どいじゅんたろう @juntarou_doi on Twitter

シルバー・バーチ&アンソニー・ロビンス&エリヤフ・ゴールドラットから導き出す持論で超個人的な日常を綴ります

研究レポート3

2006年10月30日 | シルバーバーチ
地上における霊性進化の過程 風邪をこじらせたとき、市販の薬ですが飲んだらすぐ直ったということがよくあります。 同じ風邪ならば次回もまた同じ薬で治せるでしょうが、体に免疫が出来ると同じ風邪をひかないそうです。言い換えれば一度使った薬は次の風邪の特効薬にはならないということです。 人生においての苦悩や困難を風邪に例えます。 特効薬とは経験であり、書物です。 一度直してしまえば同じ苦悩や困難を . . . Read more
Comment

粛正の時間

2006年10月18日 | シルバーバーチ
真理について考える時間。粛正の時間。 行いを振り返る時間。粛正の時間。 理性が感動する時間。粛正の時間。 人生とは粛正の道。 他人の間違いを正す時 己が試される。 許せないものがある時 己も許すな。 許すもの(階梯の高いもの)  いつも感謝してます。        信頼◎。僕の参考書 許さないもの(階梯の低いもの) 巧妙です。(江原さんお墨付き)          掴みはOK? . . . Read more
Comment

霊的真理の自己都合的捉え方

2006年10月17日 | シルバーバーチ
”霊的真理の自己都合的捉え方”と題して自分のライフスタイルに合った様々な捉え方を考えます。 ナザレのイエスの教えつまりキリスト教をまず例に挙げて考えます。 「第一回二ケーア公会議」が西暦325年頃行われました。(諸説あり) どのような経緯だったのでしょうか? 当時キリスト教は様々な会派にわかれ、「聖書」の解釈一つにしても数多の意見が対立していました。そこで統一を図る . . . Read more
Comment

霊的視野の持つ意味(お金のこと)

2006年10月16日 | シルバーバーチ
これまでの学習のなかで霊界のこと、この世を支配する普遍的法則、神とは?など 知識レベルでは十分とはいえないながらも大分理解は深まったと思います。 しかし人間は霊的知識が深まった事で本当に救われたり、癒されたりするのでしょうか?利他愛の実践や真理の普及が霊性進化の道である事はわかります。 この僕も一日一膳を実行したりしなかったりですが、何か周りの状況は悪くなる一方のような気がします。いろんな意味で . . . Read more
Comment

研究レポート2

2006年10月06日 | シルバーバーチ
霊界からの直接的インスピレーションについて 最近霊界にまつわる記事を書かれているようなブログに目を通す機会が増えた。 ①傾向として自分の背後霊とインスピレーションを通してコンタクトが出来るという方が結構いるらしい。 ②声が聞こえる・・・・ヴィジュアル(視覚)が見える・・・・。等々 ③自分には他の背後霊は確認できるが他の幽霊等は確認する事が出来ないらしい。 ④心霊現象と呼べる事象には時々遭 . . . Read more
Comment

霊と幽霊の違い(幽界と霊界のまとめ)

2006年10月02日 | シルバーバーチ
「幽霊と霊とは、どう違うのでしょうか」 SB『これはとてもいい質問ですよ。幽霊も霊の一種です。が、霊が幽霊になってくれては困るのです。地上の人たちが幽霊と呼んでいるのは、地上生活がとても惨(みじ)めだったために、いつまでも地上の雰囲気から抜け出られないでいる霊が姿を見せた場合か、それとも、よほどのことがあって強い憎しみや恨みを抱いたその念がずっと残っていて、それが何かの拍子に、その霊の姿となって . . . Read more
Comment

オリジナルモジュール