中村亮太の活動日記

加古川市のために走り回る中村亮太のブログです

一般質問2日目

2017-06-14 23:18:52 | 活動
今日は一般質問の2日目。
私は出番も終わりましたので、他の議員の質問を聞き勉強する日ですね。

今日は学校教育や教職員の労働状況など教育系、子育て系、シティプロモーションなどがテーマでした。

テーマはそれぞれの議員が関心を持ち研究をされてきたものなので、私の知識よりも当然に広く、勉強に
なります。
展開も見ながら、「昨日はこうすべきだったな」と反省もしつつ。


とはいえ、ここ2日間の一般質問で、一問一答を取り入れてからの一般質問全般の課題が見えたようにも
思っています。

それは、
①質問が細かい方向に行き、本筋や着地点がわからなくなる
 (一問一答は、内容がわかりやすくなることをメリットとしていた)
②時に、通告から外れたものも見受けられる
 (再質問が、答弁に対してではなく新たな質問になってしまう)
③結果として、やり取りが嚙み合っていないものも出てくる

というところ。


個人的には、毎月委員会を開いている加古川においては、一般質問は政策提言を行うべきと思っています。
数字や状況の確認は前段の質問ですることはありますが、終着点はそこからの問題点や課題の克服のための
提言ということです。
「これ、どうなってます?」的な状況確認だけだと、毎月の常任委員会でできるということになりますから。

他市では委員会も議会中しかない(年4回)のため、確認のための質問も多いですが。
まあ、そこは各自治体のスタイルなので。

私も議員なりたての時に、先輩議員(もう引退されましたが)から、「質問のための質問はするな」と教えを
受けました。

その教えから、問題提起と改善策の提言のための質問をするよう心掛けています。
また、それが伝わるように質問の本筋と着地点を意識して、それに沿った質問をするようにしています。

まだまだ、反省の繰り返しですが。。
昨日のも含め。
今も、「あー、昨日のはこう聞けば良かったな、伝わったな」と思い出しつつ書いています(笑)
で、それをフォローしつつ整理をするのがブログだったりもします。

ちょっと話がそれましたが、この課題を解決するためには、通告の認識共有とともに理事者の反問権も再度
検討する必要があるようにも思います。

そこを考えつつですが、明日からはその常任委員会ということで、そちらに集中ですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 餌やりはダメ | トップ | 兵庫県知事選挙がスタート! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL