おばさんの料理教室

家庭菜園の野菜を使い皆で料理を楽しもう

おばさんの料理教室No.2554 筍の茹で方と保存方法

2017年04月21日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ 

*筍初収穫・・・茹で方と保存方法

今年は筍が不作で高値とか、最近どことも猪の被害が凄いですが、我が家は孟宗竹ですが、やっと初収穫。早速刺身や筍ご飯等色々な料理に

  

        掘りたての筍              茹でた筍刺身

① 筍の皮をむいて、ピーラで赤い突起部分を取り除き縦に切る。

  *縦に切るのは、筍の空洞の空気を取り除くため

②  鍋に①・糠入れ筍が浸かる水で沸騰してから20分茹でる。

沸騰し始めるとあくが浮き上がり万遍に取り除かないと溢れるので、注意する。

③  茹で終われば冷えるまで放置しておく。(半日)

④  冷えたら冷水で糠を洗い、細かく切り脱水袋に入れ、洗濯機で充分脱水

  してビニール袋に入れ冷蔵庫保存。

  *このように保存すると解凍したときスカスカにならない。 

    *料理するときは冷凍品を煮沸水に入れて解凍する。

昨年の昨日のブログ 

                                                          カレイの唐揚げ 

                        

  カレイに片栗粉をまぶす。 

  油でカリッと揚げる。 

  沸騰しただし汁にとき片栗粉いれて混ぜる。 

④ お皿に②を盛り付け③をかけて出来上がり。  

  先日は、雨を予想して、ナス20本・ピーマン30本の苗植えをました。予報通り雨が降り、今年も収穫成功となることでしょう。

       

                           *小鯛の笹漬け  

              鯛の新鮮なものが入り、笹漬けを作りました

                         

 小鯛を洗い三枚におろす。 

 トレーに薄く1尺塩(30cm上よりまく)。 

 鯛を均一に並べ、その上に1尺塩を薄くふる。 

 冷蔵庫に1夜冷やす。 

 冷蔵庫から取り出し適当な大きさに切る。 

 切り身を酢に通し、皿に盛り出来上がり。 

*盛り付け 

青紫蘇の1枚を半分に切り、葉先側を皿に敷き、鯛を盛り、青紫蘇の半分のみじん切りを鯛に天盛り、すだちやレモンを添える。  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  おばさんの料理教室No.25... | トップ |  おばさんの料理教室No.25... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。