている自分を発見させられます。

数日前、靖国神社を訪問して、まだまだ向き合わなくてはならない大きな課題を再認識させられました。

同時に、三重の仏教青年会の仲間たちに紛れて、東京の若い僧侶たちと交流して、逃げ回っていても渦中だと刺激を受けました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わすれなのかね2017 | トップ | 出会いと別れ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL