中村亮太の活動日記

加古川市のために走り回る中村亮太のブログです

久しぶりに見た瓦割りと、初めて見た小泉進次郎氏

2017-03-20 23:18:12 | 活動
今日はなかなかの長距離移動。
久しぶりに明石海峡大橋を渡りました。
ちょっと霞んでいましたが。


淡路に行った目的は研修会。
小泉進次郎氏が来られるということで。

主催は自民党ですが、党員でなくてもOKということで学生と行ってきました。(一般もOK)



初めてお話を聞きましたが、うまいですねぇ。
よく小泉氏はご当地ネタを入れて盛り上げると言われていますが、どちらかというと、そうしたネタを文脈や会場の雰囲気で
取り入れていくのがうまいなぁと感じました。

アドリブ力や間、ジェスチャーも参考になりましたね。

トータルとして、非常に爽やかで聞きやすい。
一般の方も多く入っていましたが、やはり大人気。

さて、内容としては若い世代の政治参加について。
小泉氏の講演会は「赤ちゃんが泣いても良い、子どもが走り回っても良い」ということで、「投票率は18歳から、演説会は
0歳から」をスローガンにしているそうです。

そこには、政治が遠いものと捉えられている危機感から、主権者教育が必要ではないかという思いがあるとのこと。

この点は全く同感です。
国政はニュースでされますし、小泉氏の動向は注目されるので一定は伝わるのでしょうけれど、それでも伝わっていないと
感じられるそうですね。
地方議会はなおさらです。

なので、私も年4~5回の市政報告ポスティングや街頭演説で市政についてお知らせしたり、学生インターンを採ったりする
わけです。
そして、一つの数字としての若年層の投票率に注目し、問題視するために、議会でも取り上げてきました。

正直なところクリティカルな方法は見つかりませんので、諸施策の地道な積み重ねしかありませんが、国から地方まで政治全体
として考えなければならない問題ですね。

引き続き考えていきたいと思います。

小泉氏と私は同い年だったりします。
比べるべくもないですが、むしろ同い年で主権者教育の面においては同じ考えの人が国会で頑張っているということで、頼もしい
気がしますね。


なお午前中は、空手の大会でした。



久しぶりに、瓦割りを見ました。
瓦がコナゴナ・・・やはり大迫力!
型の試合も見ましたが、綺麗ですね。
武道の良さを感じました。

午前・午後ともに身の引き締まるものでしたので、改めて頑張りたいと思います。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加古川幼稚園卒園式 | トップ | 今日は小学校の卒業式 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL